ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

カテゴリ:【院】アフリカゼミ( 11 )

自分で答えを出すことを恐れずに

今日は修士論文提出まで1か月を切って追い込まれている院ゼミの
3名の指導と、津田での国際ボランティア論の授業でした。力尽きて、
行くはずだった外務大臣主宰の中東アフリカ大使会議レセプションに
は行き着けず・・・。
 授業をするとこんなに疲れるのって、私だけなんだろうか。移動があ
ったとはいえ、心身ともに疲れます。でも、悪い疲れではなく、全速力
で中距離を走り終えたようなすがすがしさ。
 でも、気になるのは、みなが私に「答え」を求めているように感じるこ
と。その前提には、「正解」があるという絶対的な信念がないでしょう
か?
 実のところ、「正解」は一つもないと私は思います。あるのは、色々
な視点にたったいろいろな考え方。そこが、社会科学が他と違う最大
の特徴でしょう。
 私が、「教えない」からといって、イライラしないでね。あるいは、教育
を放棄していると思わないでね。私が考える「答え」を話すのはとって
も簡単です。でも、そうすると、みなはそれ以上考えないのではないで
しょうか?
 結局のところ、大学・大学院の役割は、みなが自分で持った問いを
多角的にこれまでの研究基盤を学び、それぞれなりのやり方でアプロ
ーチする手法を身につけられるようなお手伝い。問いも、アプローチも、
答えも無限です。
 先生の一つの問い、アプローチ、答えなんて知っても、社会に出て
なんの役にも立たないでしょう。だから、先生に答えを期待するのは、
はなから止めて、むしろ先生が驚くような問い、アプローチ、答えを
示してみて~。
 じゃあ、先生の役割は?先に苦労したものとして、その道筋を示す
ことかな?
[PR]
by africa_class | 2011-12-15 21:12 | 【院】アフリカゼミ

来年度大学院ゼミ合格者は連絡を

連投ごめんなさい。忙しすぎて、なかなか連絡できませんでした。
秋季の大学院入試で私のゼミを希望して合格した方は、連絡して
ください。
 他ゼミ、あるいは他大学から来る人の中に、入学後相当指導が
必要な人が多いため、入学前にかなり勉強してもらった方がよさ
そうです。また、現在の院ゼミの見学と、今後の勉強方法などの
調整をしたいと思います。
 以上、今週なら比較的余裕がありますので、火曜日までに連絡
をください。また、入試の際に送った研究計画書と現在まで書いて
いる論文を添付するようにしてください。
[PR]
by africa_class | 2011-12-05 02:03 | 【院】アフリカゼミ

アブディン君(スーダン出身、博士後期課程)が来年度から特別研究員に&11日日本国際政治学会で発表!

このブログでもしばしば紹介している博士後期課程在籍のアブディン君。
すでに7年の付き合いになりましたね。出会った頃から二人して漫才のノリ
でしたが、今では「あうん」の呼吸がすごすぎる私たちです。その間に、ア
ブディンは修士課程に進み、NGOを創り、日本語でコラムを書き、ブライ
ンドサッカーで世界にデビューし、素敵な奥様と赤ちゃんが生まれ、あとは
なんとかちゃんとした仕事を・・・と願うばかりでしたが、ついに日本学術振
興会の特別研究員に来年度から着任することになりました~。
 おめでとう!アブディン!これで、毎年のあの申請前のバタバタ、徹夜
から私も解放される!!(はず・・・)これで、研究その他(!)に専念でき
るね、アブディン。本当におめでとう。なんとか2年で博論追われるよう(誤
字ですが、いささか現実みのある誤字ですね・・・)、否、終われるよう、が
んばりましょう。
 さっそく今週末には、日本国際政治学会デビューです。(私も・・・なんだ
けど、それはさておき)いきなりの部会報告なんで、さすがに事前準備を
怠らずがんばろうね。応援に来たい人、ぜひ11日午後につくばへ!
■日本国際政治学会11月11日~13日(つくば国際会議場) 
http://jair.or.jp/event/2011index.html
■スーダン障害者教育支援の会(CAPEDS)*アブディン代表
http://capeds.org/default.aspx
========================================
日本国際政治学会2011年度研究大会共通論題・部会プログラム
プログラム(長いのでアブディンのやつだけ抜粋)
========================================
11月11日(金)
午後の部会 13:00~15:30
部会4 世界金融危機と平和構築のグローバル政治(自由論題部会)
司会 清水耕介(龍谷大学)
報告 杉之原真子(上智大学)
「世界金融危機後の国際政策協調―グローバル・レベルと地域レベル」
神江沙蘭(明治大学)
“Politics and Responses to the 2008 Global Financial Crisis:
Germany’s Dilemma in the European Union”
古澤嘉朗(関西外国語大学)
「平和構築における警察改革のジレンマ―ケニアの警察活動の構造に着目して」
モハメド・オマル・アブディン(東京外国語大学大学院)
“Peace Agreements as Means of Political Exclusion: An Analysis
of the Political Context of the Sudanese Peace Agreements”
討論 櫻井公人(立教大学)
山根達郎(大阪大学)
[PR]
by africa_class | 2011-11-06 22:51 | 【院】アフリカゼミ

