ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

カテゴリ:【311】自然エネルギー( 16 )

明日17日14時~菅総理が自然エネルギーを国民と討論(生中継)

経済産業省が焦るはず・・・ですね。是非聴いてみてください。
ツイット質問もできるそうです。私は、ゼミ一期生のヤマナカ氏
の結婚式に行ってきます。(そうヤマナカ氏<-100名近くの
歴代ゼミ生で「氏」がつくのは彼だけ、結婚してすぐ、チリの鉱
山に行くのです・・・)

Kantei_Saigai 首相官邸(災害情報)
【自然エネルギー】6/12の「自然エネルギーに関する総理・有識者オープン懇談会」で寄せられた視聴者からの質問に6/19 14:00~菅総理が回答。テレビ電話で視聴者と対話も。全編ネット中継、今回もツイッターで視聴者の質問受付。詳細⇒ http://twme.jp/pmo/001h
=========================
自然エネルギーに関する
「総理・国民オープン対話」のご案内
http://www.kantei.go.jp/live/20110619.html
=========================
1.開催趣旨
 6月12日(日)に官邸に5人の有識者をお招きして開催された「自然エネルギーに関する総理・有識者オープン懇談会」は、ネット動画中継を通じて延べ15万人を超える方々が視聴され、ツイッターを通じて1万5千を超えるコメントや質問を頂きました。この結果を踏まえ、今週末、6月19日(日)に、官邸にて「自然エネルギーに関する総理・国民オープン対話」を開催いたします。
 これは、前回の「オープン懇談会」の最中にツイッターで投げかけられた主な質問を取り上げ、総理が直接にコメントや回答を述べることを通じて、多くの国民の方々との対話を試みるものです。
 また、同時に、全国各地でグループで会場に集まり、この「オープン対話」に視聴参加される方々とは、動画中継を使って会場と官邸を結び、メッセージの交換をさせて頂きます。
 今回の「オープン対話」も、前回の「オープン懇談会」と同様、ネットを通じてすべての動画中継を行い、ツイッターを通じてコメントや質問をお受けいたします。
 6月12日に引き続き、多くの方々に参加して頂ければ、幸いです。
[PR]
by africa_class | 2011-06-18 23:08 | 【311】自然エネルギー

自然エネルギー固定価格買取り法案、首相が決意表明←市民の大きな勝利(が、油断できず)

今日の午後は、横浜の戸塚にある明治学院大学で講演会をしてきま
した。福島のプロジェクトへの協力を呼び掛けてきました。学生さんや
教員の皆さんの前向きな姿勢に、感激でした。(が、帰宅に3時間か
かってしまった<電車の混乱>・・・ので疲れましたが)
 今週の水曜日の夜、国会議員会館でとっても面白いイベントがあり
ました。ツイッターでは紹介済みですが、「エネシフ(脱原発・新しい
エネルギー政策を実現する会)」主催の勉強会に、管直人首相が飛
び入りして大暴れしたそうです。
http://www.sustena.org/eneshif/
エネシフは、広告業界では知る人ぞ知るマエキタミヤコさん(サステナ
代表)がコーディネイトされているもので、マエキタさんは、外大の客員
教員もされたことがあります。「百万人のキャンドルナイト」の仕掛け人
でもあり、本学伊勢崎賢治先生と共に、「Jazz HIKESHI」などのイベ
ントも手掛けておられます。
 で、当日の様子は以下のU-streamでも観れますが、
■エネルギーシフト勉強会第二部(菅直人総理大臣の話・孫正義氏講演)
http://www.ustream.tv/recorded/15396926
NHKのダイジェスト録画映像が以下のサイトで観られます。これが、か
なり笑える・・(失礼)、面白い映像となっています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110615/t10013552251000.html
 この日、私も行くつもりでしたが、環境NGOのFOEさんのところで、
小規模地熱発電のプレゼンテーションを行う約束をしていたため、議員
会館には駆けつけられずでした。後から、議員会館でやってもよかったね、
といことでとっても残念!
 勿論、菅政権の原発対応については、許しがたい点が多いにあります。
現状においてもそうです。そのことの責任から、同政権関係者は一生免れ
ないでしょう。しかし、今、この政権をつぶしにかかっている業界・人たちの
面々(原発推進派)をみてみると、先日もこのブログで書いたとおり、もっと
大変なことになることが明らかです。
 今回明らかになった構造の問題を、このような大惨事を経てもなお、変
更しないのだとしたら、私たちは一体何のためにこの国の市民、有権者、
納税者でいるのか分かりません。こんなに沢山の方が亡くなり、避難を余
儀なくされ、農業も漁業も放棄させられる大災害だというのに、まだ自分た
ちの利益しか考えられない経済界・政治家・専門家たちは、一体何なので
しょうか??そして、それを黙って放置する私たちもまた、未来の世代にあ
わせる顔がないでしょう。
 ということで、菅さんにはお辞めになられる前に、構造転換を実現するた
めの基礎を固めてからお辞めになっていただきいましょう。そして、何より、
被災者の皆さんの生活再建、そして福島の子どもたちを第一に優先する
政策を、1日も早く実現させなければなりません。

