ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

初結婚式・・・アヤコ&スギムー

20日の祝日は、逗子にて、綾子ちゃんとスギムーの結婚式だった。
ゼミ生の中では「初」。
いろいろな式に行かせていただきましたが、乾杯のあいさつはさすがに
初めてで、すみません・・・あんまりうまくできなかったなあ。
でも、御親戚の皆さんが、ポルトガル語の「乾杯(サウージ)」を嬉しそう
に口ずさんでくれたようで、それはOKかな。
a0133563_0291852.jpg

逆光が・・・でも人前式で、皆の前で誓ってくれました。
「賛同される皆さん拍手を」の司会の声に、「異議あり!」って後ろのドアか
ら誰かが走って入ってきたりして・・・と一応ふりかえってみましたが!?
大丈夫!(お父さんが若干ありえたか???!!!)
a0133563_029552.jpg

同期(入るとき、出るとき)のみんなが大集合。こんな時にも亮くんはひた
すら撮影・・・・違和感なさすぎ。それはそう。結婚式の撮影がバイトだそう。
a0133563_033086.jpg

みんな、幸せのおこぼれをもらって、にこにこしています。
a0133563_0414245.jpg

二次会は、80人キャパのアイリッシュパブに100人がつめかけぎゅうぎゅう。
ゼミ生・元ゼミ生も沢山結集しました。しかし、そこでハプニングが・・・。
結婚祝いにつくったビデオがパブの機材とあわずあわや上映取りやめに・・。
写真は、あせる亮君。どうやら、店のマックと相性が悪いらしい。構想1か月?
撮影に西へ東へ走り回ったのに!!!!さらには、成田空港にまで行って、今や
「伝説」と化している鈴木パイロットの卵の君の映像を撮ってきたというのに。(しか
し、主役・鈴木君、うますぎる・・・素人には思えない。)
刻一刻と、新郎新婦は会場に近づいてくる・・・が、機材はフリーズ。どうする
亮と優の「トマト夫婦」???!!!

しかし!こんなときにあきらめないのが、アフリカ・ゼミの皆さん。
「パソコンをお持ちの方いませんか~」のアナウンスが入る。
よく、飛行機であるあのアナウンスです。
「お医者さんいらっしゃいませんか?」
の。誰もいない。そりゃそうだ。三連休の最終日。皆の期待の目が私に集
まる。「先生、いっつも持ち歩いてるよね。こういうときのために!」
そうなんです。持っていこうと朝思っていて・・・さすがに結婚式にまでPC
持参は顰蹙と思って、諦めたのでした。それが、ダメだった。皆の冷たい
目が。

しかし、そこはトマト夫婦。落胆するかと思いきや、パブから飛び出した。
(しつこい?なぜトマト夫婦かって?それはまた今度)
電気屋に行ったのではなく、パブの近辺の20軒ものレストラン・バーを
一軒一軒、手分けして尋ね歩き、パソコンを借りようとしたのだ!!!
あなたにはできるだろうか?トマト夫婦が飛び込んでくる。
「八百屋さんがとっても親切で貸してくれるっていうんですが・・・」
「どうしたの?」
「デスクトップで・・・」
「あ~」一同落胆が深まる。
しかし、トマト夫婦は諦めなかった。
20軒目(?)で、バーのマスターがラップトップを持っていた!
そして、見ず知らずのトマト夫婦に貸してくれたのだ。
a0133563_0343080.jpg

無事、トマト夫婦の「漫才」も、ビデオ上映も、アルバム贈呈も完了!
結婚式でほとんど泣かなかったアヤコさんも、このビデオ&アルバム
には泣いた。でも、どんなに苦労してあれを上映したかを知ればさら
に泣いていたでしょう。そんなことは野暮だから言わない、トマト夫婦。
泣かせますね。

こんな仲間を持てるのであれば、私ももう一度学生やりたいなあ・・・
としみじみ思った一日でした。
しかし、私のモットー「答えは人びとの中にあり」を実践するトマト夫婦
に、かげながら感動を覚えました。
みんな、お疲れ!
そして、アヤコちゃんにスギムー、末永くお幸せに!
[PR]
# by africa_class | 2009-07-23 00:45 | 【新設】ゼミ卒業生

モザンビークビールが金賞!

モザンビークから嬉しいニュースが飛び込んできた。
モザンビークのビール「Laurentinaラウレンティーナ」のプレミアム
が、モンドセレクション(2009年)の金賞を受賞したそうな!
http://www.clubofmozambique.com/pt/sectionnews.php?secao=entretenimento&id=13682&tipo=one
ラウレンティーナ・プレミアムのコマーシャルが見れます↓
数世代前の南米のビールのコマーシャルのように、結構ありがち~
で酷いつくりですが・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=TFQpI25d8z0

独立後消えた「黄色ラベル」つまりラウレンティーナ。
紛争後復興の象徴として、多くのモザンビーク首都住民に愛されて
きました。この度、質的にも国際的に認められたということで、是非
日本でも売りたいところ。

しかし、北部を愛する私が愛飲するのは、「ザンベジ」ラベル。
が、モザンビークビールの写真がないので、先日のアフリカンフェスタ
で飲ませていただいたレソト・ビール&レソト大使の写真を。
a0133563_2214628.jpg

[PR]
# by africa_class | 2009-07-19 22:15 | 【徒然】毎日がアフリカ

期末試験は23日(木)

