ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

南部アフリカ研究会フィナーレ会終わる

なんだか週に1度の更新になってますね。春休みのはずなのに、超忙しい。
なぜだ!!この忙しさを少しでも和らげるために、これまでのシガラミを少
しずつ整理しているところです。が、整理するにも時間がかかる。
 先週木曜日は、南部アフリカ研究会のフィナーレ会合を行いました。
これまでの活動をふり返ってみると、1997年以来かなり色々やってきた
んだなあ、としみじみ思いました。それに、結成から13年も経ったなんて!
東京で大学院生になったばかりのときに(といっても博士後期だけど)、若
手の皆でつくった研究会だったから当然といえば当然ですが、月日が経つ
のは早いもので・・・。
 しかし、研究への取り組み方、現地調査の仕方、ネットワーク形成など、
この研究会から学んだことは大きかったように思います。その後の色々な
NGO活動も、この研究会の仲間が初期の段階で手伝ってくれたし、仲間
に恵まれました。
 自分たちのニーズにあわせ、自分たちの手で、つくる喜び。それが、任意
団体(NGOなども)のよさですね。

以下は、研究会の様子。中国(北京)、大阪、京都、名古屋から、駆けつけ
てくれました。また初めてという方もたくさんおられ、「最後」であることが惜
しまれました。
a0133563_1632074.jpg

お待ちかねの懇親会。皆さんが持ち寄った様々な飲み物を試してみまし
た。中でもジンバブエ・ワイン、日本大学農学部のメルシャン・ワイン、兵
庫県篠山市の「どぶろく」は、ここでしか飲めない味だったはず!!
a0133563_16321239.jpg


 フィナーレには、遠路来られた方ばかりでなく、西アフリカ研究者もたく
さんいらっしゃいました。それだけに、このような研究会の役割がまだまだ
あるのが分かり、後ろ髪引かれる思いでした。
 がしかし、それは次の人に任せたいと思います!現在、京都大学大学院
の皆さんを中心に南部アフリカ研究会がたちあがっているそうなので、詳し
くはそちらを。3月下旬には、京大で研究会が予定されており、私も参加し
てきます。
[PR]
by africa_class | 2010-03-02 16:41 | 【記録】講演・研究会・原稿
<< 卒業生の佐藤さんがGLOBEに 西アフリカセキュリティー部門研修 >>