■“電力買い取り法案”首相が決意
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110615/t10013552251000.html
菅総理大臣は15日夜、“脱原発”に向けてエネルギー政策の転換を目指す超党派の議員らの集会に出席し、自然エネルギーによる電力を電力会社が買い取る仕組みなどを定める法案について、「これを通さないと、政治家としての責任を果たしたことにならない」と述べ、今の国会で成立させる決意を示しました。
この集会は、エネルギー政策の転換を目指す超党派の議員や有識者ら350人が参加して、15日夜、国会内で開かれたもので、菅総理大臣が急きょ出席してあいさつを行いました。この中で菅総理大臣は、自然エネルギーによる電力を電力会社が買い取る仕組みなどを定める法案について、「すでに国会に提出されて何か月かたっていて、私も毎日のように、経済産業大臣や党の関係者に要請しているが、いろいろな力学があるのか、なかなかスイスイとはいかない」と述べました。そのうえで「自然エネルギーという選択肢を育てる、その一歩になるという、この法案だけは、私は何としても通したい。これを通さないと、政治家としての責任を果たしたことにならない」と述べ、今の国会で成立させる決意を示しました。また、ソフトバンクの孫正義社長が「土俵際で粘り通して、この法案だけは絶対に通してほしい」とエールを送ったのに対し、菅総理大臣は「国会には『菅の顔だけは見たくない』という人がいる。『本当に見たくないなら、早くこの法案を通したほうがよい』と説得する作戦でいこうと思う」と応じていました。

■首相、自然エネの固定価格買い取り法案成立に意欲
http://www.asahi.com/politics/update/0614/TKY201106140123.html

■菅首相:「顔見たくないなら、エネ法案通して」
http://mainichi.jp/select/seiji/archive/news/2011/06/16/20110616ddm002010080000c.html
[PR]
by africa_class | 2011-06-17 01:07 | 【311】自然エネルギー