今度は、月曜3限の期末試験のお知らせです。
こちらは変更なしで、当初からお伝えしているとおり23日(木)の
3限に実施します。

試験範囲は授業で伝えたとおりです。
すべて、授業や公開講演会で話したり、聞いたりした話をベースに
設問してあるので、事前にふり返りをしておいてください。
特に、「アフリカにおける貧しさ・豊かさ」、「日本とアフリカ間関係」、
について考察しておいてください。
(もちろん、それ以外も出しますが!)
[PR]
# by africa_class | 2009-07-19 17:52 | 【大学】国際関係とアフリカ

試験は22日ではなく24日に

地域基礎「ポルトガル・アフリカ研究」(水2限)の試験について
*****************************
受講生の皆さんに聞いてみました。試験は22日がいい?24日がいい?
2名を除き、全員が24日ということなので、24日(金)に期末試験を決行。
(なぜ水曜日の授業が金曜日かというと、振り替え授業だからです!)
[PR]
# by africa_class | 2009-07-19 15:40 | 【大学基礎】批判的思考for1年生

来週の聞き取り調査@深大寺について

来週は、聞き取り調査の実地訓練の当日となります。
各質問・記録担当者は、準備を抜かりなく行ってください。
全員、14時50分に本学事務棟守衛室前に集合してください。
(自転車の人は自転車に乗って集合)
(直接深大寺に来る人は15時15分までに寺の入り口に集合)

以下、概要を作成したので事前に見ておいてください。
また、課外活動用の学生保険に入ってない人は学生課で100円
で入れるはずなので入ってから来てください!

============================
アフリカ・ゼミ実地調査研修 概要
============================
1.趣旨
夏休み中のアフリカ現地調査に備え、聞き取り調査手法を学び、
    実際に訓練を行う。
聞き取り・記録起こしの点で、深大寺通りまちづくり協議会の試
    みに寄与する。
2.研修者
アフリカ・ゼミ在籍中の大学3・4年生及び大学院生、約20名。
4グループに分けて聞き取り・記録起こしに取り組む。
3.研修日程(案)
7月14日(火)15時半~17時45分:深大寺訪問・案内
  (協力:観光ボランティアガイド)
  17時45分~18時半:訪問ふり返り&聞き取り準備(役割分担)
7月21日(火)15時半~18時:深大寺にて聞き取り実施
  (深大寺通りまちづくり協議会)
  夏季休暇中:記録起こし作業
  10月6日(火):記録の発表と確認(東京外国語大学での授業内で)
  10月27日(火):デジタル記録の提出(まちづくり協議会宛)
4.聞き取りの内容(案)
(ア)前半(口頭伝承の記録):地元で長く暮らす住民の方々に蓄積さ
れた歴史に耳を傾け、記録し、デジタルデータとして起こし、協議会に
提供する。
(イ)後半(まちの発展についての聞き取り調査):各グループが準備
した質問に沿って(ア)と同じ方に質問をさせていただき、報告にまとめる。
5.式次第(案)
15時30分~15時35分:深大寺まちづくり協議会会長挨拶
15時35分~15時45分:趣旨と流れの説明
15時45分~17時:グループに分かれて前半の聞き取り実施
17時~17時10分:休憩(各グループに任せます)
17時10分~17時45分:後半の聞き取り実施
17時45分~18時:ふり返りと終わりの挨拶
a0133563_1695565.jpg
a0133563_16103568.jpg

[PR]
# by africa_class | 2009-07-16 16:12 | 【大学】アフリカゼミ(3・4年)

TRIBES改装

この前、元朝日新聞記者の松本仁一さんと飲みに行きました。
松本さんは、『カラシニコフ』や『アフリカを食べる』『アフリカで寝る』
『アフリカ・レポート』の著者で、朝日新聞の書評委員も務めてらっ
しゃいます。後期の「アフリカ紛争論」の授業にも来ていただくこと
になっています。
で、いつも入り浸っている神楽坂のアフリカンフレンチ・バー&
レストランTRIBESに扉が二つつきました!
a0133563_1238217.jpg

ぜひ、行ってみてください。
お勧めは、ライオン保護にも役立つ赤ワイン(南ア産)です。
http://www.tribes.jp/index.php
[PR]
# by africa_class | 2009-07-15 12:39 | 【徒然】毎日がアフリカ

深大寺でフィールド調査

今日と来週のゼミは、深大寺でオーラルインタビューの練習を
行います。
今日は地元のガイドさんと散策。来週は、ついにまちづくり協議会
の皆さんの聞き取り調査です。
今から自転車で移動を開始!
a0133563_10381633.jpg

約15分の距離ですが、10人以上で移動するとなかなか前に進めず。
しかし、皆運動不足だねえ~。
a0133563_10382890.jpg

地元ガイドさんの説明に聞き入る学生たち。
こんなに近いのに深大寺を知らないというのはとっても損。

「遠いところのことを勉強するからこそ、近くを学ぼう!」
そのことが結果的に遠くを学ぶ際の自分の視点獲得につながると思います。
[PR]
# by africa_class | 2009-07-14 15:02 | 【大学】アフリカゼミ(3・4年)

「臭い匂いの植物=どくだみ」

深大寺では、春先から今の時期までは、ドクダミの季節。(勝手に命名)

そこかしこにドクダミが生い茂っている。
私には重要な収穫期。せっせと採取して、干して、お茶として飲む。
摘んだ瞬間にクラーセンが叫ぶ。「くさい・・・」
でも、飲んでみて「意外においしい」とハマッタ。
ハマルと、ほんと〜にハマル。
すぐさま英語名を調べて大笑い。

