ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

UNDPシンポ「TICAD Vに向けて~アフリカ開発の課題と可能性~」(6月13日:要申込み)

DPさんの依頼で、このシンポに出ることになりました。
「人間開発報告書」の最新号のフォーカスがアフリカであり、日本
のアフリカ研究者に出てほしいということで、役不足なんじゃないか
・・・と思うのですが、関東にこの手のことを研究している人もおらず、
現在報告書精査中。
 なお、これまたDPさんからの依頼で、前日(12日)にゼミにDPの
方々が大学にお越しになる見込みです。また詳細が決まったらお知
らせしますね。
=====================================
http://www.undp.or.jp/newsletter/index.php?id=110
UNDP公開シンポジウム「TICAD Vに向けて~アフリカ開発の課題と可能性~」のご案内 (6月13日、東京・JICA研究所)
=====================================
国連開発計画(UNDP)ではこの度、来年6月に横浜で開催される第5回アフリカ開発会議(TICAD V)までちょうど1年となるのを受けて、アフリカをテーマとした公開シンポジウム「TICAD Vに向けて~アフリカ開発の課題と可能性~」を開催します。
このイベントでは5月15日に初めて刊行されたアフリカ人間開発報告書2012の概要についてご紹介するとともに、政府、民間セクター、市民社会、アフリカ外交団と国連機関の各界関係者の参加を得て、アフリカ開発における日本の役割についてパネルディスカッションを行います。
近年の急速な発展を受けてアフリカへの関心が世界的に高まる中、アフリカの現在と未来を考える貴重な機会です。ぜひ皆様お誘い合わせのうえ、ご参加くださいますようお願い致します。

日時:2012年6月13日 14:00-16:30
会場:JICA研究所 (東京都新宿区市谷本村町10-5) 地図
後援:外務省、国際協力機構(JICA) (*外務省は申請中)
プログラム(案):
14:00 開会挨拶(弓削昭子UNDP駐日代表・総裁特別顧問)
14:05 第1部 アフリカ人間開発報告書からみるアフリカの今
  アフリカ人間開発報告書の概要(ペドロ・コンセイソンUNDPアフリカ局チーフエコノミスト
  TICAD主催者からのコメント (草賀純男 外務省アフリカ審議官)
  TICAD共催者からのコメント (谷口和繁 世界銀行駐日特別代表)
15:00 第2部 パネルディスカッション「TICAD Vの課題と日本の役割」
 モデレーター:道傳愛子 NHK解説委員(*依頼中)
 パネリスト:スチュアート・コンバーバッハ駐日ジンバブエ大使・在京アフリカ外交団長
  乾英二 JICAアフリカ部長
  堀田隆之 パナソニック株式会社渉外本部国際渉外グループ参事
  舩田クラーセンさやか 東京外国語大学大学院総合国際学研究院 准教授
  ラミン・マネウ 駐コンゴ共和国国連常駐調整官・UNDP常駐代表
 コメンテーター:ペドロ・コンセイソンUNDPアフリカ局チーフエコノミスト
16:25  閉会挨拶(細野昭雄JICA研究所所長)
16:30  閉会
申し込み:UNDPのイベント専用登録サイトよりお申し込みいただくか、お名前・ご所属・連絡先を明記の上、メールまたはFAX(03-5467-4753)にてお申し込みください。
http://www.undp.or.jp/symposium/index.php?id=11
[PR]
by africa_class | 2012-05-29 23:47 | 【記録】講演・研究会・原稿
<< 第5回アフリカ開発会議キックオ... 【AA研セミナー】ジェンダーの... >>