ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

<   2010年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

コンゴについてのプレゼンatペチャクチャナイト東京

さる28日(水)の9時05分(!なんとプレサイス!)に、六本木で開かれた
ペチャクチャナイト東京で、米川正子さんのプレゼンが行われました。
a0133563_183012100.jpg

11月の国際会議プロジェクト「AfricaxJapanxWorld:Spaces for
Transforming Violence to Peace」(国際交流基金助成)の仲間
たちも一緒に参加してきました。米川さんもメンバーなんで。
http://spacepeace.exblog.jp/
六本木の地下クラブには、300人を超える日本や外国からの参加者た
ちが、ひしめき合って、地酒を飲みながら色々な発表を聞きました。
IPADを使った手品を披露する人、大学でパーティのオーガナイズの仕
方を教えている教授、自分のデザインの仕事の紹介・・・と続いたのです
が、米川さんは、コンゴで何が起きていて、その背景に何があるのかを、
20枚のスライドを使って、テキパキとお話されていました。さすが、本番
に強い正子ちゃん。よどみない英語で、時間配分もばっちりでした。
a0133563_18364716.jpg

人が多すぎて、フラッシュをたいてもこの程度の写真しか撮れず、ごめ
ん。これらの爆弾に、コンゴのウランなどの資源が使われていたという
話に、皆一瞬しーんとしていました。右側の写真は広島の原爆です。
a0133563_18385259.jpg

終わった後の、司会者(主催者)のコメントに、私としてはカチンときまし
た。それは、彼女が、米川さんのプレゼンを、「Out spoken」「Assu
mption(推測)」と表現したからです。
 多分、ルムンバ初代首相を暗殺したのが、CIAとベルギー政府だとい
ったのが、そのようなコメントにつながったのでしょうが、これは「推測」
ではなく、すでに、アメリカとベルギー政府文書などの史料で明らかに
なっている歴史的事実です。このことに興味を持った人は、授業でも紹
介したルムンバ最期の手紙(獄中からの)が掲載されていた次の本をど
うぞ。英語だけど・・・。
Ludo De Witte (2002) The Assassination of Lumumba,
Verso: NY (原典はフランス語で、De moord op Lumumbaです。
 長い間、動乱後のコンゴで起こったルムンバの暗殺は、闇に包まれて
いました。多くの人が、冷戦のあおりを受けてCIAが暗殺を主導したと
推測していたのですが、実際はベルギー政府自らが、東部の資源の
利権を守るために、暗殺を主導したことが明らかになっています。そうだ。
この本に基づいて制作された映画が日本語で出ているので、そちらをぜ
ひご覧ください。『ルムンバの叫び』です。
 しかし、改めて感じたのは、根拠に基づく事実でも、一般に知られない
限り、「推測」として片付けられるのだなあ・・・ということです。逆に、根拠
に基づかない一般言説は真実としてとらえられる傾向にある・・・ことを、
改めて感じさせられました。その意味で、研究者たちの一般社会への
発信と、メディアの調査報道と継続報道の重要性、受け取り手の情報の
出所への批判的な目線・・・の重要性をつくづく感じます。
 もちろん、de Witteさんの著作も、まったく問題がないわけではない
でしょう。真実の追求というのは、永遠に続いていくものであって、終わり
なき闘いです。その前提で、なるべく「生」に近い史料・資料に接近するこ
とが、何より重要だと思います。
 根拠、根拠、根拠・・・・。今日も、授業で口を酸っぱくしていいましたが、
人を説得するためには、何より根拠の提示が不可欠です。そして、根拠
なるものはネットから入手できるものではなく、「足で稼ぐ」ものです。
是非、夏休みの間、足で稼いでくださいね。ちなみに、私の最初の本『モ
ザンビーク解放闘争史』が、700頁を超え、注が1000を超えているの
は、以上の理由によります。
 が、大きすぎて・・・重すぎて(1.5キロ)、さらに高すぎる(9000円を
越える)・・・ので、一般に読んでもらうこともなく、その意味で、同じ罠に
はまってしまっていますが・・・。今後の課題にしたいと思います!
[PR]
by africa_class | 2010-07-30 18:59 | 【徒然】毎日がアフリカ

『アフリカ学入門』重版決定!