「Bad Smelling Plants(臭い匂いの植物)」だったからである。
a0133563_1652379.jpg
花は可憐なのに、この匂い。日本語名も「毒ダミ」なんで、変わらないが。
a0133563_1665181.jpg
乾くとこんな感じに。手で揉むとパラパラとして、お茶らしくなる。ちなみに容器は、アフリカ(モザンビーク)の村で普通に使われていた土鍋。いつもお世話になるお母さんにもらったもの。お粥をたくと長持ちするわよ、といわれてお粥を時々炊く。でも、家はガスのコンロだからこれが可能。IHなんかだと…。

しかし、このドクダミ。ゼミ合宿先のアジア学院で驚くべき発見が。ネパール人のトレーナーの方いわく、ネパールではドクダミはサラダとして食べるという。

「ドクダミ・サラダ?????」

葉っぱが柔らかい春先に摘んで、ポテトサラダの添え物として食べるという。唖然としていると、カンボジアの方が、「ああ食べるよね。美味しい」。さらに驚いたのは、「一番価値のある部分は根っこだよね」の一言。「根っこ????」根っこをスライスしてサラダに入れて食べるという。
魚のソース(?)で和えるらしい。

ドクダミ・サラダ・・・まだ食べたことはないが、是非挑戦したい。しかし、ドクダミ。一番美味しそうなドクダミほど、他人のおうちの庭にある。他人の芝ほど青く見えるならぬ、他人の庭のドクダミほど美味しそうに…。

「ピンポーン」「はい?」
「お宅のお庭のドクダミ引っこ抜いていいですか?」
大抵の方は大喜び!
彼らにとって「くさい困った雑草」
なので、快諾頂き、せっせと集めている。

日本茶を毎日大量に飲んでいたクラーセンが、ドクダミを飲むようになってお茶の消費量が減った=家計の軽減につながった。しかも、カフェインレス+腎臓に良い=言うことなし!

皆さんも、是非散歩をして、近所のドクダミスポットを見つけて、「ピンポーン」と押しかけてみよう。

なお、後日談。

本当に根っこは素晴らしく美味で、かつお茶の中でも香ばしい味を付け加えてくれるので、ぜひ葉っぱだけでなく、根っこを掘り当ててくださいませ。



[PR]
# by africa_class | 2009-07-11 16:24 | 【記録】エコの限界に挑戦

モザンビークin松山

フェアトレード・カフェ&雑貨WakuWakuに来ています。
ミーティング前の時間を使ってこれを書いています。
7月7日七夕の夜7時にオープンしたてです!
モザンビークなどからのフェアトレード品がおいてあるのと、
モザンビーク料理のレストラン&カフェが楽しめます。

去年来たときは、廃墟同然だったのに、驚きの改装ぶり。
Before&Afterの番組に出れるほど。
しかも、手作り!
代表の竹内さんのお兄さん(大工さん)が陣頭指揮をとり、スタッフ
やボランティアが丹精込めてつくりました。
a0133563_18294773.jpg

a0133563_1830483.jpg

代表のよしこさんから一言
「ええとこじゃけん、おいでなもし~(いらっしゃい)」
松山市東雲(しののめ)5-6
089-993-6227
11時~19時(定休日:火曜日)

なんとライトは、モザンビークのバナナリーフ!
注文販売受付中!(ただし、9月以降。予約は今してください!)
バナナ・ランプシェードbyMaciene-Hiroko
価格は6000円。(NGOへの応援価格入り)
お申し込みは、wakuwakushop(at)egn.or.jp
(担当:林)
わくわくの活動詳細は以下のとおり
http://www.egn.or.jp
a0133563_18381357.jpg

[PR]
# by africa_class | 2009-07-10 18:31 | 【徒然】毎日がアフリカ

ストップ子ども兵

お知らせが来ています。是非参加を。

ARCは「ストップ子ども兵士アクション」キャンペーンの中で、ウガンダ
北部紛争で被害を受けた元・子ども兵士の支援を行ってきました。
このたびジャーナリストの下村靖樹氏が、ウガンダ軍による武装勢力「神
の抵抗軍(LRA)」の掃討作戦に従軍取材を行いました。
掃討作戦の経緯、救出された子ども兵士の様子など、メディアで報道さ
れない実態をご報告いたします。ぜひお越しください。
***********************************************
アフリカ平和再建委員会
「ストップ子ども兵士アクション」キャンペーン報告会
 ジャーナリスト下村靖樹のウガンダ軍LRA掃討作戦従軍記
  ―北部ウガンダ紛争と子ども兵士たちの“ホントの今”を伝える―

20年以上にわたって続いた北部ウガンダ紛争では、反政府勢力「神の抵抗
軍(LRA)」によって拉致され、従軍させられた「子ども兵士」の問題が
注目を集めました。
現在LRAは拠点をスーダン南部からコンゴ東部に移したといわれ、ウガン
ダ軍はLRAの掃討作戦を行っています。
ジャーナリスト下村靖樹氏は、3月にウガンダ軍に従軍し、LRAの掃討作
戦を取材してきました。
実際に従軍取材した下村氏が、ウガンダ紛争と子ども兵士の「ホントの
今」を語ります。
ウガンダ軍の感情、誘拐された子どもたちの苦しみ、子ども兵士たちの
表情から見えてきたもの、そして従軍して見えた軍事作戦の内実・・・
他では知ることができない現実を知る機会です!
=====
日時 2009年7月30日(木) 19:00~20:30
    (受付18:40~)
会場 JICA地球ひろばセミナールーム302
   アクセスマップ:http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
参加費 一般の方:800円
学生・ARC会員の方:500円
※参加申し込みは不要です。当日直接会場にお越し下さい。
=====
お問い合わせ
アフリカ平和再建委員会 http://www.arc-japan.org/jp/ 
childsoldier(at)arc-japan.org  (担当:大久保)
[PR]
# by africa_class | 2009-07-10 17:22 | 【紹介】アフリカ・イベント