あまりに可愛いアヤちゃんです。

本日も猛暑。クーラーなしの生活が続きますが、慣れるとどって
ことないから恐ろしい。今朝は室温28度で湿度が80%!で開始。
ピークは室温32度だけれど、湿度が60%で風もあるので、過ごし
やすいです。(私には・・・)
 そんな暑さの中、博論の英語化の最終段階にチャレンジ中。序
の訳文の直しをしているのですが、まさかの18,000words。訳者
泣かせな序で、本当にすみませんです・・・。昨日から20時間近く
作業しているのに、まだ半分(しかもただの見直し・・・)。訳者の苦労
が偲ばれます。埋め合わせはこれから!

 さて、本題のアヤちゃん。アヤちゃんを知らないあなたは、もぐり
です!あまりにカワイイので皆さんにもお裾分け。赤ちゃんを抱く
だけで、幸せな気分になります。電車に乗ってると、つい人の赤ちゃ
んにちょっかいを出してしまいそうになる私です・・・。アフリカなら
アリなのに!(ちなみに、あやちゃんいきなり目覚めてびっくり!)
a0133563_16262280.jpg

アヤちゃんについては、是非アブディン君の紹介記事の全文をどうぞ。
全文掲載は著作権上できないので、一部だけ抜粋します。でも、アヤ
ちゃんについては当然掲載!アヤに漢字を付けてと言われましたが、
やっぱりなしのままがいいね~、アブディン。そういえば、昨日の講演
会どうだったんだろう・・・。
http://astand.asahi.com/column/hito/
「祖国スーダンを案じ、日本で「平和構築学」を研究する」
ムハンマド・アブディンさん(33)
アフリカ最大だったスーダンの国土は9日、南部独立によって二分される。南部は歓喜にわいているが、北部はどうなってしまうのか。東京外語大大学院で「平和構築学」を学びながら、祖国の行く末を案じる。
北部の首都ハルツーム生まれ。12歳で病気のため視力を失い、19歳の時、視覚障害者を支援する団体の招きで来日、福井の盲学校で点字や針灸などを学んだ。だが、ふるさとに思いをはせると、平和を築くための学問を痛切に学びたくなった。日本の財団から奨学金を受け、研究者の道を選んだ。(中略)
3月末、日本で、スーダン人の妻との間に長女が誕生した。アラビア語で「素晴らしいもの、奇跡」を意味する「アヤ」と名付けた。「アヤの未来のためにも、祖国にできる限りのことをしたい」
[PR]
by africa_class | 2011-07-09 16:34 | 【院】アフリカゼミ

アブディン君が、今朝の朝日新聞の「ひと」欄に登場!

アフリカ・ゼミ2期生で現在博士課程に在籍中のアブディン君が、
今朝の朝日新聞の「ひと」欄に載っています。ウェブ版では探せ
たので、以下ご覧ください!(リョウくん2号ありがとう)
http://astand.asahi.com/column/hito/

明日(金曜日)の夜、アブディン君が講演者を務めるセミナーが
開催されます。是非、お誘いあわせの上、ご参加ください。
http://afriqclass.exblog.jp/12998620/
参加できない場合でも、彼が代表を務める「スーダン障害者教育
支援の会」を是非応援ください。(団体詳細は末尾です)
=======================================
中東情勢セミナーのご案内 2011年7月8日(金)19:00~21:00
「スーダンはこれで平和になるのか? ~新国家、旧国家の挑戦~」
■場所:日本財団ビル2階 A会議室
(地下鉄銀座線・虎ノ門駅、または溜池山王駅より徒歩5分)
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
■講演者:モハメド・オマル・アブディン
 (東京外国語大学大学院(平和構築学))
■コメンテーター:武内進一(JICA 研究所 上席研究員)
■参加費:1,000円(資料代込)
(スーダン障害者教育支援の会 会員様は500円となります)
■定員:50名(定員になり次第締切とさせていただきます)
■主催団体:特定非営利活動法人スーダン障害者教育支援の会
 日本在住のスーダン人全盲留学生を中心に、2008年からNPO法人として活動。スーダン北部を中心に、障害を持つ子どもや大学生の教育支援を行う。また、スーダンに初めてブラインドサッカーを紹介し、初のチーム立ち上げに関わる。ホームページ: http://capeds.org/
facebookファンページ: http://www.facebook.com/capeds
twitter: http://twitter.com/capeds
[PR]
by africa_class | 2011-07-07 11:30 | 【院】アフリカゼミ