皆さんにご迷惑をおかけしていましたが、『アフリカ学入門』の重版がさっき
決定しました。実は、大学生協からも追加注文していたものの、なかなか
入手できなくて、教科書担当者がヤキモキしていたほどだったそうです。
今、部数を確定するのと、修正箇所を集める作業をしていますが、これで
安心してアフリカに旅立つことができます。
 ですので、あんなに値のつり上がった中古品を買わず、今在庫があるネ
ット書店をご利用いただければと思います。アマゾンにも、在庫をまわして
いくそうなので、しばらくすれば品切れ状態は解消されると思います。
 取り急ぎ、御知らせでした。
[PR]
by africa_class | 2010-07-30 17:53 | 【紹介】アフリカ関連情報

ケータinセネガル

フランスに留学していたゼミ6期生のケータくん。名前が、西アフリカに多
い「KEITA」ということもあり、先輩たちの間では密かに「サリフ」と呼ばれ
ている。(この組み合わせが分からない人は、ただちにYoutubeにゴー)
http://www.youtube.com/watch?v=bqDnoSNq6Qc
 しかし、ケータくんは、「故郷」のマリではなく、セネガルにいる。今日は、
ケータくんのセネガルから送られてきた旬の写真をご紹介。
a0133563_2234036.jpg

 でも、ケータ・・・どこ?御姉さんがたの迫力のあまり・・・見つからない。
a0133563_22345525.jpg

 奥の方の人影かな?あるいは、あまりに同化しすぎてわからん。
 ケータくん、セネガルで協力隊として働いている2期生のチエちゃんの
ところに居候中。あの花嫁姿のチエちゃんを紹介したのはつい最近だっ
http://afriqclass.exblog.jp/10531013
たのに、いつの間にか赤子が????というぐらい、自然ですね。
a0133563_22363034.jpg

 そして、ケータくんの一押し写真がこれ。確かに~絵になってます。
マティさん(チエちゃんの現地名)『アフリカ学入門』の「言語」のコーナー
を執筆してくれただけあって、やはりウォロフ語の学習中。しかも、ろうそ
くの火の下で!!チエちゃん、頑張れ!
a0133563_2239538.jpg

[PR]
by africa_class | 2010-07-29 22:40 | 【新設】ゼミ生inアフリカ

アフリカ学入門、アマゾンで品切れになっていますが

『アフリカ学入門』ですが、発売当初からアマゾンで品切れ状態が続いて
おりますが、ついに・・・・中古品が3000円~5000円で取引される事
態に陥ってしまい、申し訳ございません。「希少価値」が出てしまってい
るようで・・・こんなことあるんだろうか・・・と頭を抱えています。
 今、書店内で確認してもらっているところなので、事態が改善するま
では、 アマゾン以外のネット販売では在庫があるようなので、是非そ
ちらでお買い求めください。
 「アフリカ学入門」と検索にかければ、それらのネット書店(丸善とか、
紀伊国屋とか、セブンイレブン、HMV、TSUTAYAなどの購入サイトが
出てきます。すべて今のところ在庫があるようなので、そちらを是非ご
利用ください。
 また状況が分かればこのブログでお伝えします。
[PR]
by africa_class | 2010-07-29 22:05 | 【紹介】アフリカ関連情報

ゼミ<ハーフ>合宿終了!