国際シンポ「健康なアフリカ社会」

国際シンポジウムのご案内
「健康なアフリカ社会をめざして」
ミリアム・ウェレ博士(野口英世アフリカ賞受賞、ケニア国家エイズ対策委員長)

昨年、第一回野口英世アフリカ賞を受賞された
ミリアム・ウェレ博士をケニアからお迎えして、
7月13日(月)に大阪大学中之島センターにて
国際シンポジウムを開催します。
なお、国際シンポジウム参加に関するご案内は以下のURLからもご覧になれます。

http://www.hus.osaka-u.ac.jp/announce/09health_africa.pdf
皆様方のご参加を心からお待ちしています。
*****************
野口英世アフリカ賞受賞ウェレ博士・国際シンポジウム
テーマ:「健康なアフリカ社会をめざして」
日時: 2009年7月13日(月)13:30~16:30
場所: 大阪大学中之島センター 7階 セミナー室
〒530-0005 大阪市北区中之島 4-3-53 TEL 06-6444-2100
プログラム
14:00  開会の挨拶 中村安秀(大阪大学)
14:10 - 14:40 第1部 司会:神谷保彦(長崎大学)
● 日本からの協力の報告 
「コミュニティでの妊産婦ケアの改善をめざして」
浅野円香(特定非営利活動法人HANDS)
「ボツワナでのコミュニティ栄養調査」
水元 芳(大阪大学大学院生)
14:40 - 15:40 
● 基調講演:ミリアム・ウェレ博士(ケニア)
「Towards healthy society in Africa(健康なアフリカ社会をめざして)」
(休憩10分)
15:50 - 16:30 第2部 司会:中村安秀(大阪大学) 
● パネル・ディスカッション
「健康で幸せなアフリカ社会の実現のための国際協力」
16:30 閉会の挨拶 青木克己(長崎大学)
主催: 大阪大学大学院人間科学研究科
長崎大学国際健康開発研究科・国際連携戦略本部
後援: 国際保健コンソーシアム、
特定非営利活動法人HANDS、日本WHO協会、国際保健コンソーシアム
[PR]
# by africa_class | 2009-07-10 09:04 | 【紹介】アフリカ・イベント

明日から松山で発表です

明日から松山に出張です。松山市クレア(自治体国際化協会)の事業で
愛媛大学のESD(Education for Sustainable Development)
に関するシンポで発表をしてきます。

■日 時:2009年7月11日(土)  
■場 所:愛媛大学法文学部本館8階・大会議室
■参加費:無料(当日参加可)
■プログラム
司会(小林修)
   9:00- 9:15 開会挨拶(愛媛大学)
   9:15-10:30 グローカルな視点から地域を考える(栗田英幸)
  11:00-12:30モザンビークの歴史の変遷とESD的課
(舩田クラーセンさやか)
  13:30-15:00 NGOによるESD的国際平和活動(竹内よし子)
  15:30-17:00 NPOとして活躍する意義・現状と課題(近藤美由紀)
  17:00-17:10 閉会挨拶(松山市)

■愛媛大学環境ESDプロジェクトとは?愛媛大学では,平成18年に環境
ESD指導者育成カリキュラムを立ち上げ,瀬戸内の多様な風土文化を生
かし,山〜里〜海〜人が空間的にも時間的にも「つながる」活動を通じて
持続可能な社会づくりを担うことのできる環境ESD指導者を育成していま
す。今回のセミナーは,このカリキュラムの一部を開放して実施します。
■ESD(イー・エス・ディー)とは? 全ての人々が安心して暮らせる未来を
実現するには、わたしたち一人ひとりが、互いに協力し合いながら、さまざ
まな課題に力を合わせて取り組んでいくことが必要です。そうした未来へ
向けた取組みに必要な力や考え方を人々が学び育むこと、それが「持続
可能な開発のための教育」です。
[PR]
# by africa_class | 2009-07-09 17:03 | 【記録】講演・研究会・原稿

映画バオバブの記憶上映会

明治学院大学国際平和研究所からお知らせが来ました。
話題の映画「バオバブの記憶」の上映会です!

1.【映画上映会】「バオバブの記憶」
7月19日(日)開催(16:00開場、15時からのイベントあります。)
@白金校舎、31010教室
http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/katsudo/kenkyukai/kenkyukai_2009nendo/kenkyukai_2009_0719cinema_baobab.html
*オープンキャンパス同時開催!

2.【映画試写会】「花と兵隊」
7月30日(木)17:00開場@白金校舎、2401教室
http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/katsudo/kenkyukai/kenkyukai_2009nendo/kenkyukai_2009_0730cinema_hanatoheitai.html

3.【連続セミナー飢餓を考えるヒント第3回】土地と食料生産
7月16日(木)18:30開催@白金、2202教室
http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/katsudo/kenkyukai/kenkyukai_2009nendo/kenkyukai_2009_0716syokuryo3.html

*****************************
明治学院大学 国際平和研究所
TEL:03-5421-5652
FAX:03-5421-5653
http://www.meijigakuin.ac.jp/^prime
******************************
[PR]
# by africa_class | 2009-07-09 14:09 | 【紹介】アフリカ・イベント

カルリーナさん懇親会

カルリーナさん(モザンビーク大使の娘さん)を囲むランチを
かんぴーれで開催しました。カルリーナさんには、ポルトガル語
Ⅱの教務補佐として、皆のポルトガル語能力アップに大きな貢
献をしてもらいました。
a0133563_1431883.jpg

