ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

マラリアがあるアフリカの国・地域に行く皆さんへの注意!

長い間更新していませんでした。
モザンビークに来て1か月が経過しようとしています。今日までネットの本格的接続が難しく、ご無沙汰してしまいました。
 農村での調査は、全日程を村内の通訳さんの小屋の前の庭にテントで通したため、かなり体力を消耗してしまい、かつ子連れだったので、訪問する全ての家でご飯が出て、一日何食も食べ続けた結果胃炎になり、マラリアも併発して、ちょっとまずい状態に陥っていました。
 今回のマラリアはペンバで流行っている性質の悪いものでして、最初の薬が効かず、二度目の薬でなんとか回復しました。途中600キロ、300キロの移動も入っていたので、まあ回復が遅れたのは仕方ないですが。さすがに、年齢とともに農村ステイをやり続ける体力が減っていることを自覚した調査でした・・・トホホ。テントで寝ることそのものよりも(これは実は快適。変なベットで寝るより腰に良いし、蚊も防げる)、村の皆さんの食べ物の栄養の偏りに身体がついていっていないことが響くようです。遠慮せずに、庭先のパパイヤを毎日頂くべきでした。
 が、12歳の息子はピンピンしていて、村暮らしをとっても楽しんでました。若さかな…。ただし、帰国後崩れたので、いずれにせよアフリカに初めて、あるいは何度も行っているけど、あまり健康に気を付けたことのない皆さんへの注意です。基本、マラリアのある地域対象です。

 健康と安全は各自が責任をもって行うべきことです。旅行・インターン・留学いずれの目的でも、油断せず、必ず事前に調べ、予防・準備を怠らず、海外旅行保険(出発前しか入れない)にも入ってから出発することを忘れずに!!!

<<その前に、マラリアだけでなく、アフリカ等での調査にあたっての健康管理や保健情報については総合地球環境学研究所の情報まとめが役に立つのでそちらをまずご覧ください→ http://www.chikyu.ac.jp/ecohistory/safe.htm>

◆また、追加。
1.マラリアは自然治癒などしませんので、薬を飲んで治療しないと死に近づきます。必ず治療を。
2.下記は薬の話ですが、まずは刺されないのが一番!防虫を最大化しましょう。夕方から長袖・長ズボン・靴下&防虫スプレーを。夜寝る時は蚊帳を。ちなみに私はホテルの蚊帳にいくつか小さな穴があったので刺されました。やはり自分のドーム式蚊帳(吊り下げ式より絶対おススメ。あれは寝てる時結局蚊帳が肌に密着して刺されるので)を使えば良かったと後悔。

*なお予防薬を飲んでいる場合、マラリアになってもテスト結果はネガティブになる傾向があります。また、テスト前に自分勝手に治療薬を飲んでしまってからテストしてもネガティブに。なので、マラリアかもと思ったら直ちに医療機関でテストを。マラリア地域であれば、農村部でもどこでもすぐにテスト可能なはずです。

(1)その国に到着したらすぐにマラリアの最新の薬を薬局で買う。
必ず「最新(今最も使われている)のもの」を2パック買う。(吐いたとき、治らないとき用。心配なら3パック)*すぐ売り切れるので必ず到着直後に確保。
(2)体調がすぐれない(必ずしも高熱にならないケース多し。下痢、だるさ、頭痛だけでもマラリアの症状になることも)と感じたら、直ちに病院かクリニック、保健センターで血液検査を。
検査は注射器ではなく、指先に少しだけ針を刺してスライドに血を落とすもの。針は使い捨てのものか確認*1時間半ぐらいでわかります。体調が悪くなってから行こうと思っても、急激に悪くなるので、少し悪いぐらいで面倒くさがらずに直ちに検査。何度やっても大したお金でありません。
(3)投薬&吐いた場合
必ず指示に従った個数・時間間隔で。ただし吐いてしまったら、直ちに同数を補給。パッケージには1時間吐かなかったら大丈夫と書いてあったのですが、次の投薬直前でないなら必ず補給。私は4時間経過してたので大丈夫と思って、悪化しました。
(4)投薬中
とにかく栄養のあるものを。ポカリスエットの粉末は必ず持参(マラリア以外でも役に立ちます)。お味噌汁でもOKです。単なる水は体力がないときなかなか消化されないので、体液に近い成分(糖分・塩分)に近づけること。私はレモネードをお勧め。①蜂蜜、②お白湯、③塩少々、④レモン汁たっぷり。あとは、野菜スープを食べましょう。
(5)投薬が全部終わっても油断せず、マラリアが消えたかテスト
3日間から4日間続く投薬後、2日ほどおいてマラリアがぶり返してないか確認を。ぶり返してくると、より強い薬に移行しなければならないことも多く、そうなると病院でキニーネを点滴/注射となります。
(6)薬を使い果たしたら、必ず買い足しておく。帰国前も同様。
一度なったらもうならない・・・ということはありません。私は9回目のマラリアでした。また帰国の際には必ずマラリアの薬を持って出国するように。