今学期のゼミも今週で終了。卒業予定のまいちゃんのお祝いと留学予定
の3人の送り出しも含めて、拙宅でゼミ番外編決行。
a0133563_1726413.jpg

ゼミ合宿パート2・・・ということで、皆の卒論発表&夏休み計画発表をして
もらう。一期生のサンミョウくんと院生の2人も参加してくれ、的確なアドバ
イスを学部生に飛ばしてくれた。
a0133563_17163843.jpg

しかし大所帯。小さな家には入りきらず、4つのチームに分かれ、さらにお
外も使ってなんとか進められた。しかも、猛暑の日・・。
a0133563_17193535.jpg

普段クーラーに慣れている学生には、クーラーのない拙宅は辛かったよ
うで・・・。でも、普段はクーラーなしでも猛暑は全然大丈夫な家。パッシブ
ソーラーシステムを使っているので、冬は太陽熱で暖かく、夏は冷気を
取りこんで暑い空気を排出するので涼しい。じゃあ、どうして皆汗だくだ
ったかというと、壁の断熱がよいので、皆の体温がそのまま部屋の温度
を上げる・・・んです。数名程度なら問題ないのが、25人ともなれば・・・
「人間ストーブ」状態。体温といえば36度。その人たちが25人いるわけ
で、まあ蒸し風呂になりますね。だから、外チームは逆にとっても涼しか
ったそうな。庭のトマトや竹が日陰をつくっているし。しかし蚊が・・・。
a0133563_17243634.jpg

で、今回は料理をする時間も人手もなさそうだったので、隣の蕎麦屋さん
から麺とツユを22人前購入。すると・・・こんな量に。見たことない・・・蕎
麦の山でした。そして、お祝いと壮行会の後は、深大寺盆踊りへ!浴衣
に着替えた3人組は、いつの間にか、櫓の上で!!
a0133563_17272280.jpg

さすが・・・メグミ&RIC&アッコの3人衆でした。他の皆も最後の炭坑節
で乱入。韓国からの留学生のスウちゃんも盆踊り初体験。夏祭に初めて
参加したという学生(日本人なのに??)もおり、小さな小さな地元の御祭
ではあったけれど、皆さんの夏の思い出になったかな?
a0133563_17301167.jpg

最後は、オーラルヒストリー調査でお世話になった深大寺通り街づくり協
議会の方に御芋と飲み物をふるまってもらって、皆感激。暑い日でした
が、あらゆる意味でアツイひと夜となりましたね。
a0133563_17292438.jpg

[PR]
by africa_class | 2010-07-29 17:31 | 【大学】アフリカゼミ(3・4年)

毎日新聞のウェブサイトで本の紹介

毎日新聞大阪本社にいる友人の城島さん(元ヨハネスブルグ支局長)
が、本学でも超人気授業をされている鈴木先生とお連れあいのダンサ
ー&ミュージシャン、ニャマカンテさんのショーの紹介コラムを書いて
います。娘さんも登場!
http://mainichi.jp/tanokore/column/jojima/003809.html
最後の方に、『アフリカ学入門』の紹介までやっていただいて、忝い!
城島さん、ありがとう。
[PR]
by africa_class | 2010-07-27 13:43 | 【徒然】毎日がアフリカ

「紛争」と「暴力」への新しいアプローチ

京都大学アフリカ地域研究資料センターから以下の案内が来ています。
=======================================
国際共同研究「アフリカ研究はアフリカの危機にどう対処するか」
「紛争」と「暴力」への新しいアプローチ
=======================================
2010年7月31日(土)2時~5時
京都大学稲盛記念ホール3階333号室
a0133563_13281284.jpg

詳細は、ウェブ上で探しても出てこないので、各自先方に問合せを。
Caasjambo.africa.kyoto-u.ac.jp
[PR]
by africa_class | 2010-07-27 13:32 | 【紹介】アフリカ・イベント

