ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

カテゴリ:【紹介】アフリカ・イベント( 180 )

ジンバブエアート&ミュージックのイベント

モザンビークに到着しました。
私がやっていたNGO(TICAD市民社会フォーラム)のメンバーでも
あった横山さんから、ジンバブエのアート工芸品や音楽のイベントの
紹介です。「伝説の」ベリーダンサーでもある横山さん!お願いすれ
ば、見せてくれるかも??!!(というのは冗談です)
=====================================
2007年にジンバブエから帰国し、開発コンサルなどで仕事をしながら
2009年に、ジンバブエのワイヤービーズクラフトやアクセサリを販売する
オンラインショップ<Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト>を
開きました。
http://rupurara-moon.com/
そのRupurara Moonも開店から2年以上経ち、たくさんのお客様に
ジンバブエのクラフトを気に入っていただき、少しずつ成長してきました。
今回、そのRupurara Moonのギャラリー展示&販売を行います。
ときどき、直接手に取ってご覧になりたいと言ってくださるお客様もいら
っしゃるので、この機会にたくさん並べて多くの方にご覧いただきたい
と思います。
また、今回は、ジンバブエのアート&ミュージックの世界へのご招待
もあります。ジンバブエミュージックの映像と楽しいトーク、そして
伝統的な楽器ムビラ(親指ピアノ)のミニライブも予定しています。
ぜひ、お誘いあわせの上、お越しください。
 ==========
『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』ギャラリー展示&販売
 ~ジンバブエのアートとミュージックへのお誘い~
会期: 9月3日(土)~4日(日) 11:00~19:00 (最終日は18:00)
会場: 「東中野レンタルスペース」東京都中野区東中野4-4-5
    東中野アパートメンツ203
 *JR総武線「東中野」駅西口 徒歩0分 
(西口改札を背に右方向へ、突き当り右側の階段を下り向かいの
 ampmがあるビルの2階奥です)

★9/3(土) 15:00~ 
ジンバブエミュージックの映像と熱いトーク(ひらげ氏)
16:00~ 伝統楽器ムビラ(親指ピアノ)のミニライブ!
           (ムビラジャカナカ マサ氏)
http://blog.livedoor.jp/africanwhale/
★facebookの<Rupurara Moon>のファンページにも新着情報
http://www.facebook.com/#!/pages/Rupurara-Moon-African-Beads-Crafts/148174191927324?sk=wall
★twitterでも適宜告知などしています。ID: africanwhale
*売上の一部を東日本大震災復興支援のための義捐金としております。

9/3(土)~9/4(日)『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
ギャラリー展示&販売開催!
ジンバブエのアートとミュージックに触れるひとときを、ぜひ楽しんでください!
詳細は、『あふりかくじらの自由時間』
http://blog.livedoor.jp/africanwhale/
[PR]
by africa_class | 2011-08-18 18:46 | 【紹介】アフリカ・イベント

英語で学ぶ国際キャリア合宿セミナー(アフリカがテーマ)

「近所に暮らす」米川正子さんから以下案内をもらいました。昨夜
は一緒にご飯を食べました。あのまま、起きていて、なでしこジャパ
ンの活躍を観たら良かったですね~。と思ったけど、テレビがないの
でした・・・。
=====================================
去年参加した学生の満足度はとっても高かったです。なのにこの
価格!まだ間に合うそうなので、是非参加してみてください。アフリカ
がテーマです!

1.英語で学ぶ国際キャリア合宿セミナーのご案内
(宇都宮大学等栃木県3大学による実施)
日時:2011年9月23日(金)~25日(日)
会場:白鴎大学(初日)、NPO法人昭和ふるさと村(栃木県芳賀郡)
参加資格:全国の大学生、大学院生、社会人
参加費:7500円(宿泊・食費込み)
申し込み方法:ウェブ申し込み 
http://www.kokusai.utsunomiya-u.ac.jp/career-programm/index.html
****
本合宿セミナーでは、アフリカ関連の分科会があります。
①「アフリカの紛争解決と国際司法」
 国際刑事司法に依存するアフリカの紛争解決の現在の傾向を取り上げ、その成功と失敗について議論する。主に1994年のルワンダ虐殺と国際刑事裁判所が現在直面するコンゴやウガンダ等の現状に焦点をあてる。
*日本において、ルワンダ国際刑事裁判所に関する研究はほとんどされていませんので、重要な機会です。
②「国際援助~紛争被害者の社会復帰支援」
難民や紛争被害者になるとはどういうことか。本分科会では、ウガンダ北部の元少年兵を例に挙げ、紛争被害者の立場を議論し、どのように紛争被害者の社会復帰を支援したら良いのかを探る。
****
[PR]
by africa_class | 2011-07-18 10:15 | 【紹介】アフリカ・イベント