一番怖いのは、マラリア地域外に出てから発病することです。マラリアの潜伏期は5日~1週間。帰国後発症というのはよくあるケース。がしかし、日本や先進国その他の医療機関は熱帯病の専門家がおらず、かつ検査も薬もNGということがあります。日本で発症した時に某大学病院で大変な扱いを受け、結局待っているうちに悪化して、自分で投薬したという経験もあります。出発前から、日本国内の熱帯病対応の病院を調べて、異変がおきたらすぐに受診するようにしてください。特に、地方ではほとんど対応不可能のはずなので、下調べをしておいてください。

マラリアについては、かつてマラリアネットという専門家のネットワークがあったのですが、今は解散されておりとりあえず下記の情報をご参照ください。

AMDA熱帯医学データベース
http://amda.or.jp/contents/database/db1.html
厚生省情報
http://www.forth.go.jp/
[PR]
by africa_class | 2012-08-31 18:05 | 【紹介】アフリカ関連情報

3日(金)はオリンピックに負けず(!)、抗議のため官邸前・経産省別館前の後、環境省前へ

南アフリカに今朝到着。さすがに眠いです…。今日は移動日なので友人宅でモザンビーク本の原稿を書いています。が、とにかく寒く乾燥。冬の最中の南アフリカ。36度の東京から急に真逆の気候に戸惑っています。(アフリカが暑いというのは一面的!)

日本にいなくて本当に残念なのですが、ツイッターで沢山つぶやいているように、原発規制委員会の委員長やその他委員の人事問題が今佳境を迎えています。本当に、懲りない政府です。いえ、逆に国民の反発が強まっているからこそ、今オリンピック期間中にどさくさに紛れて、このような重要な案件を通してしまおうということなんでしょうね。ちなみに、オリンピックの利用はナチスドイツ時代のベルリン・オリンピック、冷戦期のモスクワ・オリンピックを思い出せば一目瞭然!

市民が権力に騙されない・・・その心意気を見せるのはオリンピックの今です。来週は、広島・長崎原爆の日。国家権力関係者は無理なようですが、一人一人の市民は、世界に対して何をどう学んできたのか、示していきましょう。ということで、以下問題の背景と、市民がとれるアクションをまとめました。詳細は各URLをご覧ください。

1.原発規制委員会人事問題とは?
■詳細は下記ブログに詳しく書いてあります。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/qa-ef6d.html
<=そもそも、去年の東電福島第一原発事故は、原発業界関係者と癒着する政官財といった推進者らが、規制側を牛耳っていたため、安全管理が不十分で起きた事故でした。その反省に立って、設置されたのが政府から独立した規制委員会だったはず。それが、またしても原発推進のための委員ばかりが揃えられ、国会で十分な審議もないままに強行採決されようとしています。自公民が同意しているので、各党が党議拘束をかければ、この人事は決定。5年間、誰も止められない「独立」委員会がやりたい放題となります。

■脱原発弁護団全国連絡会の緊急声明
http://www.foejapan.org/energy/news/120802.html
<=しかも、これら5名の委員全員が原発推進派であるだけでなく、全国140名の弁護士らによると、3名は原発業界の人間で委員になるのは違法行為と指摘されています。「この人事案は、「法の趣旨に反する」のみならず、「法そのものに反する」。すなわち違法。更田豊志氏・中村佳代子氏は、原子力規制委員会設置法第7条7項の、原子力事業者が委員に就任することを禁じた規定に違反」

特に、委員長候補の田中俊一氏の問題は多くの人が指摘している通りですが、次の点が追加で問題とされています。
①原子力委員会の秘密会合に参加。
②3月まで高度情報科学技術研究機構の会長を務め、現在顧問に就任。同機構の昨年度の収入は7億1,221万円。そのうち、日本原子力研究開発機構からの事業収入が5億2,089万円であったことが判明。

■福島の人たちの声
東京新聞:福島怒りの聴取会 政府不信一色(8月2日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012080202000104.html
田中氏は、避難の賠償が低く見積もられるように、繰り返し「安全」を宣言し続け、かつ避難希望者の避難を阻むような言動(除染すれば大丈夫)を繰り返していたことが明らかになっています。原発事故の「反省」を口にしたと報道されていますが、事故後のこの対応をみれば、原子力政策のリーダー(元原子力委員会委員長代理・原発学会長)だった立場から、本来できないようなことを繰り返し口にしていることが分かります。