シンポ「Prsent and Future of African Integration」

シンポジウムの案内です。アフリカ連合(AU)の議長Jean Ping氏
の来日にあわせて企画されたシンポジウムのようです。
=====================================
Present and Future of African Integration - Towards
a New Japan-Africa Relationship
アフリカ統合の現在と未来~新しい日本・アフリカ関係に向けて
=====================================
3 Aug. 2010 14:00-17:00
主催者: 外務省、後援:国連大学、JICA、JETRO協力:朝日新聞
本年は,アフリカ大陸初のサッカーW杯開催のみならず,アフリカ
17ヶ国が相次いで独立した「アフリカの年」から50周年の節目の
年。この機会を捉え,次の新たな半世紀を見据えたアフリカの将来
像と日・アフリカ関係をテーマにシンポジウムを開催します。
今後のアフリカの更なる発展を占う上で,特に注目されるのが政治
・経済両面での地域統合の動きです。2002年にアフリカ53ヶ国を
メンバーとして創設されたアフリカ連合(African Union,AU)は,
国際社会でその存在感と発言力を急速に強めています。また,アフ
リカ各地域の経済共同体(Regional Economic Communities,
RECs)の活動は,将来のアフリカ統合の成功にとって決定的な重
要性をもっています。
本シンポジウムでは,ピンAU委員長による基調講演を軸に,ECO
WAS(西アフリカの経済共同体)委員長やアフリカ自身による初め
ての開発イニシアティブとして注目されているNEPAD(アフリカ開発
のための新パートナーシップ)の実施責任者,アフリカで豊富なビジ
ネス経験を持つ駐日アフリカ大使や日本のビジネスマン,さらには
アフリカ研究者らを招き,歴史的転換点に立つアフリカの将来と日本
とアフリカの関係の方向性について議論を行います。
参加希望の方は、以下のメールアドレスまで。
(名前、肩書、所属、メールアドレスを書き添えること)
africasymposiummofa.go.jp (7月27日まで)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/event/africasympo1008.html
[PR]
by africa_class | 2010-07-27 13:24 | 【紹介】アフリカ・イベント

新潟の村おこし

山梨にゼミ合宿に行ってから、ゼミ生の間で「日本回帰ブーム」になって
いるよう。「遠くを見ながら近くを意識して、近くを見ながら遠くを意識する」
そんな往復運動が、「アフリカ⇔日本の田舎」を舞台に出来るといいね。
 で、災害救援の活動から新潟に関わるようになったNPO法人のジェン
(ユーゴスラビアでの活動から始まった団体)経由で知った新潟の十日町
市地域おこし実行委員会。(といっても実際は、米川さんから教えてもら
ったのだけれど)
http://www.iketani.org/
 地に足のついた活動を様々に行っているようです。この夏、ただアルバ
イト、ただ旅行、ただグター、そしてただ勉強(!?)だけしてたらもったい
ない!是非、アフリカに、地域に、飛び込んでみよう!
[PR]
by africa_class | 2010-07-26 22:10 | 【募集】インターン・ボラ

キッズのためのムビラ(親指ピアノ)


「キッズのためのミニ音楽会 ジンバブエの楽器ムビラを聴いてみよう」
http://www.ajf.gr.jp/lang_ja/activities/akc20100731.html
ショナ人の楽器・ムビラをグループで演奏する唯一のバンド「バシチガレ・
ムビラズ」が、子どもたちに初めての音、リズムを紹介するために、工
を凝らしたプログラムを考えてくれました。また、ジンバブエやムビラが
もっと身近なものになるよう、クイズを交えて紹介してくれます。
午後1時 開始:司会があいさつ
 1時10分~2時10分 前半:上記の手順で5曲
 2時10分~20分    休憩
 2時20分~3時   後半:クイズを交えてジンバブエとムビラを知る
          最後に演奏
 3時~25分まで  おやつタイム
 3時25分     閉会、解散
■日時:2010年7月31日(土)午後1時~3時
■場所:JICA地球ひろば講堂(東京都渋谷区広尾4-2-24)
■定員:(保護者&子ども)15組
<その他の詳細は、「More」まで>

More
[PR]
by africa_class | 2010-07-26 14:20 | 【紹介】アフリカ・イベント