ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

Onlineで観れます<ブリュッセル国際会議

明日9時半~16時半までEU本部で開催される「将来の日本・EU
関係に関するシンポジウム」ですが、以下のサイトでオンラインで観
られるようなので、興味のある人は是非どうぞ。
http://scic.ec.europa.eu/str/basic/charduri/
外務省の関連情報は次のページ。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/eu/j_eu_sy1002.html

2009年5月の日本・EUサミットで採択された2001年から2010年
までのアクションプランは次のサイトでダウンロード可能です。(今か
ら読まないと・・・)でもざっと見たところ、アフリカのことはTICADのこ
と以外、ほとんど書かれてないに等しいですね・・・。
http://ec.europa.eu/external_relations/japan/docs/actionplan2001_en.pdf
外務省サイトを見ていたら、幸い日本語訳を見つけました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/eu/kodo_k.html
しかし、英文と日本語文を読み比べてみると、つくづく漢字の便利さ
を実感します。形を見ただけで次にいける強みは、やはりアルファ
ベットに勝りますね。(速読の場合)

全文を読んでみて分かったのですが、2001年の時点では日本とE
Uの協力において「アフリカ課題」は重要案件ではなかったのですね。
確かにあの時点の日本とアフリカとの関係はもっともっと希薄で、
2003年の第3回TICAD時ですら、そんな感じでした。その意味で、
2008年を経た現在、改めて今後10年間のアクションプランを策定
するにあたって、「アフリカ・ODA」絡みのインプットが重要となってい
るということが分かりました。
 この10年で日本外交におけるアフリカの位置は、随分と変わったの
だなあ、としみじみ感じます。(とはいえ、それほどメジャーになったと
いうわけではなく、もう少し配慮されるようになった・・という意味で)

EUとアフリカ間の協力については以下のサイトへ。
http://www.africa-eu-partnership.org/index_en.php
アフリカ市民社会の開発における役割についてのインタビューがあり
ました。動画で見れます。TICADの際にもお世話になったセネガル
の市民社会連合CONGADの代表が出ています。
http://www.africa-eu-partnership.org/multimedia/videos_en.php?video=30
去年EUの研修に呼んでいただいた際にアフリカとEUの市民社会
協力について調べましたが、詳細は次のサイトにあります。
http://www.africa-eu-partnership.org/partners/civil_society_en.htm
[PR]
by africa_class | 2010-02-08 23:34 | 【記録】講演・研究会・原稿
<< 日本EUシンポジウム終了 ソマリア・シンポ(国連大学) >>