脱原発・エネルギーシフトをめざす6・4シンポジウム ~これからの「未来」の話をしよう!~

私は平和学会で新潟に行くので参加できませんが、とっても面白い
イベントです。是非、参加してみて!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
脱原発・エネルギーシフトをめざす6・4シンポジウム
~これからの「未来」の話をしよう!
自然エネルギー主流のエネルギー政策は可能だ!~
http://e-shift.org/?p=473
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
「あんなにたくさんの人がタイヘンだったのに
 どうしてゲンパツをとめられなかったの?」
もしも、“未来”を生きる子供たちにこんな言葉で問われたら、
“今”を生きる私たちは、どうやって弁明するのだろう。
そもそも、「弁明すること」を考えること自体、
本当にいま、私たちがやるべきことなのだろうか。
“未来を生きる人たち”のために、
“今を生きる私たち”がやるべきことは?
「ゲンパツ当たり前」から「自然エネルギー当り前」へ。
自然エネルギー主流としたエネルギー政策を実現するための
ファーストステップ!「6・4シンポジウム」から始まります!
_/_/_/_/_/_//_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
【日時】 6月4日(土) 12:30 開会/20:00 閉会(予定)
【会場】 国立オリンピック記念青少年総合センター
カルチャー棟 大ホール(小田急線参宮橋駅より徒歩7分)
地図 http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
【参加費】1,000円(資料代)
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
【プログラム】
本シンポジウムでは、自然エネルギーを主流化するための政策を
提案し、議論するための5つのセッションをお届けします。
●セッション1 「福島現地からの訴え」
コーディネーター:満田夏花 (FoE Japan)
パネリスト:中手聖一(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク)
     大賀あや子(ハイロアクション福島)
福島の切実な叫びを直視しましょう! 20ミリ問題で何が生じている
か、最新の情報をもとに議論しましょう!!
●セッション2 「私たちのエネシフト宣言」
コーディネーター:
 マエキタ ミヤコ 氏(クリエイティブディレクター/サステナ代表)
 国会議員、経済界、自治体など各界からのエネルギー政策転換
の提案。これまでの原発推進一辺倒から変化が。
●セッション3 「私たちはエネシフト実現にむけて何ができるか」
 孫 正義氏、緊急アピール!(ビデオレター)
 コーディネーター:飯田 哲也(環境エネルギー政策研究所)
 パネリスト:宮台 真司(首都大学東京教授)
       平田 仁子(気候ネットワーク) ほか
 ゲンパツのない社会のリアリティ。
 「自然エネルギー」と「選べる電気」の時代を用意してきた
 キーパーソンが確かな解決策を提案します。
●エネシフ・ミニコンサート
 生田卍&So-So、AQUA
●セッション4 「エネシフ・素朴な疑問大会」
 コーディネーター:おしどり マコ(芸人)
 いま抱いている疑問を、思い切りぶつける時間。
 放射線のこと、電気のこと、自然エネルギーのこと。
 コメンテーターがバッチリ答えます。
●セッション5 「未来にむけての話をしよう」
 コーディネーター:小野寺 愛(ピースボート子どもの家代表)
 パネリスト:土谷 和之(A SEED JAPAN エコ貯金プロジェクト)
羽仁 カンタ(FLAT SPACE代表/エネルギーシフトパレード呼び
かけ人)林 良樹(安房マネー)
 次の時代を担う代表たちのセッション。
 どんな時代をつくるのかを考えます。
 会場からの意見も募集します!
●エンディング IZANAI踊り
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
【主催】A SEED JAPAN、環境エネルギー政策研究所、国際環境
NGO FoE Japan、脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会
(略称:eシフト)
*eシフトとは:
2011年3月11日の福島第一原発事故を契機に、脱原発と自然エネ
ルギーを中心とした持続可能なエネルギー政策を実現させること
を決意した、環境NGOなどの団体・個人の集まりです。
【申込み】こちらからご登録ください。(パソコンからを推奨)
http://tinyurl.com/42jwd8c
【問合せ】 国際環境NGO FoE Japan
tel: 03-6907-7217 fax: 03-6907-7219
URL: http://e-shift.org
http://twitter.com/#!/eshift
[PR]
by africa_class | 2011-05-25 12:39 | 【311】自然エネルギー

エネルギーも地産地消の時代!

最近、私たちの中では、「エネルギーの地産地消」がちょっとした
ブームです。この波続くと思われます。なので、是非注目を。
ということで、バイオマスの研究グループから来たリンクです。
さっきは太陽光発電を紹介しましたが、こちらはもっと発電効率の
高いバイオマス発電の紹介です。一番発電効率が高いのは、地熱
なんですが、適地ではない場所も多いので、小水力も含め重要。