2.市民は何ができるか?
明日8月3日(金)の夜、首都圏にいる人なら是非直接抗議へご参加を!それ以外の人、あるいはそれもやるけどもっとやるという方は、(2)署名、(3)国会議員へのアクションにご協力を!
(1)経産省別館前&環境省前アクション
8月3日(金) いずれも同じ主催者です。
●18時半~20時:原子力規制委員会人事・大飯原発再調査問題
於:経産省別館前(霞が関駅C2)
前投稿で紹介しhttp://afriqclass.exblog.jp/15849191/、私も参加している抗議です。場所的に環境省前の真ん前なので、終わったらすぐ移動が出来ます。もちろん、官邸前抗議に行ってからの参加でも良いかと思います。こちらの方がこじんまりとしていてスペースもあるので、まったり抗議したい方にはお勧め。(初参加の方はhttp://afriqclass.exblog.jp/15849191/をご覧ください)

*官邸前をご希望の方は下記サイトを。
■反原発首都連合(8月3日抗議詳細)
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=780

●20時15分~21時:原子力規制委員会人事撤回を求める抗議集会・ヒューマンチェーン
於:環境省前(第5合同庁舎) 霞が関駅B2かC1出口すぐ
主催者から:原子力規制委員会の人事案撤回を求めて、原子力ムラ支配を強める今の人事案を決めた細野環境大臣が仕事をする環境省前で、抗議集会を急遽行うことになりました。同時に環境省が入る中央合同庁舎5号館の一角を含む人間の鎖を実施します。
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2012/08/post-9834.html

主催:再稼働反対全国アクション、国際環境NGO FoE Japan、福島老朽原発を考える会、原発を考える品川の女たち、プルトニウムなんていらないよ!東京、経産省前テントひろば

(2)署名はしましたか?現在2万筆、まだまだ必要!
緊急署名実施中。第一次は2万筆集め提出済み。第二次を8月6日午前9時まで集めています。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-7803.html
オンライン署名は次のサイトで。2分もあれば出来ます。
https://fs222.formasp.jp/k282/form2/

(3)地元選出あるいはその他の国会議員に働きかけましたか?

国会議員たちも超党派で動いています。45名が署名。でも、まだまだもっと必要です。来週採決取りかねない情勢になっています。衆参両院で採決するようなので、選挙区の議員に働きかけを。勿論、国民として選挙区以外に働きかけてもいいと思います。末尾に、現在の署名議員を一覧にしておきます。それ以外の方へ。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-2a48.html

福島みずほ(参議院・社民)照屋寛徳(衆議院・社民)川田龍平(参議院・みんな)太田和美(衆議院・生活)橋本べん(衆議院・民主)中川治(衆議院・民主)又市征治(衆議院・社民)はたともこ(参議院・生活)三宅雪子(衆議院・生活)田中康夫(衆議院・無所属)重野安正(衆議院・社民)服部良一(衆議院・社民)斎藤やすのり(衆議院・きづな)阿部知子(衆議院・社民)初鹿明博(衆議院・民主)谷岡郁子(参議院・みどりの風)大河原雅子(参議院・民主)田城 郁(参議院・民主)牧 義夫(衆議院・生活/きづな)井上哲士(参議院・共産)笠井亮(衆議院・共産)大谷啓(衆議院・生活)村上史好(衆議院・国民)徳永エリ(参議院・民主)山崎誠(衆議院・民主)京野きみこ(衆議院・国民の生活が第一)相原しの(衆議院・国民の生活が第一)佐藤ゆうこ(衆議院・無所属)玉城デニー (衆議院・生活)姫井由美子 (参議院・生活)平山誠(参議院・新党大地・新民主)玉置公良(衆議院・民主)吉泉秀男(衆議院・社民)菊池長右エ門(衆議院・生活/きづな)岡本英子(衆議院・生活/きづな)平 智之(衆議院・無所属)黒田 雄(参議院・生活)有田芳生(参議院・民主)杉本かすみ(衆議院・民主)小野次郎(衆議院・みんな)田村智子(参議院・共産)辻恵(衆議院・民主)渡辺浩一郎(衆議院・生活/きづな)

(国会議員の検索はここから→http://seiji.yahoo.co.jp/giin/)
(国会議員への呼びかけおよび声明案は下記のとおりです。取りまとめは福島みずほ事務所が引き受けてくださいました。PDFは下記からダウンロードできます)
https://dl.dropbox.com/u/23151586/120731_jinji_giin_seimei_yobikake.pdf
[PR]
by africa_class | 2012-08-02 23:32 | 【311】原発事故と問題