ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

カテゴリ:【新設】ゼミ生inアフリカ( 15 )

ルワンダの企業(OSR)でインターン中のセトちゃんから届いた写真

『アフリカ学入門』(明石書店、2010)でも紹介させていただいた
佐藤芳之さん(ケニアナッツカンパニー、オーガニック・ソリューシ
ョンズ創業者で東京外国語大学出身者)の会社で、去年9月から
修行中のゼミ3年生のセトちゃんから近況と写真が届きました。
■佐藤芳之さん
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/list/list20110519.html
カンブリア宮殿
http://globe.asahi.com/breakthrough/100222/01_01.html
朝日新聞Globe紹介記事
 それにしても、セトちゃん、元気そうで何よりです!
 佐藤さん、会社の皆さん(特に西村さん)、ルワンダの皆さん、
アフリカの皆さん、学生たちを大きく、大きく育ててくださり、本当
にありがとうございます。事前にアドミン体制を構築に飛んでくれ
たヤマ男、ありがとう。君の指導がなければ3年生のセトちゃんに
はもっと厳しいインターンシップだったでしょう。
 さて、以下、トイレが写りまくっていますが、微生物を使って
ボットン便所の環境改善の事業の紹介だからです。通称●●
事業というのですが、ここでは伏字にさせてください・・・。
===セトちゃんから=====
考えてみたら早いもので、ルワンダに来てから7カ月が経ちました。毎日元気にやっています。停電・断水はいつものことですが、いい加減、慣れました。
 インターンの方は順調です。やっていることは様々で、大抵はキガリにいて会計の仕事やドキュメントの整理、お遣いやトラブルシューティングに追われていますが、郡が催す集会に出席して数百人規模のルワンディーズを前にOSSを紹介する、みたいなのだとか、ムズングの私がルワンダ人学生にスラムのトイレを案内する、みたいなちょっとおもしろいこともたくさん経験しました。最近はOSSの営業、販売で地方に行く機会も多々あり、都市部とは違う田舎の雰囲気を楽しんでいます。
 正直、何が何やら分からないまま始めたインターンでしたが、半年を過ぎたくらいからやっと、私はOSRに何ができるかというのが見えてきた気がします。今はそれを実践すべく奮闘中ですが時々すごく無力感を感じます。こちらで過ごすことができる一日一日を大切に、残りの数カ月も駆け抜けます。

a0133563_11452884.jpg

1.悔しかったのでOSSとのツーショットを撮ってみました。
a0133563_11454370.jpg

2.OSSを使っている学校の子どもたちと・・・
a0133563_11455287.jpg

3.トイレ。
a0133563_1146197.jpg

4.スラムエリアの・・・
a0133563_11461368.jpg

5.トイレ。
a0133563_11462658.jpg

6.OSSイントロダクションと・・・
a0133563_11463581.jpg

7.8.その時のオーディエンス。この時のは郡が催す保健衛生関係の大規模な集会で、メディア関係者もちらほら。
a0133563_11465560.jpg

トイレじゃなくてきれいめなのも送らせてください!
a0133563_1147989.jpg

9.ルワンダの伝統的なかごアガセチェ。友人の子どものお祝いに行った時のもの。
a0133563_11471952.jpg

10.コーヒー農園の女性たち。あっこさんについて産地に行った時のもの。
[PR]
by africa_class | 2012-04-25 11:51 | 【新設】ゼミ生inアフリカ

レソト王国留学中のジュンペーからの写真+アフリカ留学は就職に損か?

