ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

7月16日@世田谷市民大学

去年世田谷のピースセミナーの講演に行かせていただいてから、
ご縁が続いています。忘れないうちに、広報&記録を。

===========================
世田谷市民大学 2010年度世田谷市民サマーフォーラム
国際経済危機後の世界と日本の役割
===========================
共通テーマ:『国際経済危機後の世界と日本の役割』
米国発の金融危機は世界同時不況へと拡大し、回復の見通しがたたな
い国際的な経済危機が続いています。さらにアメリカにおけるブッシュの
退場とオバマの登場、BRICsの台頭等が重なり、冷戦後の世界をリード
してきたアメリカ一極体制や先進国(G7)主導の世界秩序に変化の兆し
が見えます。我々はこの大変化期の立会人として、来るべき世界のイメ
ージと、その中で日本が果たすべき役割について考えたいと思います。
 
2時限12:30~14:30休憩15分3時限14:45~16:45
7/16(金)A休憩A
7/22(木)B休憩B
7/23(金)C休憩C
7/29(木)D休憩D
7/30(金)E休憩E

◆講義名及び講師
A:『アフリカは貧困・紛争・感染症を乗り越えることができるのか?』       
 舩田クラーセンさやか(東京外国語大学准教授)
B:『増大する核の脅威と核廃絶への道程』       
  神保謙(慶応義塾大学准教授)
C:『世界同時大不況が残した課題』
間宮陽介(京都大学教授)        
D:『持続可能な世界を作るための環境・資源対策』
太田宏(早稲田大学教授)
E:『オバマ政権下の米国の外交政策と新しい国際秩序』
五十嵐武士(桜美林大学教授)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
わたしの内容だけ紹介しておきます。いただいたお題なんで。
国連では2000年に、「ミレニアム・サミット」が開催され、2015年
までに世界の貧困を半減させるとの国際合意が誓われました。中
でもアフリカは、貧困だけでなく、飢餓、HIV/エイズ等の三大感染
症、人道危機などの問題を抱え、特別な配慮が必要な地域として
認定され、国際協力の重点地となってきました。しかし、今なお4割
を超える人々が極度の貧困に直面し、いくつかの地域で今世紀最
悪という紛争が続いています。
 その一方、「地球上最後に残された市場」あるいは「資源大陸」とし
て、中国をはじめ世界の投資合戦が始まっています。この講義で、
アフリカの現状と世界の動きを知ったうえで、我々に何ができるかを
考えましょう。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
◆ 対 象: 原則として18歳以上の区内在住又は在勤・在学の方
◆ 定 員: 80名程度(1講義につき
◆ 受講料: 各2,000円(1講義につき)
※受講料は、別途送付する納入通知書により納付してください。なお、
 振り込まれた受講料は原則として、受講を辞退された場合でもお返し
 できませんのでご了承ください。
◆ 申込み期限: 6月2日(水)~16日(水) 《必着》
◆ 会場 : 世田谷市民大学(世田谷都税事務所2階)
☆ 問い合わせ ☆  世田谷市民大学事務局 
℡ 03―3412-0300
[PR]
by africa_class | 2010-04-06 21:32 | 【記録】講演・研究会・原稿
<< 日本ルワンダ学生会議@関西 お薦めアフリカ音楽 >>