ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

スーダン2010年選挙についての報告

博士後期課程在籍中のアブディンさんより、以下案内をもらいました。
今週の土曜日です。すごい豪華メンバーの情勢分析が聞けるまたと
ないチャンスです。アフリカ、スーダンの紛争と平和について関心があ
る人は、是非ご参加ください。ただし、具体的な内容にいきなり入るの
で、周辺情報については事前に各自で勉強してきてくださいとのことで
した。
=======================================
スーダン情勢報告会のご案内
=======================================
スーダンは今年4月に総選挙が実施され、また来年1月には南部での
住民投票が予定されるなど、重要な転機を迎えています。このたび、
4月の選挙の際に日本から選挙監視団に参加する機会を得た研究者
や、同時期に現地に滞在し調査を行っていた研究者らを中心に、報告
・分析の会合を持つことにしました。
なお、「講演会」というよりは、スーダンに長年関わってきた研究者が自
由な立場で率直な意見を述べ合う、ワークショップ的なものとなる予定
です。各人による報告・分析に続き、スーダンに関心のある市民、現地
での活動経験を持つNGO関係者等との議論も行ないたいと思います。
関心のある方は是非ご参加下さい。
(なお入場無料ですが、参加申し込みメールを下記までください)

日時:2010年6月19日(土曜日)15:00~17:30
場所:一橋大学東本館大教室(以下の案内図を参照)
http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html
報告者:モハメド・アブディン(東外大)
     栗田禎子(千葉大学)
     栗本英世(大阪大学)
     岡崎彰(一橋大学)
内容(予定):
1.選挙の性格とその後の展開
2.住民投票の行方
3.長期的展望
4.質疑応答・議論
呼びかけ人:モハメド・アブディン・栗田禎子・栗本英世・岡崎彰

参加申し込み先:岡崎彰研究室 okaza93(アット)yahoo.co.jp
[PR]
by africa_class | 2010-06-17 16:19 | 【紹介】アフリカ・イベント
<< ゼミ合宿スケジュールなど 新しい卒論テーマ発表フォーマット >>