ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

<   2009年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

竹&連れとの闘い

竹(というか竹をめぐる連れと)の闘い・・・については前のブ
ログで紹介した。知人・友人が「大変ねえ~」とメッセージを
よこしてくれたが、それが「繁殖する一方の竹」についてなの
か、「連れ」についてなのかは、今だもって不明。
http://africaclass.blog.shinobi.jp/Category/21/
 しかし、母がかつて「男は胃袋(つまり、美味しいご飯を作
れば我が物になったも同然)」といっていたのに習うと、「男に
は経済メリット」である。経済効果で数字に表れる形で示せば、
すんなり説得できることが多いからだ。確か、アフリカに行き
たくて、行きたくてしょうがなかったのに、お父さんに反対され
ていたゼミ生も、説得に成功したのは、企画書提出後であっ
たという。
 *ちなみに、最近の我がゼミを見ていると、男性陣の方が
料理が上手かったりするので、母の格言は使えないかも。
逆に、料理ができるのが男性の「うり」にもなりつつあるよう
で、うちの海くんも今から特訓中。(豆腐を手のひらにのせて
切るのが一番好きだという・・・が・・・なぜ!?)
 で、金融危機で仕事が減った連れは、「自給自足」の生活
にやっと真剣に取り組もうと思い立った。それまで、カーボン
フットプリント(フードマイレージ、ポコ)なんていっても、地産
地消といっても、「でも僕のかわいい竹ちゃん・・・」的な発言
をしていたというのに、変われば変わるものだ。
 しかし・・・気分は一呼吸おくだけで変わるものだが、「竹ちゃ
ん」はそういうわけにはいかない。なんせ、地中に伸びる根っ
ことの闘いはそう簡単なものではないからだ。掘っても、掘っ
ても、まだビクともせず~。横で、「ほらね~だから言ったの
に~」と愚痴る私はやはり意地悪だ。
a0133563_16552851.jpg

 しだいに本腰を入れる「連れ」・・・汗が吹き出る。
a0133563_165453100.jpg

 しかし、竹を切ると、後が大変。その後の竹をどうするかは
課題。ここの土は水はけが悪いので、竹炭を作って、土を混
ぜようと思いつき、竹炭&笹の葉を燃やす・・・が、燃えすぎ。
喜ぶ連れ、怖くなって泣く我が子。なんなんでしょうね。 
a0133563_16552339.jpg

ということで、いい感じに秋撒き野菜の畑スペースが出現。
現在、「たね屋」の在来種水菜とネギ、コリアンダー、人参
の種をまいたところ。楽しみだ。
a0133563_16554184.jpg

[PR]
by africa_class | 2009-09-30 17:18 | 【記録】エコの限界に挑戦

グローバルフェスタ出展アフリカ団体

ブログをいつもご覧くださり、ありがとうございました。
意外に皆さん見てくださっているということが分かり、嬉しい
やら、恥ずかしいやらですが、週末のグローバルフェスタ
(通称グロフェス)に出展するアフリカ関係NGOはどれか
とのお問い合わせを受けました。

確かに、前回投稿したサイト(団体一覧)を見ても、アフリカ
で活動しているか否かは明らかではありませんね。しかも、
今ひとつずつ抜き出して数えたら、私の知っている団体だ
けでも30を超えていました。
http://www.gfjapan.com/web/02_place/ngo.html

ということで、以下抜き出しておきます。
是非、全部訪問してみてください!(本当は、アフリカで
活動するNGOだけでスタンプラリーなどをしてくれれば良
いのですが!去年は同じロゴを貼ったりしたのですが)

