ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

明日から松山で発表です

明日から松山に出張です。松山市クレア(自治体国際化協会)の事業で
愛媛大学のESD(Education for Sustainable Development)
に関するシンポで発表をしてきます。

■日 時:2009年7月11日(土)  
■場 所:愛媛大学法文学部本館8階・大会議室
■参加費:無料(当日参加可)
■プログラム
司会(小林修)
   9:00- 9:15 開会挨拶(愛媛大学)
   9:15-10:30 グローカルな視点から地域を考える(栗田英幸)
  11:00-12:30モザンビークの歴史の変遷とESD的課
(舩田クラーセンさやか)
  13:30-15:00 NGOによるESD的国際平和活動(竹内よし子)
  15:30-17:00 NPOとして活躍する意義・現状と課題(近藤美由紀)
  17:00-17:10 閉会挨拶(松山市)

■愛媛大学環境ESDプロジェクトとは?愛媛大学では,平成18年に環境
ESD指導者育成カリキュラムを立ち上げ,瀬戸内の多様な風土文化を生
かし,山〜里〜海〜人が空間的にも時間的にも「つながる」活動を通じて
持続可能な社会づくりを担うことのできる環境ESD指導者を育成していま
す。今回のセミナーは,このカリキュラムの一部を開放して実施します。
■ESD(イー・エス・ディー)とは? 全ての人々が安心して暮らせる未来を
実現するには、わたしたち一人ひとりが、互いに協力し合いながら、さまざ
まな課題に力を合わせて取り組んでいくことが必要です。そうした未来へ
向けた取組みに必要な力や考え方を人々が学び育むこと、それが「持続
可能な開発のための教育」です。
[PR]
by africa_class | 2009-07-09 17:03 | 【記録】講演・研究会・原稿
<< 国際シンポ「健康なアフリカ社会」 映画バオバブの記憶上映会 >>