カルリーナさんを通じて、アフリカの音楽・ファッション・サファリ
について沢山学ぶことができたかと思います。
カルリーナさん、ありがとう。
(しかし、お礼の一言スピーチを英語でやった学生が多かった
のには唖然。英語が上手いからなのか、ポルトガル語ができな
すぎるのか・・・若干判別がつかないところですが)
週に6コマもポルトガル語の授業があるのに、自分の言いたいこ
とをポルトガル語で言う機会が本当に少ないのだな、と改めて思
いました。がんばれ、ポルトガル語専攻!
[PR]
# by africa_class | 2009-07-08 14:33 | 【大学】中級ポルトガル語

難民映画祭2009

今年も10月に難民映画祭が開催されます。UNHCRの主催。
2009年10月1日~8日まで、東京内で開催。
アフリカの映画もやってきます。
a0133563_14233381.jpg

注目は、コンゴの現状を訴える短編映画Gimme Shelter。
ザ・ローリングストーンズのミックジャガーがしているコンゴ
難民支援のための短編映画で、俳優兼映画俳優のベン・
アフレック(ben Affleck)が製作しています。
詳細は、http://unhcr.regugeefilm.org
[PR]
# by africa_class | 2009-07-08 14:23 | 【紹介】アフリカ・イベント

アフリカン・ドリーム

那須塩原駅近くで、アフリカ関係のイベントが企画されています。
a0133563_14182137.jpg

詳細は、以下のサイトをご覧ください。
http://tia21.or.jp/new/gocoo.pdf
ゼミ合宿でせっかく行ったのに、知らなかった・・・。
写真展、クラフト店、講演会、コンサートなど、とっても面白そうです。
[PR]
# by africa_class | 2009-07-08 14:19 | 【紹介】アフリカ・イベント

ランチwithUNHCR駐日代表

日本にいるというのに、私の生活はアフリカに満ち満ちている。
今日もアフリカ。明日もアフリカ。明後日も・・・(しつこい?)
どうアフリカか・・・というのは、さておき毎日がアフリカ。

アフリカだけではない。フェミづいているのが今日この頃。
確かに私は女性教員であるものの、必ずしも「フェミ」ではない
私が、なぜか「フェミ的」言動をせざるを得ないことが増えてい
る。なりたくないのに。周りがあまりにジェンダーに無頓着だから。

しかし、「アフリカxフェミ」・・・意味不明ながら、なんだか最強の響き。
(確実に、この瞬間に「引いている」よね、そこのあなた)

アフリカのことを研究する際、あるいはアフリカで活動する、ある
いは仕事をするうえで、「女性・ジェンダー」を避けて通ることは間
違いなく不可能である。でなければ、飢えている人の7割が女・子ど
もであるという事実を説明することができない。アフリカでは、食料
生産を担うのは女性である。割合としては8割の国すらある。(男性
は出稼ぎ・換金作物栽培に従事することが多い)マキを拾うのも、
水を汲むのも、調理をするのも女性である。食料にかかわる上流
から下流まで担う女性が、なぜ飢えるのか?そのことを考えること
なく、調査・研究、援助は可能であろうか?

「ジェンダー興味がないんです」
というのは、多くの場合女子学生である。
男子学生は、私が怖くていえない?政治的にコレクトでない発言に
なりかねないから、いわない?

かくいう私も女子大で博士号を取りながら、ジェンダーに興味が
十分あったとは言いがたかった。でも、アフリカ、いや非アフリカ、
日本でも、社会を知れば知るほど、ジェンダー分析は不可欠とい
う結論に至った。とはいえ、ジェンダー分析をする際に、われわれが
女性であるか男性であるかは重要ではない。社会の動きに「性差」
が影響を及ぼしていることを前提におけば良いのである。

「ジェンダーぐらい見ないでどうするの?」という時代が来ている。
社会の半分が女性だからということではない。社会の構造を見る
ということは、それが貧困であれ、紛争平和であれ、教育であれ、
ジェンダーは避けて通れない課題である。なぜなら、社会の形成
や進行は、権力構造抜きに語れず、権力構造の中には、ジェンダ
ーが埋め込まれているからである。好きか嫌いかは別にして。

で、毎日がアフリカX時々フェミなんで、UNHCR(国連高等難民
弁務官事務所)の駐日代表とご飯を食べる際も、クレヨンハウス
@表参道に直行。といっても、彼のお勧めだったんですが。
a0133563_13595649.jpg

クレヨンハウス知らない?落合恵子さんのお店です。八百屋屋あり、
本屋あり、レストランあり、の楽しいお店。
http://www.crayonhouse.co.jp/home/index.html
素晴らしい食材(オーガニック)、素晴らしい香り、素晴らしい味。
子ども連れのお母さんたちが結集。しかし、男性の方にこそ堪能
してほしい。
a0133563_140621.jpg

駐日代表のヨハンさん、エチオピア事務所にもいらした。
アフリカXフェミの話で盛り上がったランチであった。
[PR]
# by africa_class | 2009-07-08 14:12 | 【徒然】毎日がアフリカ

センをプロペラカフェで読む

大学院のアフリカゼミは、アマルティア・センの『不平等の再検討』
を一気に読むという無謀計画のため、息詰まらないように、学外
に出て行いました。

新任の受田先生(スペイン語、メキシコ経済研究)を誘って、皆で
自転車に乗って、武蔵野の森公園を横切り、調布飛行場沿いを
突っ走り、プロペラ・カフェに到着。飛行機を眺めながら、ひたす
らセンを読みました。
a0133563_14322410.jpg