(特活)サパ=西アフリカの人達を支援する会
(特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)
認定NPO法人 日本ブルキナファソ友好協会
日本国際飢餓対策機構
グローバル・ヴィレッジ
(特活)カラ=西アフリカ農村自立協力会
(財)オイスカ
学校法人 アジア学院
特定非営利活動法人 メドゥサン・デュ・モンド ジャポン(世界の医療団)
日本リザルツ
NGOアフリカ友の会
財団法人 ジョイセフ
(特活)シェア=国際保健協力市民の会
特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン
(特活)AMDA社会開発機構
特定非営利活動法人ジェン
(特活)ジャパン・プラットフォーム
緑のサヘル
(特活)アフリカ地域開発市民の会(CanDo)
タンザニア・ポレポレクラブ
アフリカ理解プロジェクト
アフリカと神戸俊平友の会
第3世界ショップ基金
FGM廃絶を支援する女たちの会
特定非営利活動法人 NICE(日本国際ワークキャンプセンター)
NPO法人 ミレニアム・プロミス・ジャパン
特定非営利活動法人 キ・アフリカ
アジア・アフリカと共に歩む会
サイディア・フラハを支える会
ザンジバル柔道基金
(特活)ワールド・ビジョン・ジャパン
(特活)アフリカ日本協議会
(特活)ハンガー・フリー・ワールド
(特活)ACE
ピースボート UPA国際協力プロジェクト
財)日本フォスター・プラン協会(プラン・ジャパン)
認定NPO法人 難民を助ける会
[PR]
by africa_class | 2009-09-30 16:42 | 【紹介】アフリカ・イベント

後期「アフリカ文化論」、金から開始

もう9月も後2日になってしまいました・・・。10月2日(金)からは、
皆さんお待ちかねの隔年授業、「アフリカ文化論」by鈴木裕之先
生(国士舘大学)が始まります。一昨年は、101大教室に入りきれ
ないほどの学生が押し寄せた伝説の超面白授業です。お見逃し
なく!(今回も101教室で実施となります)
===========================
3147 欧米第一地域社会論 2 単位
アフリカ文化論Ⅱ 後期 金 2
鈴木 裕之
授業の目標
「音楽」を通して、アフリカ文化を理解する。
授業の概要
まずはアフリカ社会における音楽文化の諸相について紹介。さら
に奴隷貿易を通して新世界に広がっていったアフリカ系音楽の展
開について概観し、アフリカ音楽の世界的広がりについて理解を
深める。映像資料を多用。

第1回 イントロ(授業の進め方、など)
第2回 アフリカ音楽1:共同体と音楽
第3回 アフリカ音楽2:社会活動と音楽
第4回 アフリカ音楽3:声の文化・音の文化
第5回 アフリカ音楽4:サリフ・ケイタ
第6回 アメリカ音楽1:海を渡ったアフリカ音楽
第7回 アメリカ音楽2:初期の黒人音楽(ブルース、ジャズ、ゴスペル)
第8回 アメリカ音楽3:ロックの誕生
第9回 レゲエ1:ジャマイカとラスタ
第10回 レゲエ2:レゲエの成立
第11回 レゲエ3:ボブ・マーリー
第12回 ストリート音楽1:ヒップホップ
第13回 ストリート音楽2:アフリカの場合(1)
第14回 ストリート音楽3:アフリカの場合(2)
第15回 まとめ
[PR]
by africa_class | 2009-09-29 16:42 | 【紹介】アフリカ・イベント

週末、グローバルフェスタ

今週末、10月3日ー4日10時~17時まで、日比谷公園で
グローバルフェスタが開催される。アフリカ関係のNGOも
多数出展するので、是非顔を出してみてください。
当日ボランティアを募集している団体もあると思うので、
調べて情報アップします。

土曜日15時~16時の国際協力について語ろうコーナー
では、テーマ「アフリカについて語ろう」が企画されています。
『アフリカについて語ろう~今こそアフリカ支援~』
モデレーター: 道傳愛子(NHK解説委員)
パネリスト: 中野美奈子(フジテレビアナウンサー)
木寺昌人(外務省国際協力局長)
岡村善文(在コートジボワール大使)
・・・・しかし、外務省お手盛り企画・・・ですね。
どうして、アフリカで活動しているNGOやアフリカ人に出て
もらわないんでしょうね。