マダガスカルの次は、南アの隣(というかほどんど中?)にあるレソト
王国に留学中のジュンペーから写真が届きました。「僕は走ることだ
けに興味があったので・・・」といって入ゼミし、本人も周りも心配した
ジュンペー。1年経ってだいぶ逞しくなったものの、その英語力(英語
専攻なんですが・・・)や準備のなさに出発前は本当に大丈夫か心配
していましたが杞憂だったようですね。持前のマイペースで楽しんで
いる様子。高山トレーニングはがんばってるのかな・・・。
 しかし、「アフリカ=暑い」と思ってレソトに行った彼ですが、雪が降
る国だという自覚がなかったようで・・・誰か彼に冬服持って行ってあ
げて!
 去年、一橋大学との合同ゼミの後の懇親会で、学生たちが就活を
するのに留学は不利だから、行くのを断念した・・・という話を聞いて
外大生は驚き、一方留学するなら欧米ではなくアフリカだよねという
話を聞いて一橋大学の学生は驚き、カルチャーショックが生じたの
ですが、今年の就職活動。アフリカ遊学・留学・インターン・就労組
は、すでに内定を一つ以上もらっており、ようやく世間も「アフリカ帰
り」の価値に気づき始めてくれたようです!
 別に、就職がうまくいったからといってそれがどうした・・・ということ
はありますし、企業に学生の価値が本当に分かるのか?という議論
も可能ですが、「アフリカ=どうせ途上国でしょ?=学ぶことなし」と
いう偏見は、グローバル化を急ぐ企業にはすでになく、むしろこういう
学生を歓迎してくれる時代がきたというのは、それはそれで喜ばしい
ことかと。。。残念ながら、親御さんや大学の方が遅れている。
 これらの国の大学への留学は、大学を通してではなく、すべて日本
の在アフリカ大使館+南部アフリカ共同体(SADC)との連携によって
実現しています。2000年から培った個人的な信頼関係でここまで
来たのですが、パイオニアの彼らが上手くいけば、是非大学にも協定
を結んでもらいたいと願っています。
 なので、現在アフリカにいる皆さん。
 パイオニアとしての君たちに期待してるよ~。
a0133563_2235931.jpg

 でも、ジュンペー・・・どこにいるか分からず・・・。
a0133563_2241662.jpg

a0133563_2243078.jpg

 もうすっかり同化してますね。帰ってくるのかな・・・。
==========================
ほとんど、というか未だに1人も日本人と会わない状況ですが、
レソトにいる5,6人の日本人の方と
日本人名簿作成のやり取りなどをメールで行い、
もしかしたら今月末に会う機会があるかもしれないので楽しみです。
 写真いくつか送ります。気付いたら大学のあるロマの写真が1枚
もないので、いずれ撮ります!笑 byじゅんぺー
===========================
[PR]
by africa_class | 2012-04-16 22:17 | 【新設】ゼミ生inアフリカ

マダガスカル留学中のヤワラちゃんから写真が届きました

先週の各種の授業、皆さん専門教育を堪能したでしょうか?
来年はあるかどうかわからない授業なので是非真剣に履修してくだ
さいね。
 さて、今日はマダガスカルのカトリック大学政治学部に留学中の
ヤワラちゃんから写真が届いたのでその紹介です。気のせいか本
人発見できないのですが、メールではとっても元気そうで、明日か
ら本格的に授業が始まるそうです。
 外大東北復興支援隊副代表のヤワラちゃん。出発直前まで、石巻
で活動に勤しんでいたので準備不足ゆえ、ちょっと心配でしたが、元
気そうで本当に安堵しました。マダガスカル留学は初めてなので、こ
ちらもドキドキですが、皆に良くしてもらっているようで何より!!
 現在、レソト王国にジュンペー、モザンビーク北部にイズミが留学中。
いずれも初めての大学ばかりですが、それぞれ頑張っているようです。
順次写真を紹介しますね。
 がんばれ、ヤワラ、ジュンペー、イズミ!!!もうすぐエッチャンが
マラウイに。
============================
a0133563_21592071.jpg
a0133563_21594389.jpg
a0133563_21593339.jpg

イースター休暇の時に、下宿先の大家さんのお姉さん一家に
首都アンタナナリヴから車で2時間ほど行ったところにある
田舎街アンブヒマンガに連れて行っていただいたときの写真を添付
します。あと学校と駅から見た街中の写真も添付します。
 世界遺産のお城を案内してもらったのですが、お城の崖から見る
街は本当に絶景でした。
============================
[PR]
by africa_class | 2012-04-15 22:00 | 【新設】ゼミ生inアフリカ