◆菅首相「エネルギー基本計画、白紙から見直し」
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819481E3EAE2E3828DE3EAE2E7E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2
◆原子力代替エネルギーの研究を支援 首相が川勝知事と会談し説明
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20110512/CK2011051202000144.html
◆被災地廃材燃料バイオマス発電フル稼働ひたちなかバイオパワー勝田
http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=13055592605264
◆木質バイオマス発電活発化被災地のがれき処理 日本バイオマス開発
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110516/biz11051621190030-n1.htm
◆震災がれき、木材を再資源化=首都圏発電のバイオ燃料に-環境省
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201105/2011051400198
◆JBSL、2010年度バイオ燃料導入目的を達成
http://www.jbsl.jp/press/press110401.html
◆都市廃熱の有効利用へ検討開始/まちづくりと一体で再生エネ活用
http://www.decn.co.jp/decn/modules/dailynews/news.php/?storyid=201105180202001
◆環境省が復興の基本方針 再生可能エネの大胆な導入 資源性
廃棄物利用と静脈産業の拠点化など
http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2011/05/19-1979.html
[PR]
by africa_class | 2011-05-23 00:01 | 【311】自然エネルギー

孫社長、メガソーラー10か所検討(埼玉、関西連合が協力)

さきほど青森から新幹線で到着。5時半に出発し、11時着。
疲れましたが、仕事もはかどり、途中からはビール片手に研究の
大先輩の皆さんとおしゃべりし、楽しいひと時でした。話題はもっぱ
ら「原発」に、「ルワンダ」でしたが。
 しかし、泊まった「プリンスホテル」が、系列の「the Princehotel」
ではなく、「弘前プリンスホテル(な~んちゃってプリンスホテル)」で、
レトロな(聞こえはいいが古びた)蛇口に、レトロな絨毯で驚いていた
ら、夜にはなんと「断水」・・・。被災地ではないのですが、うーむ。
アフリカらしい・・・夜でした。さすが、アフリカ学会。ニクイ演出です。
 さて、本題は次の話題。今まで、ソフトバンク・・・正直評価低かった
のですが、今福島の活動にソフトバンクから携帯を何台も提供しても
らっていることもあり、「なかなかやるな・・・おぬし」ぐらいには上昇中。
 総事業費800億円・・。
でも、単なる慈善事業でやっているわけはありません!売電はもうか
るからです。ビジネスかノンプロフィットか、原発か自然エネルギーか
みたいな二元論的な時代ではないのに、政府も新聞も「後れてる」。
 もうかりながら地球と生命に優しいという両立を目指すのが、サス
テイナビリティ(持続性)においては重要なわけで、今断然注目すべ
きは、自然エネルギーです。これを制するものが、次の経済で優位
に立つことは10年以上前から言われていたのに、日本はその波に
乗るどころか、せっかく持っていた技術を放置。太陽光発電でも、
ドイツや中国においてけぼり・・・。
 古いタイプの技術、古いタイプの経済・メンタリティ、そして何より
利権構造が、実際のところ、日本企業の競争力(グローバル)を低
下させていることに、いい加減気づいたらいいのですが。
 なので、「企業人・起業人よ、続け!」ですね。
(今、実はこの動きをこっそり進めています。動きが形になったとこ
ろでご紹介しますね。)

■孫社長、メガソーラー10カ所検討  埼玉、関西連合が協力名乗り
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110522/biz11052200380001-n1.htm
 ソフトバンクの孫正義社長が、東京電力福島第1原子力発電所事故を受け、全国10カ所程度で大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設を検討し、埼玉県や近畿などの7府県でつくる関西広域連合が協力に名乗りを上げていることが21日、分かった。
 埼玉県の上田清司知事は21日、記者団に、ソフトバンクが79億円、県が1億円を拠出して県内に建設する方針で調整を進めていることを明らかにした。孫社長は関西広域連合のほか、神奈川県など10都県が参加する関東地方知事会との連携も模索している。総事業費は800億円規模に上り、各自治体に一部の負担を要請する意向だ。(後略)

■孫社長提唱の太陽光発電計画、埼玉県が参加方針
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110522-OYT1T00011.htm?from=tw
埼玉県の上田知事は21日、同県熊谷市内で記者団に対し、ソフトバンクの孫正義社長が提唱している大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設計画に、県が参加する方針を表明した。(中略)
 知事はさらに、今月に入って孫社長から参加を打診する電話を受けたことを明らかにし、「メガソーラーについては前からやりたいと考えていた。実行力のある埼玉県が、メガソーラーのモデル地域になっていく」と語った。(中略)
 これに関連し、知事は21日に熊谷市内で開いた「上田政治塾」の講演で、「省エネはものすごいスピードでやる必要がある。場合によっては特定の市や町などでモデルを作る。ゆっくりやっている場合ではない」として、福島第一原子力発電所事故を受けた電力供給体制の見直しが急務との考えを示した。
[PR]
by africa_class | 2011-05-22 23:47 | 【311】自然エネルギー