土曜日はファムカフェ@古民家(東京)へ

アフリカゼミの有志や、ファムカフェの皆がコラボして夏企画を予定
しています!私は、福島大学に協力して東京都内に避難中の福島
の皆さんのニーズ調査に行ってくるので参加できません・・・。が、
是非遊びに行ってみてください!連日連夜、学生たちが準備に勤し
んでいる姿は、とてもすがすがしいです。本番はもっと楽しいと思い
ます。がんばれ、山&ゼミのみんな。
============================
【Femme Café×Mr.Elephantsコラボイベント】
~Femme Caféが古民家に出現!!~
学生団体Femme Caféが
高品質ルワンダコーヒーをパックとアイスコーヒーでご提供♪
==================================
日時 2011年7月16日(土)11時~19時(入退場自由)
場所 和のいえ「櫻井」
〒202-0023 東京都西東京市新町5-3-5
TEL:050-1585-5863/FAX:0422-56-2989
(HP→http://yamada-ya.net/home.html)
=================================
7月16日に武蔵境の古民家で行われるMr.Elephants主催の
イベントにFemme Caféが出店し夏らしくアイスコーヒーをご
提供します。コーヒーだけでなく、ジャズの演奏や手作り石鹸の
販売など、夏をゆったり楽しむ素敵な企画が揃っております。
他にも、あつい夏を涼やかに楽しむ工夫がちりばめられた古民
家でジャズの演奏を聴きながら、芳しいコーヒーをご堪能ください♪
【5ひきのぞう〜Five Ele"fun"ts〜 @和のいえ 櫻井】
●日時  2011年7月16日(土)11時~19時
*古民家のopenは11時~です。どなたでも入退場は自由です。
もちろん、再入場も可能です。
●料金  入場無料(申し訳ありませんが、カンパをお願いします)
●場所  ☆和のいえ「櫻井」
〒202-0023 東京都西東京市新町5-3-5 
TEL: 050-1585-5863 / FAX: 0422-56-2989
(HP → http://yamada-ya.net/home.html)
 JR中央線 武蔵境駅より
 ・徒歩約15分
 ・バス(向台町五丁目行・花小金井駅南口行)約5分 
  境橋バス停下車徒歩2分
 JR中央線 三鷹駅より
 ・バス(武蔵小金井駅行)約15分 境橋バス停下車徒歩2分
●主催 
☆Mr.Elephants「5ひきのぞう」特設ブログ
→ http://kominka-elephants.seesaa.net/
**************************
[ コンテンツのご紹介 ]
☆ Jazz Live by Mr.Elephants
ピアノトリオバンド、Mr.Elephantsによるジャズの生演奏。
夏の夕暮れに、ジャズの音色が古民家を包みこみます。
(Live Start:18:00~/Charge Free!!)
(ファンページ → http://www.facebook.com/Mr.Elephants)
☆ Rwanda Coffee by femme cafe
東京外国語大学のアフリカゼミ有志団体「ファムカフェ」が、現地とのコネ
クションを生かして、ルワンダコーヒーをアイスでお届けします。
ルワンダコーヒーの奥深い裏話も満載です。
(HP → http://www.femmecafe.org/)
(11時~16時頃まで。完売次第、終了予定です。)

是非、縁側で、お庭で、畳の上で、夏の古民家を満喫してください。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。
[PR]
by africa_class | 2011-07-14 23:34 | 【紹介】アフリカ・イベント

シンポジウム:南部スーダン、独立!国際社会はなにができるのか?

以下、共有しておきます。
┌──────────────────────────────────
◆ シンポジウム
◆  南部スーダン、独立!国際社会はなにができるのか?
└──────────────────────────────────
http://www.glocol.osaka-u.ac.jp/research/110717.html