アブディン君に赤ちゃん誕生!

博士後期課程に在籍しているスーダンからの留学生、アブディン君
に昨日、赤ちゃんが生まれました。アワディさん、がんばりましたね。
疎開先の北九州で生まれた赤ちゃん。AYAちゃんと名付けたそうで
す。
 地震から津波、原発事故・・・と不安な日々だったと思います。安心
してお産が出来る遠い九州に行けたのは本当によかった。出産間近
だっただけに、本当に安堵しました。アレンジしてくれた正子ちゃん、
本当にありがとう。九州の皆さんによろしくお伝えください。
 どんな時にも、新しい命の誕生には、震えるような感動を覚えま
すね。よりよき未来に向かって、力をあわせなければなりません。
Aya-chan, welcome to this world!!
[PR]
by africa_class | 2011-03-26 14:27 | 【院】アフリカゼミ

院の卒業式!

そして、お昼を食べる間もなく、大学院の卒業式がはじまりました。
とはいえ、とっても少ない!

でも、26言語の卒業の祝辞を延々と聞くより、別々のほうが良かった
かな。中里君、卒業おめでとう!!!
a0133563_18432684.jpg


大学院の卒業生追いだしコンパは、今城君がシエラレオネから帰って
きてから、4月にやりましょう。院卒業生のセリちゃんが、銀行を辞めて
JOCVでセネガルに行くことになりました。セリちゃんの壮行会もかね
て、皆で久しぶりに集まりましょうね。
[PR]
by africa_class | 2010-03-28 18:45 | 【院】アフリカゼミ

後期の授業予定

大学院ゼミも再稼動。といっても、まだアフリカにいる院生
もおり、なかなかフル稼働にはなっていませんが。忘れる前
に後期のシラバス書いておきますね。

■修士論文執筆中の中里君は毎回発表!
■最初に、研究発表(修士や調査に関するもの)
■次に、自分がなぜこのテーマで研究するのかについての
「問題の所在」をはっきり獲得するためのウォームアップ。
■社会調査法についてのウォームアップ&トレーニング。
■随時、修士論文テーマについての発表

*11月10日の学部ゼミでアフリカ国家論についての概論
の授業に院ゼミ参加者も参加すること。場所は333号室。
4限。図書は『アフリカ国家を再考する』(川端正久編)

10月19日:三浦さん研究発表
10月26日:寺田くん調査研究発表
11月2日:今城くん調査研究発表
11月9日:三浦さん調査出発前報告
       『自立の援助』(寺田くん)
11月16日:『当事者主権』(今城くん)
11月30日:『参加型開発のフロントライン』の批判的読書
       (全員議論)
12月7日:『社会調査のウソ』(今城くん)
12月14日:休講→代講を21日に予定(寺田くん、今城くん)
*中里君の修士論文の添削
1月18日:三浦さん調査結果発表
1月25日、2月1日、2月8日:『グローバル・ローカリティ』
(三浦さん、寺田くん、今城くんで分担)

*2月2日と9日に学部ゼミで社会調査法のトレーニングをする
ので、院ゼミ参加者も参加。
[PR]
by africa_class | 2009-10-19 17:15 | 【院】アフリカゼミ

打ち上げ&男の料理

出発前の2週間は、またしても殺人スケジュールになってしまった。
しかも、実家の父の状況が悪く、出発前日まで関西に帰えろうとした
ために、ますますもってバタバタ・・・出発となってしまった。なんとか
すべて終えて出発できたから良かったけれど。