気を取り直して、NGO出展一覧を見ると、アフリカ関係の
NGOが10団体近く入っているので、是非たずねてみて
くださいね。
http://www.gfjapan.com/web/02_place/ngo.html
詳しいプログラム、場所案内は次のサイトで。
http://www.gfjapan.com
[PR]
by africa_class | 2009-09-29 12:41 | 【紹介】アフリカ・イベント

ケニアでのインターンシップ

ケニアで教育支援を行っている老舗NGO・CanDOからケニア
でのインターンシップの案内が届きました。アフリカ・ゼミの学生
も1年間頑張ってきました。ふるってご応募を。

■■■■■国際開発協力NGO・CanDoインターン(ケニア)募集
(特活)アフリカ地域開発市民の会(CanDo)は、ケニアの村落地
域において 教育・保健・環境の分野で開発協力活動を実施してい
るNGOです。CanDoは、 ケニアでの活動に従事するインターンを
募集いたします。スタッフの業務 補佐を通じてNGO活動の実務を
学び、将来にわたり国際協力に携わる意志 ある方のご応募をお待
ちしています。

インターン募集説明会を、10月4日(日)13時より、グローバルフェ
スタJAPAN会場内のワークショップターフで行います。ブース出展
もしますので、ぜひお越しください。詳しくは、団体ウェブサイトをご
覧下さい。

●業務内容
当会スタッフの業務補佐
(補佐の対象となる業務の例: 村落開発事業(教育・保健・環境)
の調整 行政・地域住民・他機関との折衝・モニタリング、事業運営
上の物品調達 や手配、事務所間の連絡、活動や会議等の記録、
助成金等の申請書・報告 書の作成、ナイロビ事務所の総務・会計
事務、など)

●応募資格
・当会の活動原則や事業実施の姿勢について会報、ホームペー
ジ、報告会等 を通じて理解・賛同し、業務に反映させる意欲のあ
る方(当会会員でない方 は、採用決定後に一般会員または賛助
会員としての入会をお願いします) ・将来にわたり、国際協力に
携わる意志のある方 ・応募の時点で20歳以上で、他のスタッフ
との共同生活、途上国の村落地域 での生活に適応できる方
・英語による日常会話、基本的なパソコン操作(Windowsおよ
びMS Office) ができ、どんな業務にも真剣に取り組む方
●勤務地 当会ナイロビ事務所および事業地(ムインギ県)
●勤務期間 2010年1月初旬から2月中旬に渡航、6か月間の
専従勤務
●募集人数 2、3名程度
●待遇
・滞在費補助の支給(当会規定による)、宿舎(事務所併設)の提
供、海外 旅行傷害保険への加入。
・上記以外の諸経費(旅費、ビザ代、予防接種費用、食費、業務
外の交通・ 通信費、補助額を超える滞在費など)は全て自己負担。
・インターン終了後、東京事務所またはナイロビ事務所スタッフとし
て登用 の可能性あり。
●選考・応募の方法
・選考方法: 書類(1次)および面接(2次:東京)
・応募方法(以下の書類を作成の上、原則としてEメールにて送
付のこと)
* 履歴書(書式自由。但し、渡航可能な時期を明記のこと)
* 課題作文「アフリカの将来と私」(A4紙1枚)
・応募締切: 2009年10月14日(水)
●問い合わせ・応募書類の送付先:
(特活)アフリカ地域開発市民の会(CanDo) 担当:山脇
〒110-0001 東京都台東区谷中5-4-3
Tel/Fax: 03-3822-1041
Email: tokyo(アット)cando.or.jp
URL: http://www.cando.or.jp/
[PR]
by africa_class | 2009-09-29 10:46 | 【募集】インターン・ボラ