モザンビークに留学中のゼミ生写真など

モザンビーク北部での調査もなんとか無事終了し、今夜首都のマプート
に帰ります。現在写真を整理中です。
 例の「パリ=ダカール・ラリー」状態の道ですが、ほぼ川になっていま
す・・・が、もっとj酷い道を行ったのですがその時は必死すぎて誰も写
真をとっておらず・・・。
a0133563_23314216.jpg

 そして、モザンビーク国立地方大学(Lurio大学)の農学部に留学中の
イーちゃんに農村で再会。農学部の作業(苗のための土集め)をせっせ
とやっているところです。愛媛大学大学院のミサキちゃんと、ルリオ大学
の女学生ソフィア、そしえレミジア先生と。
a0133563_22485420.jpg

 イーちゃんは明日から10日間、大学のOne Student One family
プロジェクトで、さらに僻地の農村へ移動です。イーちゃん、がんばれ!
(10日後に励ましのメール送ってあげてください)
[PR]
by africa_class | 2012-03-06 23:46 | 【新設】ゼミ生inアフリカ

アフリカ遊学中のゼミ生写真:あっこinルワンダ

ゼミ生のあっこちゃんから写真が届きました。4月頭に出発後、ヨーロッパ
をまわってルワンダに着いたそうです。ホームステイ先は、FemmeCa
feでもお馴染みのImmyさんのお宅。インターン活動は、以下の通りぼ
ちぼち開始のようですね。Immyさんのように「できる女」になって帰って
きてね。
=======
a0133563_16341712.jpg

MURAHO! キニャルワンダ語でHi!
休学してルワンダに来ています、あっこです。
やっとインターネットにアクセスできたので、生存報告をいたします。
先週の土曜日にキガリに到着し、Immyさん宅にお世話になっていま
す。Immyさんも、その子供たちもとっっても優しくて博識ですばらしい
人々です。毎日ルワンダ郷土料理を食べまくっています。
インターンらしいインターンはまだできていないのですが、(よくわからな
いままImmyさんに連れられビジネスシーンに立ち会うか、子供たちと
遊んでいるだけw)火曜日には念願のコーヒー畑に行ってきました!
田舎のでこぼこ道を行くこと1時間半、ウガンダ国境付近の山にたくさ
んの樹を発見しました。
現在ルワンダにはコーヒーシーズンがきていているため、樹にはまだ緑
のものもありましたが、赤く熟した実がたわわに実っていました!
a0133563_16351529.jpg

しかし東部にすむ人々は英語かキニャルワンダ語なんですが、そこの村人は貧しい地域のようで、
キニャルワンダ語のみ話すため、インタビューなどできるはずもなく,,,
もう2、3ヶ月待ってください!Immyさん曰く、コーヒービジネスは非常
にハードで、シーズン中は(4月〜9月)washing stationを一日中稼
働させるそうです。来月、私も村に住み込みで働きにいく予定です!
また追って報告しますね。
[PR]
by africa_class | 2011-04-29 16:36 | 【新設】ゼミ生inアフリカ

アフリカ遊学中のゼミ生写真:あさなinモザンビーク

今度は、今年2月からモザンビークの大学(エドアルド・モンドラーネ)
に留学中のあさなちゃんの近況報告&写真です。あさなちゃんは去年
夏に下見に行っている上に、先輩のみさきちゃんがしっかり人脈を築き
上げていただのでスムーズな留学生活のはずですが、行く前はとって
も心配してたね。でも、元気そうで安堵しました。滞在は、大学の外国
人院生用のアパート。アンゴラ人たちと共同生活中。モザンビーク人と
メンタリティが全く違う彼ら。手ごわいよ。でも、逞しくなって帰ってお
いで!
a0133563_0204291.jpg