ということで書こうと思っていたことを今頃書いていますがお気になさ
らず。23日の振り替え授業の後、大学院のアフリカゼミに参加してい
る皆さんが拙宅に集い、打ち上げをしました。お料理は大学院ゼミの
皆でよろしく~だったのですが、院ゼミ生が慌てた。
よく考えると男ばかり・・・。しかも、紅一点はサッカー部。
私的には、「関係ない」だったのですが、真夏だというのに「鍋料理」
????!!!!必死にそこは却下。

しかし、ふたを開けてみると、み~んな料理得意だったのです。よし、
よし。ということで、出来上がった料理とパチリ。ほらこの豪華さ!
a0133563_16572671.jpg

とはいえ、約一名・・・いました。生まれて初めて大根の皮を剥いた、
豆腐を切った・・・という輩が。なぜか大根を鉛筆を削るように削り出し
たときには、目が「点」に。確かに危なくはないが・・・なぜか怖い。
a0133563_1658457.jpg

正しくは、こちらでございます。はい。

昔は確かに男の子も料理をせずにすんだ。でも、時代は変わった。
今は料理のできる男の子の需要は高い。というか、できて当たり前の
時代が到来。我が家でも、2歳の誕生日に息子に包丁をプレゼントし、
彼の得意料理「豚肉の野菜炒め」は最高(!)などと、自慢してみる
(ごめん)。

とはいえ、最近は料理ができない女の子も増えてきた。私の姉は、
味噌汁もつくれないままお嫁に行き、現在に至る。
今からでも遅くない!男性・女性諸君。勉強もしてほしいけど、お料理
がんばりましょう!
[PR]
by africa_class | 2009-07-30 17:02 | 【院】アフリカゼミ

アフリカ調査に行くにあたっての事前準備・持ち物

昨日は大学院ゼミの打ち上げ会でした。
今年、現地調査に行く学生も多く、色々な質問が出ました。

確かに、こういう情報って、どこにも載っていないな・・・と気づきました。
とはいえ、私も誰かに教えてもらったり、読んだりしたわけではないで
すが、昨日のやり取りで、あまりに皆が「先進国以外」の旅をしたこと
がないことに驚いたので、思いついたことを書いておきます。
が、アフリカといえども非常に多様で、国によって、国の中でも場所に
よって(都市か農村か、海沿いか内陸部か)相当に違うので、各自で
責任を持って調べてからお出かけください。

1.事前準備
・チケットは、アフリカの国内路線の予約を日本からするのが難しい
場合が多いので、アフリカ旅行専門の道祖神をお勧めします。
(私の担当は紙田さんで、超仕事の速いお姉さんです)
・ビザは、1週間はかかるので、抜かりなく申請を。
・国際免許は、いざというときのために持っておく。(そもそも国内
免許のない人は無視してください。なお、アフリカではマニュアル車
しか走ってないので今から免許を取る人はマニュアル車で。国際
免許は当日発行されます)
・予防注射は早めに。場合によって、何本も打つ必要があり、早め
に打ち始めるに越したことはありません。その国自体に黄熱病が
なくても、経由地次第では黄熱病の予防接種の証明書が必要な
ので、各国の大使館に問い合わせる。
・狂犬病は打っておいたほうが良いでしょう。その他にも、破傷風、
A型肝炎、髄膜炎等、たくさんの予防接種があります。自己責任で
よく調べて対応を。
・マラリヤ予防薬は、出発の1週間前から飲まなければなりません。
どこでも処方してくれるわけではないので早めに準備を。
・最近は、アフリカの農村部でも、地方都市なら銀行のATMがある
ことが多いです。日本の銀行カードでこれまで使えたのは、三菱
東京UFJカードです。(モザンビークとザンビア)
・クレジットカードもいざというときに必要になるので、作っておきま
しょう。(その代わり、盗られたときのために番号・期限・いざという
ときの連絡先など別の紙に書くのと、留守宅に残しておきましょう)

日本からのお土産:
・日本からのお土産は、必ずMade in Japanを。中国製を持っ
ていかない。たとえば、500円~1000円程度の腕時計が喜ば
れます。あとは、何色か入ったボールペンや、折りたたみのナイ
フが喜ばれます。
・日本料理を作ると大変喜ばれます。海のそばなら、やはり手巻
き寿司。魚がなくてもアボガドやツナ缶が手に入りますので、すし
粉、のり・わさびは必需品かも。後は、どこでも出来るのがお好み
焼きです。卵・キャベツ・小麦粉は本当にどこでもあります。自分
で作ったことのないあなた、作り方マスターしておきましょう。持参
すべきは、お好み焼きソースです。マヨネーズは現地調達可能。