苦しかった・・・ね。でも、受田さんがいてくれて本当に良かった。

「人間は多様だ」
「だから所得で貧困を測るだけで分かるのか?」
「でも潜在能力ってどう測る?」
「本人が気づいてない場合は?」
「だからエージェンシーが重要では?」
と、疑問をぶつけ合いながらかんがえました。

最後は脳みそが溶解してしまいましたが、実証・現地調査の難
しさの一片でも感じてもらえたら、と思いました。
[PR]
# by africa_class | 2009-07-07 14:34 | 【院】アフリカゼミ

アフリカ外交団のウェブサイト

アフリカ外交団<日本国内にある35のアフリカ大使館の連合
組織>の会合に招待された。
a0133563_1514545.jpg

モザンビーク34回独立記念レセプションのときに、ルワンダと
ガボン大使につかまり、外交団の会合に出ることを約束させら
れた。うーーん。もうアドボカシー活動*からは足を洗ったんだ
けど・・・というものの、あまり効果なし。
a0133563_15153662.jpg

久しぶりに、ガボン大使館に向かう。(ガボン大使はアフリカ外交
団長。滞日期間が一番長い大使が務める慣行。)
a0133563_151585.jpg

で、何のために呼ばれたのかというと、アフリカ外交団が設置し
たホームページをどう改善するか、というのが議題であった。
http://www.adc-japan.org/
前ブログでも紹介しているとおり、なかなか美しいウェブページ。
でも、アクセス回数はなかなか伸びない、とのこと。

このウェブで何がしたいの?
「日本の一人でも多くの人々に、アフリカに触れてもらいたい。
アフリカの包括的な情報を簡単に手に入れてもらいたい」
「アフリカ外交団の総合情報センター的な役割もきちんと確保
すべく、タイムリーに情報を提供したい」
そのためにはどうすれば良いのだろう、と話し合った。
アクセス数が増えないと、スポンサーは確保でいないし、スポ
ンサーが確保できないと、常勤者を雇うことはできないから、
タイムリーなアップデートができないし、と議論は堂々めぐり。

何をおっしゃる!もうすぐサッカー・ワールドカップin南アじゃな
いですか!!!サッカーのページはあるんですか?
ない・・・。文化はあるけど。
なぜ?
コンテンツの収集と整理ができない。
おお、もったいない。
ところで、日本は出るのか?
そんなことも知らないの!!!!出るんだよ。だから、毎日
新聞でワールドカップに向けての南ア連載があるんだよ。
でもそれって、南アだよね・・・。
・・・・。
大使館からそれぞれの国のサッカー情報を集めて、それを
整理して載せたら絶対すごいアクセスになるよ。
でも、誰がつくるの?
・・・・。
(アフリカ・サッカーを卒論ネタにしているユキヤ君、どう?)

日本人が「アフリカ」で検索したくなるキーワードにひっかかる
ように、ホットな話題を必ず載せなきゃ。
そうだよね。でも、どんなものが今ホット?
じゃあ、海のエジプト展は??
http://umieji.jp/
エジプト大使が微笑む。もちろん、宣伝してるよ。
アフリカ全般を?アフリカ外交団サイトとつながってる?
・・・・。

ということで、だいぶ一般ピープルの気持ちに接近してくれるように。
しかし、大使(一国の全権大使)クラスが、ウェブを見ながら
ああでもない、こおでもないと真面目にやり取りしているの
は、正直好感が持てた。サイトも、なかなか頑張っている。
a0133563_15362276.jpg

結局、アクセス数を増やすために、すぐできることをやること。
スポンサーを探すための呼びかけを開始することが、決まった。
ということで、以上のアフリカ外交団のホームページにリンクを
貼っても良いよという方は、ご連絡を。
africa.seminar(at)google.com

最後に、「アフリカ大使のつぶやき」とかブログ形式で入れると結構
なアクセス数になると思うよ、という提案には、ノリノリの大使とそう
でない大使に真っ二つ。おお、残念。
「某アフリカ大使のサルサ狂日記」とか、
「某『破綻国家』大使の憂国ブラックジョーク日記」とか!!!
どこの国かはとても書けませんが、とってもウケルこと間違いなし
なんですが。
[PR]
# by africa_class | 2009-07-05 15:37 | 【徒然】毎日がアフリカ

ブラインドサッカー全国大会出場

博士後期過程に在籍中のアブディン君が、ブラインドサッカー
(視覚障害者のサッカー)の全国大会に多磨のチームから
出場しました。背番号は9番。ポスターにも!!!
a0133563_17304510.jpg

「アブディンをマーク」と連呼し、ばっちりマークがつくぐらい
の著名度です。世界大会に日本代表として出ているので当
然でしょうか。チームのゴールキーパーは、ポルトガル語5
年のソータ君。
a0133563_155527.jpg

ソータ君は本学サッカー部、女子サッカー部のコーチもつと
めるとあって、女子サッカー部も結集して応援。多磨HASSA
S、3戦、2勝1引き分けで強いところを見せました。
a0133563_1551646.jpg
a0133563_1554055.jpg

子どものサッカークラブの友達4人と一緒に行ったのですが、
皆鈴の音やサポータの声だけでボールやゴールの位置が分
かる選手の様子に感嘆。「かっこいい」を連発していました。
a0133563_1555922.jpg

ブラインド・サッカーを盛り上げるライブペインティングも進行。
応援しているうちに、やりたくなった女子サッカー部と子ども+
お父さん&院生のお兄さん。開きスペースでボールと戯れて
いるうちに、本気に・・・。
a0133563_1562337.jpg

今度、小学生チーム対東外大女子サッカー部の試合をする
ことに。今日チームの会合で、お父さんたちのほうがやりた
がり(なぜ!!!???)、お母さんたちの心象を悪くしてお
りました!お父さん、気をつけよう!
[PR]
# by africa_class | 2009-07-05 15:10 | 【大学】国際関係とアフリカ

第一期生と再会

ちょっと前の話題になってしまいましたが、ゼミ第一期生と再会
を果たしました。JICA南アで働いている一期生の一時帰国に
あわせて、1名を除き全員が結集。一期生の皆さんといえば、
私がまだ着任早々で、どうやってアフリカ54カ国を教えてい
いものか、手探りの時代。ほとんど「実験台」状態・・・ごめん!