福島後のエネルギー政策by河野太郎x飯田哲也

先日、Hikeshiのトークイベントで使われたネイキッドロフトでのイベントで
知りました。行きたいのは山々ですが、体調が悪いのと本業の仕事がた
まり過ぎているので断念(今週末は日本アフリカ学会@青森で発表です
が、発表準備が出来ておらず・・・)。
 以下のサイトでリアルタイムで参加できますので、皆さんも是非どうぞ。
河野太郎さんについては、このブログでも先日紹介しています。
http://afriqclass.exblog.jp/12528106/
(自民党内の原発推進派「原子力守る」活動開始、面白い河野太郎さん
の反論)

■http://live.nicovideo.jp/watch/lv49015887
4/17にネイキッドロフトにて行われた、河野太郎×飯田哲也トークイベント
「福島後のエネルギー政策」が大反響を呼び、第二弾イベントが緊急決定!
ゲストに前・福島県知事で、知事在職中から国の原子力政策に疑問を投げ続けていた佐藤栄佐久氏をお迎えし、国と東電がひた隠しにする「原発のウラ事情」について、徹底的にお話を伺います!
【出演】
河野太郎(自民党衆議院議員)
飯田哲也(ISEP 環境エネルギー政策研究所所長)
【Guest】 佐藤栄佐久(前福島県知事)
※この番組はロフトチャンネル(ch264)の企画です。
◆現地で見たい方は
OPEN 18:00 / START 19:00
前売¥1500 / 当日¥1800(共に飲食代別)
[PR]
by africa_class | 2011-05-15 16:33 | 【311】自然エネルギー

福島県を自然エネルギー特区に・・復興会議で議論

今度は前向きな話題。復興構想会議で、次のような提案が出たそうです。
是非実現をしてほしいと思います。しかし、なぜか「地熱発電」はいつも挙
がりません。ポテンシャルは高いはずなのに・・・。発電効率は9割を超え、
ミクロ地熱発電なら、寂れた温泉を使ってすぐに着手可能。是非、地熱発
電に注目してほしいと思います。
引き続き、福島民友の記事です。

■本県を「自然エネルギー特区」に 復興会議で赤坂氏
http://www.minyu-net.com/news/news/0501/news11.html
(前略)委員の県立博物館長の赤坂憲雄氏は、本県を「自然エネルギー特区」とする構想を提案。会議後、赤坂氏は「福島県は原発事故に大変傷つき、復興のイメージを描けずに苦しんでいるが、原子力エネルギーから自然エネルギーへの転換のための実践的な拠点となるようなイメージだ」と説明した。
 太陽光や風力などさまざまな自然エネルギーに関する研究施設を県内に設置し、自然エネルギー推進の実践地域とすることが赤坂氏の念頭にあり、他の委員からも「むしろ福島県から東北全体に広げてもいいテーマ」と賛同する意見が出されたという。内堀雅雄副知事も「県の復興計画にも赤坂先生の意見を取り入れながら計画を描いていきたい」と前向きに検討する意向を示した。
(2011年5月1日 福島民友ニュース)
[PR]
by africa_class | 2011-05-01 17:24 | 【311】自然エネルギー