荷造りについて:
・スーツケースかバックパックかで悩んでいるあなた。おそらく、
車を借り上げるお金は学生なのでないと思いますので、現地の
交通機関を使うことになります。それは、すし詰めのミニバスと
か、ヒッチハイク(お金を払うけど)となりますので、バックパック
でないとかなりまずいでしょう。
・バックパックであってもファスナーのところに南京錠などで鍵
をかけましょう。自転車用のチェーン(鍵つき)があれば、現地
でベットなどにバックパックを縛り付けられるので便利です。
(ナイフで切られると仕方ありませんが)
・アフリカでは、輸入品に関税がかかる国が多いです。電化製
品やテープや電池などでも新品のままだと関税をかけられます。
必ず袋から出して、使用後であることを明確に。

もって行くべきもの一覧:
・体温計
・ファーストエイドキット(中身の補充点検忘れずに)
<あれば・・・いざというときのために>
・寝袋(夏用*ホテルに泊まるつもりでも、虫がいることがある
ので、シーツ代わりに是非持参ください)
・蚊帳(私はドーム状のものを使っています。蚊以外の虫やねずみ
対策になるのでありがたいですが2万円ほどします)
・虫除けスプレー&蚊取り線香(電気のものは使えないことが多い
ので原始的なもので)
・虫刺され後スプレー
・長袖・長ズボン(白っぽい色のもの<蚊対策>)
・女性なら腰に巻く布(現地調達)
・複数枚靴下(白で長めのもの<現地で売ってないことが多い>)
・日中活動用の半そで・半ズボンも
・サンダルは靴下を履いて履けるもの
・運動靴
・帽子(どんなものでも<黒はやめておこう>)
・ペンライト(小さい)
・充電器や変圧器(あれば)
・アダプター(コンセントの先っぽ。英国式と大陸ヨーロッパ式あり)
・大き目のビニールぶくろ(ゴミ袋でも可能・しっかりとしたやつも)
・アフリカは冬で夜は寒いのでウィンドブレーカー的なものは忘れ
ずに(雨具にもなれがなおよし)。
・電池やテープ・CDRなどは現地では非常に高いです。必要そう
なら持参を。(その際、カバーを取るのを忘れずに)
・メモリースティック(フラッシュ)
・小分けの袋(透明なものとか、網状のもの)
・布テープ(これはかなり必要。向こうは紙テープやセロテープ
しかない)
・ウェットティッシュ(これはかなり役立つ)
・手ぬぐい(タオル)(アフリカにはこのサイズがかなりない)
・化粧水は日本以外では売っていません

お金について:
・マネーベルト(首ぶら下げ版か腰巻版)を使いましょう。
・アフリカでは基本的にドルが流通しています。西アフリカは
ユーロが喜ばれることも。南部アフリカならランドが。でも、
基本はドル。(100ドル札が高いレートで換金できますが、
小さいお金も結構必要です)

通信手段:
・外国で使える携帯(あれば)の後ろのチップを買えば、すぐ
に使えます。チップ(SIMカード)は大体300円~500円で、
番号がついてきます。プリペードカードで通話料は払います。
・大体の町にインターネットカフェがあります。簡単に見れる
メールアカウントを用意しておくとよいでしょう。日本語がみ
れないPCがほとんどですので、英語で表示されるサイトで
アカウントを作っておきましょう。GmailやHotmail。
ヤフーは動画が重すぎて使えません!
・自分のPCは持ち歩かないほうが良いです。
・日本との連絡はスカイプなら無料です。日本の家族や友人
恋人には、スカイプアカウントを取っておいてもらいましょう。
すべて無料でダウンロードできます。音が聞けなくても、
チャットは大体うまくいきます。
・また、日本のスカイプから、アフリカの携帯のショートメッ
セージにメッセージをおくることができます。(チャットに
入力して、番号に送るだけ。ただし、有料です)
・スカイプの有料サービスを使うにはクレジットカードが必要
です。アフリカで入力するには若干心配なものがあるので、
こちらで入手しておきましょう。

皆さんは要らないだろうけど、私は持っていくもの:
・調査で使うICレコーダー
・枕(車に乗っているときに座布団にもなる)
・コルセット(オフロードの運転をするとかなりやられる)
・スカイプヘッドセット

大体以上です。
もっとあると思いますが、自分の準備もあるのでこの辺で!
危険についてのレクはまた別途。
[PR]
by africa_class | 2009-07-24 19:06 | 【院】アフリカゼミ