【日時】2011年7月17日(日) 14:00~17:00
【場所】キャンパス・イノベーションセンター(東京)
    東京都港区芝浦3-3-6(JR田町駅 / 都営三田駅近く)
    http://www.cictokyo.jp/access.html
【参加】無料、事前申し込み必要
【プログラム】
 第1部:報告
  栗本英世(大阪大学GLOCOL)
  渡邉恵子(国際開発高等教育機構(FASID))
  板倉純子(ジャパン・プラットフォーム(JPF))
  寺脇麻衣(アドラ・ジャパン)
  安富 淳(日本紛争予防センター(JCCP)
  宍戸健一(国際協力機構(JICA))
 第2部:映像紹介
  大宮直明(映画監督)
┌──────────────────────────────────
◆ 第77回 GLOCOLセミナー
FIELDOグローバル・エキスパート連続講座(8)
 アフリカの紛争解決と平和構築を志す人へのメッセージ
◇ ― 現場での人道支援活動を通して
└──────────────────────────────────
http://www.glocol.osaka-u.ac.jp/research/111014.html
【日時】2011年10月14日(金) 17:00~19:00
【場所】大阪大学ステューデントコモンズ セミナー室1(豊中キャンパス)
【講師】米川正子(宇都宮大学国際学部特任准教授・元UNHCRゴマ事務所長)
【コメンテーター】ヴァージル・ホーキンス(大阪大学国際公共政策研究科准教授)
【参加】無料、事前申し込み要
[PR]
by africa_class | 2011-07-13 12:42 | 【紹介】アフリカ・イベント

研究会:ドバイのカメルーン人の都市生活世界


*******************************************
基幹研究「アフリカ文化研究に基づく多元的世界像の探求」
2011年度第3回公開セミナー開催のお知らせ

日時:2011年7月13日(水)19:00-21:00
場所:AA研マルチメディア会議室(304)
********************************************
日時:2011年7月13日(水)19:00-21:00
場所:AA研マルチメディア会議室(304)
Dr. M. Pelican(チューリヒ大学社会・文化人類学科〈スイス〉,
   京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
"Urban life-worlds of Cameroonians in Dubai (United Arab Emirates)"
(アラブ首長国連邦ドバイにおけるカメルーン人たちの都市生活世界)
主催:基幹研究「アフリカ文化研究に基づく多元的世界像の探求」
共催:基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」
   日本アフリカ学会関東支部
使用言語:英語
参加費:無料
参加申込み:不要(どなたでも参加できます)
[PR]
by africa_class | 2011-07-06 21:10 | 【紹介】アフリカ・イベント

研究会:アフリカの農業と文化(7月23日)

週末金曜日~日曜日まで、ゼミ合宿で兵庫県篠山市に行ってきま
した。総勢29名(途中参加1名)・・・そのパワーたるや凄かったです。
また改めてご報告いたしますが、今日は同僚からもらって案内を。
前回もたくさんの学生が参加してくれて嬉しかったです。農業と文化
というとても面白そうなテーマです。是非、参加してみてください。
*******************************
公開研究会
「歴史的観点から見たサハラ以南アフリカの農業と文化」

日時:2011年7月23日(土) 13:30-19:00
場所:AA研マルチメディア会議室(304)
*****************************
内容:詳しくはAA研webサイトをご参照ください。
http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/projects/jrp/jrp167
使用言語:日本語
参加申込み:不要(無料)
主催:共同利用・共同研究課題「歴史的観点から見たサハラ以南アフリカの農業と文化」
共催:基幹研究「アフリカ文化研究に基づく多元的世界像の探求」、Fieldnet
[PR]
by africa_class | 2011-07-04 19:48 | 【紹介】アフリカ・イベント