MISIAさんの星空コンサート

昨日は、京都の桂離宮から一路MISIAさんの星空コンサート@
JCBホール(水道橋)へ。東京でのコンサートのファイナル日とい
うことで、会場は満員。チケットはソールドアウト。まん前の真ん中
の素晴らしい席に座らせていただき、堪能させていただきました。
 それにしても、素晴らしいコンサートでした。MISIAさんの人となり
やミュージシャンとしての素晴らしさが存分に出ていたのではない
でしょうか。京都の竹林から東京に降り立ったとき、なんだかドッと
疲れたのですが、MISIAさんの透き通るような音と世界に触れて、
癒されました。観客が、「MISIA~。ありがとう!」という気持ちが良
く分かりました。
 がしかし、終わった後、ChildAFRICAの長島お姉と粟村お嬢と
会って、んんんんん???!!!!「ウルトラマン」だの「コーヒー
飯」だの、訳分からん。詳しくは、ホームページを見ろということだ
ったので、皆さんも是非見てください。
http://www.child-africa.org/
 ブログは必読。「コーヒー飯」の結末・・・面白すぎです。
http://www.child-africa.org/message/staff/2009/09/15/000115.php
 家の海くん9才が一言。「僕の方が上手!」
[PR]
by africa_class | 2009-09-28 16:30 | 【徒然】毎日がアフリカ

UMOJA行ってきました

ちょっと前のことになりますが、連休の最終日、南アのミュージカル・
UMOJAに行ってきました。
a0133563_10495299.jpg

 事前にDVDで観ていたのですが、生はその100倍ぐらいよかった
です。最終日に行ったので、皆さんに十分お勧めすることができな
かったのが心残りです。アメリカから来るミュージカルを観るより、
あらゆる点で意味があった2時間でした。
 何が良かったのか・・・。それはやはり、伝統のアフリカ音楽・踊りか
ら現代までを、素晴らしい音・踊り・エネルギー・衣装で堪能できたこ
とです。中でも、太鼓や歌は生でないと本当には分からない感動でし
た。アフリカといってもありとあらゆる種類の音楽や踊りがある中で、
南アならではの踊りが、女性たちが踊るスネーク・ダンス。また、南ア
から南部アフリカ中に広がった鉱山労働者のゴムブーツを使った
「ガムブーツ」はDVDでは分からなかった良さです。長靴を叩いたり、
踏み鳴らすことでリズムを生み出し、踊りも踊るという、労働者が生み
出した芸術。南ア鉱山にもっとも多い数の労働者を送り出していた
隣国モザンビークでも、この踊りは目にしたことがあるのですが、
肝心のゴム長靴なしで観たので、今一面白くなかったというのが
正直なところでした。このゴム長靴にはシャリン、シャリンと音がなる
ように空き缶でつくったものもつけてあって、それが効果音をいい感じ
で鳴らしていたのもナカナカのものでした。
 でも、これはアフリカ一般なのか、南アだけなのか分かりませんが、
ダンサーの女性たちがかなり肥えている点には驚きました。あんな
運動量をあの体型でこなすとは・・・。アフリカではフクヨカな女性
(特に下半身)が美しいとされていることが多いのですが、それにして
もミュージカルとなると一瞬大丈夫かな?と思わずにはいられません
でした。がしかし、そこはプロ。素晴らしい身のこなしと激しさで、脱帽
です。
 この素晴らしいUmoja。しかし、興行的には上手くいかなかった
ようです。全席一律9500円という価格はやっぱり、UMOJAの凄さ
を知ってないと厳しい価格だったと思います。席のグレードにあわせ
て価格を変えたらもっと多くの人に楽しんでもらえたのに・・・と残念
です。また、このUMOJAは、元々ソウェト出身の女性二人が作った
正真正銘南ア黒人によるミュージカル。踊ったり歌ったりしている人
の多くもまた貧困層の出身者であり、ミュージカルを通じた黒人コミュ
ニティの復興に一躍買っているそうです。そういう点をしっかりメディア
などで紹介してもらうという広報戦略があれば良かったですね・・・。
 それに、連休中のみ開催では、観て感動した人が職場や学校で
口コミ宣伝するということは無理。資金面や先方のスケジューリング
等々で制約があったのだと思いますが、返す返すも残念。
 どうしても観たくなったあなた。南アに是非観に行ってください!
a0133563_22194997.jpg

