ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

【学術研究会】「弱い国家の強さ?:ハイブリッドガバナンス&非国家治安部隊(ナイジェリア・コンゴ)」

以下、同僚の島田周平先生の招聘でお越しになる世界的にも著名なアフリカ政治の専門家ケイト・ミーガーさんの研究報告です。問題はまたしても金曜日夜…。官邸前抗議にドンピシャな時間帯なのです…。悩ましい。京都でもケイトさんの発表はあり、京大の研究会で京都に行くのでそちらで対応するか悩み中。でも、よく考えたら私が問合せ先なのでした・・・。

なお、同日同会場で下記のイベントも開催中です。是非あわせてどうぞ。
「TICADVのためのアフリカ開発講座」 コース3(要申込み)
http://www.ide.go.jp/Japanese/Event/Seminar/121109_africa_03.html
012年11月9日 (金曜) 14時50分~18時00分(受付開始14時30分)
東京大学駒場Iキャンパス 第18号館コラボレーションルーム1 

================
アフリカ学会関東支部では、以下の要領で第5回例会を開催いたします。
皆さまのご参加をお待ちしています。

日時: 11月9日(金)18時~20時(予定)
場所: 東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム3
行き方は下記を参照してください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/about/visitors/maps-directions/campusmap.html

発表者: Kate Meagher (London School of Economics and Political Science)
タイトル: The Strength of Weak States?: Hybrid Governance and Non-State
Security Forces in Nigeria and the Congo.

要旨: This lecture will look at whether non-state security forces
(vigilantes, militias, etc.) can provide a second-best source of
security in fragile regions. It starts with a critique of new 'hybrid
governance' approaches to state-building, which encourage the
integration of informal security arrangements into state structures.
This sets the scene for a comparative analysis of the Bakassi Boys of
Nigeria and the RCD-ML militia in the Eastern DRC, which challenges
the notion that informal security arrangements necessarily enjoy local
legitimacy, and raises questions about their
potential for improving the governance context even if they start out
as locally legitimate forces.

使用言語: 英語(通訳なし)
事前申しこみ: 不要
お問い合わせ:  
africa.seminar<@>gmail.com(東京外大舩田研究室)

主催: 科学研究補助金(基盤研究(S))「アフリカの潜在力を活用した紛争解決と共生の実現に関する総合的地域研究」(代表:京都大学・太田至)
第6回政治・国際関係ユニット研究会、第4回西アフリカクラスター研究会
http://www.africapotential.africa.kyoto-u.ac.jp/
[PR]
by africa_class | 2012-10-29 20:50 | 【紹介】アフリカ・イベント
<< 2012年10月30日夜に考え... 講演会案内:アフリカ土地侵奪を... >>