ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

幻のコーヒーを求めて@世銀

アフリカ理解プロジェクト・世銀情報センター共催

12月10日(木):川島良彰(Jose Kawashima)さん
「幻のコーヒーを求めて」
(木)18:30~20:00

エチオピアで生まれたコーヒーが、イエメンのモカ港から世界に
広がった。その中でインド洋のブルボン島に渡ったコーヒーが、
島で突然変異を起こした。この品種が、現在飲用されている品種
に大きな影響を与えている。しかしもう一つ起きた突然変異種は、
高品質にも関わらず生産性が低いためにいつの間にこの世から
姿を消してしまった。その品種を探し出し、失われたコーヒー産業
を復興させた。またマダガスカル原産のカフェインが非常に低い
マスカロコフェアを、絶滅寸前に探し当て保全した。この二つの
島の不思議なコーヒーの話。

【略歴】1956年静岡でコーヒー焙煎卸業の家に生まれる。 197
5年高校を卒業後、エル・サルバドルに留学。国立コーヒー研究
所でコーヒー栽培から精選を勉強。内戦勃発後も研究生活を続
ける。その後UCC上島珈琲㈱に入社しジャマイカのブルーマウ
ンテン コーヒー開発に従事。後にハワイ、インドネシア スマト
ラ島で農園開発。マダガスカルで絶滅危惧種の保全、レユニオ
ン島で絶命種ブルボン ポワントゥの復活を果たし島のコーヒー
産業を復興させた。2007年執行役員 農事調査室長を最後に
退社。2007年㈱コーヒーハンターズ設立、日本サステイナブル
・コーヒー協会設立、2008年㈱Mi Cafeto設立。

場所:世界銀行情報センター(PIC東京)
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル1階 
地下鉄三田線内幸町駅直結、千代田線・日比谷線・丸ノ内線
霞ヶ関駅C3出口

申込み方法: コーヒーアワーは、世界銀行東京事務所のウェブ
http://go.worldbank.org/R6SFN4KQA0上でお申し込み
いただくか、お名前、ご所属・団体、ご連絡先を「「アフリカ 開発
とアート展&トークセッション(コーヒーアワー)」と明記の上、
ptokyo(at)worldbank.org宛てにお送りください。
---------------------------------------------------------
[PR]
by africa_class | 2009-12-09 15:19 | 【紹介】アフリカ・イベント
<< ゼミ選抜結果について モザンビークの中学校の図書室支... >>