[PR]
by africa_class | 2009-09-27 22:19 | 【徒然】毎日がアフリカ

今年の収穫

今年の収穫もまた、私たちがアフリカに行っている間が一番
すごかった・・・ようで、近所の人が交代で毎日キュウリをもぎ
続けたそうな。持つべきは、いない間、庭の野菜を食べてくれ
るご近所さん?!しかし、発見が遅れたキュウリは見事瓜サ
イズになってしまっていたが・・・。

楽しみにしていたアシタバちゃん。苦い葉っぱ好きには止め
られないお味。生で食べるには、苦すぎるので、近所の蕎麦
屋さんで天ぷらにしてもらいました。
a0133563_13191279.jpg
a0133563_1321127.jpg

そう。我が家には、天ぷら鍋も天ぷら油も備蓄なし。揚げて
もらいたいものは近所の蕎麦屋に持参して揚げてもらうの
で。そして、その油粕は、家の畑の肥料となる。循環社会と
はこのことですね。

a0133563_1322120.jpg

今一番の収穫は、やはりトマト。大量のミニトマトが、あちこ
ちに鈴なり状態。ありがたいことです。
a0133563_13225985.jpg

しかし、今同時進行で秋の種まきハイシーズン。この猫の
額のように狭い庭を拡張すべく、再び「竹をめぐる攻防」を
夫と展開中。殺し文句は、「我が家のエンゲル係数を縮小
するのは、野菜と果物の収穫を増やすしかない!」です。
不況で仕事が激減してからというもの、この殺し文句がか
なり効果的。男はやはり経済で動くものなんですね。
[PR]
by africa_class | 2009-09-25 13:29 | 【記録】エコの限界に挑戦

非常勤@津田塾大学

今日から津田は新学期・・・。隔年で受け持っている授業
「国際ボランティア論」を教えに津田に向かう。懐かしい。
いい天気なんで、グループワークを野外で行った。
a0133563_17112452.jpg

各グループが好きな場所に行ってディスカッション。
そこはさすが津田。
近場ではなく、「梅子の墓」近くまで遠征するグループも。
(梅子の墓は、参ると一生シングルという伝説が)

野外授業、よく考えるととってもエコ。電気をまったく使わない。
外大でもやってみようかな。名づけて、アフリカンスタイル・エコ授業。
[PR]
by africa_class | 2009-09-24 17:14 | 【徒然】毎日がアフリカ

龍谷大学で研究発表します

案内するのを忘れていました。実家の父の調子が思わし
くないこともあり、関西での研究発表は喜んで受けていま
す。ということで、今週末は関西です。

========================
龍谷大学社会科学研究所指定研究
「アフリカと世界」第6回研究会の開催

■日時:9月26日(土)13:00-18:00
■場所:龍谷大学深草学舎紫英館2階第2共同研究室
■発表者:
大林稔氏「未定」
坂井真紀子氏「援助メッセージの行方-チャド南部の村落
         開発で感じたこと」(仮題)
舩田クラーセンさやか氏「アフリカ市民社会の可能性と課題
-2008年TICADIV/G8サミットおよびザンビアの事例から」
■アクセス・キャンパスマップ
(共同研究室がある紫英館〔しえいかん〕はキャンパスマップ
の⑥の建物です)
http://www.ryukoku.ac.jp/fukakusa.html
■本研究会のホームページはこちら↓
http://hare.law.ryukoku.ac.jp/~ochiai/shaken2.htm
=========================
[PR]
by africa_class | 2009-09-21 14:59 | 【記録】講演・研究会・原稿