ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

紛争下の人道支援シンポ@外務省

今年度から、シンポジウムやレセプションは極力出ないように努めて
いる。以前は、NGO活動のために、いろいろな場所に出没し、関係者
と交流しながら、政策提言を少しでも実現するよう働きかけをしなけれ
ばならなかった。いわゆる「外回り」。事前に誰と何を話すか、何を獲
得するかまで、事務局や執行部の指示をもらって動いていたが、さす
がに、最後のほうは心身ともに疲れた。
 なので、今年からはどうしても・・・というもの以外には極力出ないよ
うにしている。面白そうと思って申し込んでも、シンポの当日に体調を
崩すこともままあり、やっぱり身体は素直だなあ・・・と感心。今回のシ
ンポは、今書いている論文の関係で、ぜひにと思い参加。賛歌するま
では、身体の調子が悪くなかったものの、帰ってからぐっと悪くなった
から、やっぱり「シンポ疲れ」はまだ終わっていないよう。今週は、断り
きれなかった会食がいくつも入っているのに、すでに黄色信号。
a0133563_16552670.jpg

  さて、外務省と国際赤十字のシンポ。緒方さんが、人間の安全保障
を語るので聞きに行ったが、久しぶりに緒方さんらしいスピーチに触れ
ることができて大満足。JICA理事長となってからは、どうしても違和感
があったスピーチが、シンポでは生き生きと快活に話してらした様子が
印象的だった。詳しくは、おそらくシンポの記録がどこかに出てくると思
うので、それをご参照のこと。
 一番印象深かったのは、緒方さんが、「 20年前から紛争の形が異な
ってくる中、誰が人びとを守るかが重要になってきた。私が人間の安全
保障において重要な点は、人間の側、犠牲者の側に立とうということ。
これが人間の安全保障の基本概念」と最後におっしゃった点だった。
 日本は外交方針として、人間の安全保障を柱の一つとしているが、こ
れまでの外務省やJICAの国外での活動を見て、必ずしも「人間の側」
「犠牲者の側」に立っているとは思えない現実を多々目の当たりにして
きた。それは、何も外務省やJICAによる国外活動に限ったことではなく、
実は日本国内でも同様だった。それが、政権交代前夜ぐらいから、「国
民の目から見て」という言葉が連呼されるように変化しつつある。
 この動きを、国際協力の分野でも、加速化してほしい・・・切に願うもの
である。
 =============================
外務省・赤十字国際委員会(ICRC)共催
シンポジウム:紛争下における人道支援
1.人間の安全保障と人道支援
* 山影進(東京大学)
* 緒方貞子(JICA)
* 鶴岡公二(外務省)
* アラン・エシュリマン(ICRC)  
<2部、3部、レセプション・・・合計6時間の大イベントでした・・・。
==============================
[PR]
by africa_class | 2009-11-01 17:15 | 【紹介】アフリカ・イベント
<< アフリカ学会関東支部例会 第3回研究会ザンビア西部 >>