ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

アフリカのトイレ&おふろ(2)

で、モザンビーク農村のお風呂場とトイレの写真縮小できました。
a0133563_13514016.jpg

すでに、トイレ&お風呂場の中にいる状態から撮ってます。
盛り上がっている部分が、しゃがむところですね。
基本的に匂いません。真昼間でなければ、ハエもあまりいません。
ときに、蓋をしていないトイレがあって、それはやっぱり衛生上(ハエ
が飛び回るので)よくないと政府もポスターなどで説明しています。
穴がいっぱいになると、土を被せて、別のところに穴を掘ります。
が、大体5年ぐらいは大丈夫では?すぐに分解されるので。
重要なのは、水分と混ぜないこと・・・つまり、そこで「小」をしては
いけないのです!!!!
 が、うちの連れと子どもは、何度言ってもきいてくれません。
でないと匂いますし・・・。原理分かるよね??
a0133563_13541051.jpg

これが、お風呂場兼・・・「小」スポット。大抵、皆同じ場所というの
に驚くんですが、まあ水は水であることに変わりない。しかも、砂地
なんですぐ乾きます。第一、日本には、健康のため、自分の尿を朝
飲んでいる人たちがいるんですから!
 ごめん。気持ち悪くなったよね。まあ、ところ変われば・・・ということ
でした。トイレとお風呂はハードル高いと皆いいますが、何事も気に
しなければ、なんとでもなるもんです。身体に悪いことや、危険なこと
なら、無理にしてはなりませんが、こういうのは「気持ち」の問題にす
ぎないので、「気持ち」を鍛えるにも、是非トライしてみてほしいところ。
 すべては自然に還っていくほうが、実に清清しい気がするのですが!
[PR]
by africa_class | 2009-10-13 13:57 | 【徒然】毎日がアフリカ
<< 学園祭で展示をします ダルフール・ジェノサイドになに... >>