「スーダンはこれで平和になるのか? ~新国家、旧国家の挑戦~」

博士後期課程に在籍中のアブディン君と彼が代表を務める団体の
セミナーです。とてもタイムリーな企画です。しかも、コメンテイターは
武内進一さん。豪華キャストで送る企画です。是非ご参加を!
=======================================
中東情勢セミナーのご案内 2011年7月8日(金)19:00~21:00
「スーダンはこれで平和になるのか? ~新国家、旧国家の挑戦~」
=======================================
 2011年7月9日にはアフリカ第54番目の国家が生まれます。今年の1月9日、スーダンの南部独立を問う住民投票が行われ、投票者の98%以上が独立を選択しました。住民投票はきわめて平和的に実施され、国際社会の高い評価を得ていました。
 しかし、南北境界線をめぐって双方間、緊張が高まり、現地は紛争再燃の可能性を否定できない状況にあります。更に、南部・北部それぞれがさまざまな問題を抱えており、安定化への道のりがまだまだ長いことが伺えます。
 そこで南部独立前夜、スーダン人若手研究者による分析情勢を主として、スーダンへの理解を深めるイベントを開催いたします。ふるってご参加ください。(言語:日本語)
■日時:2011年7月8日(金)19:00~21:00
■場所:日本財団ビル2階 A会議室
(地下鉄銀座線・虎ノ門駅、または溜池山王駅より徒歩5分)
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
■講演者:モハメド・オマル・アブディン
 (東京外国語大学大学院(平和構築学))
■コメンテーター:武内進一(JICA 研究所 上席研究員)
■参加費:1,000円(資料代込)
(スーダン障害者教育支援の会 会員様は500円となります)
■定員:50名(定員になり次第締切とさせていただきます)
■申し込み:こちらのフォームから、7月6日24:00までにお申し込みください。
■問い合わせ:主催団体(特活)スーダン障害者教育支援の会
事務局 並木麻衣 宛( event★capeds.org )★をアットマークに変えてご連絡ください
■講演者プロフィール:モハメド・オマル・アブディン
1978 年、スーダンの首都ハルツーム生まれ。幼少期から徐々に視力を失い、12 歳には文字の読み書きが出来なくなる。ハルツーム州の小・中・高等学校を経て、1996 年ハルツーム大学法学部に入学。その後1998 年1 月、国際視覚障害者援護協会の招聘を受け来日。2005 年から視覚障害者サッカー普及活動を母国で開始。2006 年9 月4 日付朝日新聞朝刊「天声人語」欄において、これらの障害者支援活動が紹介される。その後、東京外国語大学日本語課程に入学。2007 年に同課程を卒業。同年4 月から同大学大学院地域文化研究科国際協力専修コース平和構築・紛争予防コースに入学。現在、スーダンにおける平和構築をテーマに博士課程で研究活動を続け、アフリカ学会、英国中東学会、Sudanese Studies Association など、日本だけでなく海外でも発表を重ねている。NPO法人スーダン障害者教育支援の会(http://capeds.org/)代表理事。
 (プロフィール詳細:http://bit.ly/iF6OTG / ブログ:http://abdin.blog96.fc2.com/
■主催団体:特定非営利活動法人スーダン障害者教育支援の会
 日本在住のスーダン人全盲留学生を中心に、2008年からNPO法人として活動。スーダン北部を中心に、障害を持つ子どもや大学生の教育支援を行う。また、スーダンに初めてブラインドサッカーを紹介し、初のチーム立ち上げに関わる。ホームページ: http://capeds.org/
facebookファンページ: http://www.facebook.com/capeds
twitter: http://twitter.com/capeds
[PR]
by africa_class | 2011-06-30 17:41 | 【紹介】アフリカ・イベント

第14回「アフリカ産業戦略勉強会」 :北アフリカの産業化

2009年まで運営していたNPO法人TICAD市民社会フォーラムの
理事を務めてくださっていた橘田さんがご発表されます。参加された
い方は、事前申し込みください。(7月4日(月)までに、GRIPS開発
フォーラム・飯塚(m-iizuka<@>grips.ac.jp)
============================
第14回「アフリカ産業戦略勉強会」
■日時: 2011年7日7日(木) 18:30~20:30(予定)
■テーマ: 「産官学連携による産業開発支援:
 日本の協力で芽生える北アフリカでの産業化の事例」

第14回アフリカ産業戦略勉強会は、「産官学連携による産業開発支援:
日本の協力で芽生える北アフリカでの産業化の事例」をテーマに、筑波
大学の礒田博子教授(バイオテクノロジー)、柏木健一助教授(北アフリ
カ経済)、橘田正造氏(筑波大学及び青学大非常勤講師)よりお話を頂
きます。 (中略)
 今回の勉強会においては、まず、チュニジアでの筑波大学とJICA/旧
JBIC連携事業やアフリカ開発銀行との連携協定などについて、本年3
月まで筑波大学の教授で国際部長でもあった橘田正造氏よりご説明頂
き、続いて、チュニジア産オリーブの効用に着目した研究を、進めておら
れる礒田博子教授より研究の成果や、国際特許・日本企業による事業
化の動き等について、ご説明頂きます。また、チュニジアや北アフリカ諸
国における民主化の現状等について、開発経済学の視点から柏木健一
助教より補足説明頂く予定です。
■スピーカー:
橘田正造氏(筑波大学 人文社会科学研究科 非常勤講師 
 前同大学教授(兼)国際部長)
礒田博子氏(筑波大学 生命環境科学研究科、北アフリカ研究センター
 教授)
柏木健一氏(筑波大学 人文社会科学研究科 同センター助教)
■会場:
政策研究大学院大学1階 会議室A&B
〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1
a. 都営大江戸線 六本木駅 徒歩5分
b. 東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩10分
http://www.grips.ac.jp/jp/about/access.html
■前回までの勉強会資料・議事録等:
http://www.grips.ac.jp/forum/newpage2008/industrialstrategy.htm
[PR]
by africa_class | 2011-06-21 16:55 | 【紹介】アフリカ・イベント

