ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

講演会案内:アフリカ土地侵奪を考える前提に→「農業大国ブラジルの光と影:遺伝子組み換え大豆を例に」

長らく更新しておらず、失礼いたしました。学会報告や授業や市民活動に追われています。そんなこんなの最中に、アフリカでの土地争奪はますますひどい状態になっており、その先行事例としてのブラジルの意義は高まっています。この点での広い理解、深い洞察をお持ちの印鑰智哉(いんやくともや)さんの講演会、是非。

□■□■転送歓迎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明治学院大学国際平和研究所(PRIME) 「平和学を考える」
AJF・JVC・HFW・明治学院大学国際平和研究所(PRIME)共催
連続公開セミナー「食べものの危機を考える」2012年度 第4回

「農業大国ブラジルの光と影:遺伝子組み換え大豆を例に」
講師:オルタトレードジャパン 印鑰智哉さん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□■

世界の人口は増え続け、2050年には90億人を突破すると報告されて
います。それに合わせて食料の需要も増加することが予測されるなか、
「増え続ける人口をどう養うのか」という議論が加速してきています。
世界の大豆輸出の90%をアメリカ、ブラジル、アルゼンチンの3国が
担っているように、食料の供給地として注目が集まる南米。なかでも、
世界第2位の農業輸出国であるブラジルは「農業開発のモデル」「農
業政策の成功例」として脚光を浴びています。
一方で、遺伝子組み換え大豆の利用を期限付きで承認する暫定措置令
が出されたときには、それに反対する大多数の農民、消費者などから
大きな反対の声が上がるなど、さまざまな問題も報告されています。
大豆の生産拡大の背景で何が起きているのでしょうか。
 今回のセミナーでは、特に、ブラジルでの遺伝子組み換え大豆導入
についての報告をもとに討議します。皆さまふるってご参加ください。

**********
【講師プロフィール】
●オルタトレードジャパン 印鑰智哉さん

1991年から94年までブラジル社会経済分析研究所(IBASE)にて活動。
日本政府や企業によるブラジルへの投資の問題などを調査。セラード
開発、ユーカリ植林、大豆のモノカルチャー、遺伝子組み換え問題
などアグリビジネスが引き起こす社会・環境問題を追っている。
【ブログ http://blog.rederio.jp/】

**********
┏━━━━━━━━━━━━━━━
┃開催概要
┗━━━━━━━━━━━━━━━
【日時】2012年11月8日(木)18:30~20:30(開場18:15)
【会場】明治学院大学白金校舎 本館4階南ウィング1405教室
    アクセス http://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane/
    (JR品川駅・目黒駅よりバスで約10分、東京メトロ白金高輪駅、
     白金台駅、高輪台駅より各徒歩約7分)
【参加費】500円*共催団体会員、明治学院大学在籍者は無料
【申込み】(特活)ハンガー・フリー・ワールド 担当:儘田 
TEL:03-3261-4700
E-MAIL:info<@>hungerfree.net
*<>を削除してお送りください。
[PR]
by africa_class | 2012-10-23 14:18 | 【考】土地争奪・プロサバンナ問題
<< 【学術研究会】「弱い国家の強さ... 「198通りの非暴力行動(抵抗... >>