宮城県で、地元木材で復興住宅&エネルギーも自給へ

これまた前向きなニュースです。福島民友に24日に出ていた記事です
が、時間がなくて紹介が遅れました。実は、仮設住宅も、メーカーのも
のより、地元素材で大工さんが作る方が半額ぐらいの値段におさえら
れるそうです。「仕事の創出」、「創造的復興」をいうのなら、この段階で
ももっと、このような試みを後押しすべきところです!
***********************
地元木材で復興住宅を、宮城 エネルギーも自給へ
***********************
製材業者や自然学校などでつくるバイオマス燃料の普及・啓発団体
「日本の森バイオマスネットワーク」(宮城県栗原市)が、地元木材を
使った復興住宅の建設に乗り出す。木くずなどでつくる木質ペレットを
燃料にエネルギーを賄うなど、自立したコミュニティーづくりを目指す
と言う。
 同団体は震災後、灯油が不足した避難所にペレットストーブを設置
するなどの活動をしていたが、「緊急支援だけでなく、元の生活に戻
れるよう長期的な支援が必要」と判断した。まずモデルとして10世帯
程度の共生住宅を建設する意向。(後略)
***********************
文中に出てくる「日本の森バイオマスネットワーク」のサイトは次。
http://miyagibiomass.net/
同ネットワークに参加する栗駒木材さんが行っているペレットストーブ
の支援活動については次のサイト。
http://www.kurimoku.com/blog/?page_id=2
[PR]
by africa_class | 2011-04-29 23:23 | 【311】自然エネルギー

大阪府知事、原発の新規建設・延長を停止、代替策検討中

ソフトバンクの孫社長の動きについては既に紹介したとおりですが、
続く動きが自治体の長である橋本知事からも出てきました。関西人
からすると、「環境に優しくない大阪府」のイメージが強く、その大阪
府のトップがこのようなことを言い出しているのは、非常によいことだ
と思います。
 このような動きがどんどん、民・官に拡がるといいですね。しかし、
これらの従来「エコ」と思われてなかった著名人の動きに対して、市
民の側の動きが、まだまだ鈍い気がします・・・。
■「原発の新規建設・延長を停止」橋下知事、代替策検討へ
http://www.asahi.com/special/10005/OSK201104270142.html
大阪府の橋下徹知事は27日の記者会見で、節電や代替エネルギーを導入する政策を進めることで、関西で使う電力を供給する原子力発電所の「新規建設や、(老朽化した原発の)延長計画を止めにかかる」と表明した。今秋にも具体的な方策をまとめる。28日に7府県の知事らが出席して開かれる関西広域連合委員会の場で、他の府県にも賛同を呼びかけるという。(中略)
 橋下氏は、不足する電力を節電や太陽光発電など代替エネルギーでまかなうための具体策の検討を、府の各部局に指示した。(中略)
 原発依存の脱却と自然エネルギー転換を進める財団の設立を表明したソフトバンクの孫正義社長と26日に東京で会い、賛同を得たという。
[PR]
by africa_class | 2011-04-29 21:47 | 【311】自然エネルギー

再生エネルギーに関する前向きなニュース7つ。

アゴラグローバルに30分いたために、化学物質過敏症の私はか
なりやられてしまい、今頭がくらくらしています。困りました。シック
ハウス、シックスクールへの配慮もまた、この国には必要ですね。
 さて、暗い話題が多いので、前向きな話題を7つ。BIN(バイオマ
ス産業社会ネットワーク)からの情報提供です。

◆再生エネルギー、原発抜く 昨年の世界発電容量 風力や太陽光 米シンクタンク報告
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/286420.html
◆電力回復、再生可能エネで 低コストで早いと米シンクタンク
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/287435.html
◆ソフトバンクの孫社長、自然エネルギー財団を設立へ
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819499E0E3E2E29D8DE0E3E2E6E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E4E1E2E5E0E6E2E0E7E2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2
◆気候ネットワーク「CO2排出量25%削減、原発頼らず可能」
http://www.asahi.com/national/update/0419/TKY201104190514.html
◆銭湯守った薪ボイラー 八戸の寿浴場、震災直後も営業
http://www.asahi.com/national/update/0413/TKY201104120714.html
◆エネルギー自給型の復興を目指す
http://csnet.asia/archives/4734
◆3.11 後の原子力・エネルギー政策の方向性~二度と悲劇を繰り返さないための6戦略~
http://www.isep.or.jp/images/press/ISEP_StrategyNo2.pdf
[PR]
by africa_class | 2011-04-25 19:14 | 【311】自然エネルギー