公開セミナー「現代東アフリカ社会における観光業~売り物としての『アフリカ』~」

ゼミが終わりました。今年は多くディスカッションを取り入れ
ています。さらに、今年も入ゼミ生が多かったので、30人近く
の大所帯なので、どうしても時間がかかります。
 来週はゼミの後に、学内のアジアアフリカ言語文化研究所に
て、以下の催しがありますので、案内しておきます。
=================================
基幹研究「アフリカ文化研究に基づく多元的世界像の探求」
2011年度第1回公開セミナー
「現代東アフリカ社会における観光業
~売り物としての『アフリカ』~」
==================================
講師:井上真悠子氏(日本アフリカ学会)
日時:6月21日 18時~19時半 
会場:AA研3階セミナー室(301) 
参加費:無料
事前申込:不要(どなたでも参加できます) 

講演要旨
「アフリカ」と聞いたとき、野生動物や農村生活、貧困、紛争といったキーワードはすぐに浮かぶが、「都市」や「観光」といったイメージは想起しにくいかもしれない。しかしアフリカにも都市は多数存在しており、観光客が多く訪れるおだやかな観光地もある。                            
 東アフリカ・タンザニア随一の観光地であるザンジバルは、1980年代から観光化がはじまり、現在では年間十数万人を越える外国人観光客が訪れる国際リゾート地となっている。そして外国人観光客をターゲットにしたみやげ物商人たちも、ケニアやタンザニアの各地から国境や地域を越えて移動してきている。その中には東アフリカで有名な「マサイ」の若者たちや、タンザニアの絵として有名な「ティンガティンガ」などの絵描きたちも多い。                     
 本プログラムでは、ザンジバルをはじめとしたアフリカの観光地で働いているみやげ物生産者や小売業者を対象とした現地調査の様子を、映像をまじえて説明する。そして、現地のみやげ物業従事者たち自身が、いかにして「アフリカ」というイメージを主体的かつ戦略的に活用し、外国人観光客を対象とした商売をおこなっているのか、彼らの具体的な実践事例をもとに解説する。
[PR]
by africa_class | 2011-06-14 22:44 | 【紹介】アフリカ・イベント

基幹研究「アフリカ文化研究に基づく多元的世界像の探求」

外大内にあるアジア・アフリカ言語文化研究所。学部生にとって、ほとんど
関係がない機関でしたが、去年から色々研究会など誘ってもらえるように
なり、学生も足を運ぶことも増えてきました。今年度着任したてのザンビア
西部の研究をしている村尾さんには、ゼミに参加してもらったりととっても
お世話になっています。
 私の教育は基本、スパルタ方式。なので、アフリカに行くときも、行った
後も、「自分で考え、自分で調べ、自分で行動する」ことを基本教育姿勢
としています。もう成人しているのだから、自立的な行動は当然!また、
すでにアフリカで留学・インターン・仕事をした先輩たちが周りにいるので、
まずはその人たちに相談して、ゼミの伝統として経験や注意事項を継承
していってもらいたいと思っています。そこに、経験豊富なるみ子ねえさ
ん登場!なので、是非、積極的に相談させてもらってください。
 試行錯誤でアフリカ研究をしてきた私には、大変羨ましい時代です!

========================================
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
基幹研究「アフリカ文化研究に基づく多元的世界像の探求」
2011年度第2回公開セミナー
========================================
“Migration Regimes and the Politics of Difference in Contemporary Southern Africa”
(現代南部アフリカにおける移民管理体制と差異の政治)

講演者:Prof. Scarlett Cornelissen
(南アフリカ、ステレンボッシュ大学、政治学科)
日時:6月28日(火)18:00~20:00
場所:東京外国語大学 本郷サテライト7階会議室 (アクセス
http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)
参加費:無料
事前申込:不要(どなたでも参加できます)
お問合せ:aaafrica<@>aa.tufs.ac.jp
*事前に報告ペーパーをご希望の方は、上記にご連絡ください。
**********************************
[PR]
by africa_class | 2011-06-11 19:47 | 【紹介】アフリカ・イベント