今大学ではGeografia de Mocambique, Geografia do Turismo, Geografia das Migracoesの授業をとっています。他の授業にも出席はしています。それぞれ個人課題、グループ課題があって、今一番やらないといけない課題は日本のTurismoについて書いて提出することです。プラス日本のプレゼンの用意をしています。
 少し前は外を歩くたびに男の人が声をかけてくるのがどうも嫌で、一人で歩くことを避けていた時期がありました。でも今は友達の意見を取り入れたり、いろんな方法を考えて、うまくやってると思います。chapaも一人歩きも心配ないです!
 今月はこの寮の約20人分の食事のGestao(会計)を任され、月末になりお金と数字と計算、どうやって食べていくかに頭をなやましています。5月が待ち遠しいです。
[PR]
by africa_class | 2011-04-28 00:21 | 【新設】ゼミ生inアフリカ

アフリカ遊学中のゼミ生写真:はるかinウガンダ

アフリカに留学・インターン中の現役ゼミ生たちから写真と近況報告が
届きました。まずは、ウガンダに今月から遊学中のはるかちゃんの写真
です。これからインターンを開始するそうです。最初は、私の友人(TIC
AD IVの時に農業系団体の事務局長として来日)ジョセフさんのお宅に
居候させてもらい、今はジョセフさんの紹介でアパートに一人暮らし。
さびしくないかな?以下、はるかちゃんから。
a0133563_0125224.jpg

私の近況ですが、先日ASHINAGA UGANDAという日本のNGOを
紹介してもらい、見学に行ってきました。エイズ孤児に対する教育支援
を行っており、子ども、エイズ、教育、援助というテーマでいい勉強にな
りました。これから5月末まで、そのNGOでボランティアをします。
 また、ジョセフさんのNGOが村の小学校での教育プログラムを始め
たところなので、そちらのフィールドワークにも同時に参加する予定です。
写真は、先日ジョセフさんと村へフィールドワークをしに行った時の写真
です。
a0133563_011416.jpg

 「アフリカの少女」をテーマに卒論を書きたいといっていたはるかちゃ
ん。たくさんの女の子たちと話をしてきてね。
[PR]
by africa_class | 2011-04-28 00:16 | 【新設】ゼミ生inアフリカ

調査中inモザンビーク

モザンビークでの調査について紹介する間もなく、ルワンダでの調査
も終わりを迎え、「ネタ」=ハプニング(決して嬉しくないものが多い)満
載だった旅も、終わってみれば楽しかった・・・と改めて感じています。
皆さんに紹介したい「ネタ」があんなにあったのに、ここに掲載する時間
がなかなか取れない状態です。
 ということで、モザンビークで元気にやっていたミッキイの姿を紹介し
ておきます。まずは、北部に到着早々、国立の地方大学ルリオ大学で
彼女が講演会を行っている姿!環境コースの学生がいたので、題目は
「開発と環境保全~日本の教訓」ということでした。
a0133563_1994586.jpg

校内に告知が。
a0133563_18213052.jpg

 パパイヤに挑戦。
[PR]
by africa_class | 2010-09-12 19:28 | 【新設】ゼミ生inアフリカ

現地調査中のエミちゃん

農村に置いてきたとき・・・
a0133563_15201722.jpg

[PR]
by africa_class | 2010-09-08 15:21 | 【新設】ゼミ生inアフリカ

エミちゃんinルワンダ農村(農村滞在必須アイテム)

エミちゃんが無事(当たり前だけど)、そして元気に農村から帰ってき
たので、バージョンアップ。必須アイテムに二つを加えました。
==
ミッキイの元気な姿は明日紹介するとして、金曜日にルワンダ農村に
置き去りにしてきたエミちゃんの姿をご紹介。今日電話したら、楽しくや
っているそうで、村の女性たちに愛されている様子が良く分かる。5日後
の火曜日に迎えに行くことになっているけど、このまま置いてこよう??
 しかし、エミちゃん、農村調査に来るのに、必要な「ギア」をほとんどま
ったく持っていなかった。確かにそういうの、授業で教えたことはなかった
けれど・・・・。ということで、覚えているうちにリストアップ。
 書いてるうちに・・・最悪の事態を想定してのアドバイスなんで、かなり
ハードな内容に。あまり深刻に読まないように!!