でも、男子ゼミ生の手作りケーキやマドレーヌ、チョコなどを
堪能した1年間でもありました!

しかし、皆働き盛り、というか「こき使われ盛り」のため、全員が
集合したのは夜11時10分・・・。特に、商社やデパートと加重
労働させられがちな業種にいってしまった皆さんのこと。過労
死すれすれで働かされているようです。

とにかく、身体には気をつけて!今度は、ともちゃんも参加でき
ると良いね。
a0133563_14503310.jpg

[PR]
# by africa_class | 2009-07-05 14:53 | 【大学】アフリカゼミ(3・4年)

今夏のアフリカへの飛行機チケット

ゼミ生の人たちに、私の南アへの往復チケット代(7月末出発)が14万円
で、しかも全日空(香港まで)と南ア航空(ヨハネスブルグ)を使うといった
ら、ほぼ全員が「え~やすい~」と叫んでました。

もしかして、アフリカに行くのって、ヨーロッパ経由で・・・とか思っていまし
たかね?一番安いのは、やはりドバイ経由で、エミレーツ航空、カタール
航空が日本から出ています。乗り継ぎもスムーズで、大体10万円ぐらい
でナイロビにいけるはずです。

ということで、アフリカは高い!と思って断念しているあなた。ヨーロッパ
より安い時代になりましたので、是非アフリカへ。お盆休み中ですら、
そんな高くなかったです。

ただし、アフリカ域内のチケット予約は普通の大手旅行会社でも慣れて
いないのでイライラする上に高いです。ですので、アフリカ専門の旅行
会社である道祖神へご相談ください。

道祖神は、アフリカの旅と文化の情報誌DoDo Worldを発行していて、
アフリカのことを日本に紹介すべく頑張っている会社なので応援してあ
げてください。

詳しくは、http://www.dososhin.com
0120-184-922
私の担当者は紙田さんで、超スピーディに予約を済ませてくれます!
[PR]
# by africa_class | 2009-07-01 18:04 | 【紹介】アフリカ関連情報

アフリカまるわかり講座2009

JVC(日本国際ボランティアセンター)が「アフリカまるわかり講座」を
開催中です。第二回は、雑貨を通じてアフリカに迫るという趣旨で、
下北沢にあるアフリカ雑貨のお店「African Forest」の店長である
小島美佐さんが講師です。

日時:7月24日(土) 14時~16時
場所:北沢タウンホール2階 第二集会室(下北沢)
申し込み方法などは、JVCアフリカボランティアチームのウェブへ
http://www.ngo-jvc.net/blogs/africateam/kouza2009.html

*ボランティアチームへの参加も呼びかけるそうです。興味のある人は、
毎週火曜日19時半~JVC事務所で開催中なので、自由に参加してみて。
(東上野1-20-6丸幸ビル6階*上野駅から歩いて10分)
担当渡辺さんnabekama(at)ngo-jvc.net)
[PR]
# by africa_class | 2009-06-30 12:57 | 【募集】インターン・ボラ

ザンビアルサカ市のプライマリーヘルスケア

JICA地球の広場での企画です。
「人間の安全保障の実践を考えるセミナー」シリーズ第7回
~ザンビア・ルサカ市プライマリーヘルスケアプロジェクトの事例から
  共に考えよう!

日時:2009年7月10日(金)18時半~20時
場所:地球の広場1階 体験ゾーン 市民のひろば
参加申し込み:chikyuhiroba(at)jica.go.jp
[PR]
# by africa_class | 2009-06-30 12:53 | 【紹介】アフリカ・イベント

本日ゼミは104

大学院の皆さん、休学中の皆さんも参加可能です。
本日5限は、本学博士後期過程に在籍中の、ゼミ第二期生だったアブディ
ンさんの研究発表です。その後、私の研究発表というか、どのような過程
を経て研究・論文執筆に至り、どのように書いたのかを説明します。

私の本の書評と以下のインタビューを読んでから来てください。
http://www.grips.ac.jp/forum/africa/interview/9.htm
[PR]
# by africa_class | 2009-06-30 12:37 | 【大学】アフリカゼミ(3・4年)

合宿(2)

夜はBBQ。
a0133563_2228298.jpg

BBQの後には、ガーナ人の先生がレクをしてくださいました
。ティモティー先生。
2001年に研修に来て、今年1年の予定でほかのアフリカ研修生に教え
るそうです。元々は宣教師で、農薬と化学肥料を売る仕事をしていたそう
ですが、その健康・環境に与える大きな問題に悩むようになり、さらには
農民たちが化学肥料などに頼っては生活がより貧しくなる現状を目の当
たりにし、有機農業の研修に来日。アフリカ農民にこんなソリューション」
があったかと目から鱗だったそうです。3年生が準備してきた質問に沿っ
たやり取りでしたが、非常にふかーい話が聞けました。
a0133563_22284797.jpg