1)ドーム型の蚊帳(つりさげるところがなくても設置可能。ネズミや
ゴキブリも入れないので、夜中に足をカジられる心配もない・・・。)
2)寝袋(農村だけでなく都会の安宿でも重宝。アフリカの農村の夜は、
意外に寒い。家のコンディションいかんでは、とっても寒い。また、ノミ
やダニ予防に・・・。)
3)トーチライト(小さくて、電池がほとんどいらないもの。LEDがいいで
しょう。これなしには、野外のトイレに行くのに一苦労。本当の野外なら
月のあかりで見えるものの、離れの建物(?)の中にある場合は、誤っ
て穴に片足を突っ込んでしまうかも・・・恐怖。)
4)トイレットペーパー(女性でも、男性でも、必須アイテム。買おうとお
もっても買えないし、となれば、最後は枯れ草や古い教科書を使う羽目
に・・・ちょっと避けたい選択肢)
5)マラリア治療薬&ファーストエイドキット(農村でもマラリアテストは
できるけれど、いざというときに治療薬が切れていたり、治療薬が効果
ない場合に備えて自分だけの最新の薬を持っていたい。また、怪我を
するとあっという間に化膿することがあるので、ファーストエイドキットは
必須アイテム。海外で購入するものの中には、ゴム手袋、注射器、縫い
針の新しいものが、HIV感染予防のために入っている。もし事故に遭っ
て、運ばれることになったら、「この針で塗ってください」といってから
倒れることにしましょう・・・。)
6)飲める水/どんな水でも飲める水に変えるフィルター付のもの(深い
井戸の水なら田舎でも飲めるけれど、川の水や水たまりの水が出され
る可能性は否定できない。自分の水は確保しよう。でも、出された水も
お茶用に沸騰させてもらえば、問題なく飲めるので、お茶を飲む方法も。)
7)カンガ(布)(何にでも使えるオールパーパス布。タオルにもなるし、
野外での水浴びの際に藁ぶきの目隠しの上からかけて完全目隠し。
移動途中の野外でのトイレの際にも、大きな荷物を運ぶ際にも重宝。
シーツにもなるし、いざというとき包帯にもなるし、止血もできる・・・。
何より、女性の皆さん、農村でズボンはダメですよ。Availableという
意味になったり、失礼になることがあります。ズボンの上からひっかけ
れば、すぐに女性たちに溶け込めます。)
8)ビーチサンダル(これなしには、野外トイレ、野外沐浴・・・かなりきつ
いと思います。)
9)ステンレスコップ(水浴びにも、熱い飲み物にも、歯磨きにも使えま
す。)
*8)と9)は、絵美ちゃんからとっても役立ったとのこと。

以上は、必須アイテム。以下は、玄人アイテム。
10)エアーマット/銀色のマット(なくてもいいけど、農村では床の上か、
竹でつくったベット、あるいは都市の安宿でも真中がへこんだマットが
ひかれていて、腰痛持ちには辛い。銀色のマットは安いし、広げれば
ピクニック気分・・・。)
11)NASA開発のエマージェンシーブランケット(ティッシュペーパーの
サイズにもかかわらず、いざというときに身体を包めば寝袋と同じぐら
い暖かい。万一の野宿のときに・・・。<=マラウィで実証済み)

移動や農村ライフをより快適にするために。現地調達可。
10)保温のできる水筒。やはり日本の我々には「お茶」「味噌汁」。力
がでなくなったときのための、癒しアイテムとして必須。お湯は農村の
お母さんやホテルのレストランに頼めば用意してくれる。
11)アーミーナイフ。スイスのものは実は使い勝手が悪い。100円シ
ョップの、栓抜き・ワイン抜き・ナイフ・缶開けがついたもので十分。
12)スプーンやナイフ、フォークひとそろい。
13)ステンレスのタッパー。コップにもなるし、味噌汁もつくれるし、
お皿にもなるし、移動の際のお弁当も詰められるし、レストランで残し
た食べ物もつめられる。今回は、ホテルのシャワーからお湯が出なく
なった際に、大活躍。

他にも色々あるけど、今日のところはこの辺で。エミちゃんの写真、
ダウンロードに時間がかかっているので、また明日。
[PR]
by africa_class | 2010-09-06 06:38 | 【新設】ゼミ生inアフリカ