あえて全部訳さなかったのですが、今日聞いたら皆ほとんどわかって
いなかったよう。もったいない。あまりに。ガーナの英語でカカオは、ココ
と発音するらしく(英語はココア)それが分からなかったようで。うーーむ。
私の英語もポルトガル語も、日々アフリカ化しているのでまったく気にな
らなかったのですが、確かに、慣れてないと厳しかったかも。でも、本当
の本当に面白い話だったんですよ。また時間ができたら要約を掲載しま
す。
a0133563_2228597.jpg

翌朝は当然、卒論発表でした。
あまり寝ていないにもかかわらず、この真剣な顔!皆、よい発表でしたよ。
a0133563_22291098.jpg

が、こーんな風になってしまう人も。
a0133563_22293298.jpg

なぜか、こんなレストランが。しかし、誰がFBIでスパゲッティ食べたい?
帰り道は皆との温泉をあきらめ、東京に向かいました。後1時間遅かった
ら、60キロの渋滞に巻き込まれていたところでした。しかし、自転車にはま
っているクラーセンに今度は車を手放してもらうべく、説得工作中です
a0133563_2237550.jpg

帰ってきたら、カイコちゃんがこんなに大きくなっていました。
なんだか、可愛くなってきた。
[PR]
# by africa_class | 2009-06-29 22:38 | 【大学】アフリカゼミ(3・4年)

ゼミ合宿in西那須野

ゼミ合宿が無事終了しました。西那須野にあるアジア学院に土日行ってきました。
アジア学院は、アジアだけでなく、アフリカの農村リーダーの研修も行っています。
先日の朝日新聞のアフリカ特集で取り上げられたことについては、すでに旧ブログで
書いたとおりです。
http://africaclass.blog.shinobi.jp/Entry/316/

3・4年のゼミ生、元ゼミ生(卒業生)とその彼氏たち、そして私の家族と総勢25名ほ
どで、行ってきました。

一日目は、農業研修。
なぜ、農業研修なのか・・・は、また今度ゆっくり。とりあえず、合宿報告をしてしまい
ます。
a0133563_1211310.jpg
a0133563_1211129.jpg

アジア学院は基本的に自給自足しています。畑のサトイモの周りの雑草抜きが今回
のお仕事。とった雑草は牛ちゃんたちの餌になります。しかし、この雑草の根っこの
はり具合が半端じゃなかった。しかも、何事にも夢中になるアフリカゼミの面々・・・。
雑草はすべて抜くぐらいの勢いで・・・したので、前に進まず、あっという間にタイム
アップ。もっともっと労働したい、畑が全部きれいになるぐらいやりたい、との声も
出ましたが、次の作業が待っていたため、断念。
a0133563_12112423.jpg

学院内でつくるパンの原料、小麦の仕分けをしました。わらをハイジのベットみたいに
使いたい!と私が言っても、「ハイジ世代」ではない学生の皆さんはきょとん。年齢さ
を感じた一瞬でした。
a0133563_12113845.jpg

懐かしの軽トラの荷台。アフリカをこんな感じでヒッチハイクした日々が懐かしいです。
さすがに、もうやりませんが。(子供のためにも長生きしなければ、なんで)
a0133563_1211514.jpg

サッカーに興じる男子諸君。2対8の割合で男子が少数派だったアフリカゼミも、なぜ
か今年は男子数が二倍に。うちの男子二人も投入すると、こーんな感じでふっとサル
が可能となりました。
[PR]
# by africa_class | 2009-06-29 12:12 | 【大学】アフリカゼミ(3・4年)

青大蛇のペロペロくん

畑に変貌を遂げた庭には、いろいろな生き物がやってくる。
最近は猫だけでなく、犬まで嬉しそうにやってきて、なぜかジャガイモの苗の
横にいて「ココホレ、ワンワン」ともいわんばかりに掘ろうとする。おそるべし
野生。(でも、犬はジャガイモ食べるんだろうか)

そういえば、我が家の愛猫ピイピイは、「ごぼうサラダ」が大好き。
テーブルにおいておいた、まさか食べないであろう「ごぼうサラダ&マヨネーズ」
が綺麗さっぱりなくなっていたときには、真剣に驚いた。

相変わらず、竹との闘い、いや竹を愛する連れとの闘いは、終わらず、梅雨に
なったとたんに毎日10センチ以上も同時に伸びる何十という竹に、ため息の日々。
http://africaclass.blog.shinobi.jp/Entry/123/
(竹問題は、前のブログで)
こっそり切ってたのがバレて、大目玉。
しかし、トカゲが竹と同じ色になってきたのには、さすがの私も唖然。

でも、我が家で一番よく働いている生物は、なんといってもミミズちゃん。
見つけては、コンポスト(生ゴミを堆肥化する容器)に放り込んでいるうちに、丸々と
太ってしまい、へびになったか、と思ったほど。

今日の青大蛇は、しかし、このミミズちゃんではありません。
a0133563_0575716.jpg

ぎゃー。見つけたのが私でなくてよかった。

なんでも毒はないそうで、隣のおじいちゃんによると、子どもの頃可愛がっていたそう。
首に巻いて、よしよししてやると、ペロペロなめてくれて、それがとっても可愛かった・・・
そうで、今日からこの青大蛇のあだ名はペロペロくんになりました。
末永く、我が畑で、いろいろな生き物と共存してね。
[PR]
# by africa_class | 2009-06-27 01:00 | 【徒然】深大寺日記

モザンビーク記念レセプションに学生がデビュー

ポルトガル語中級くらすを手伝ってくれているモザンビーク大使の娘さんの招待で、
学生の皆さんも第34回モザンビーク独立記念日式典に参加しました。

a0133563_1724229.jpg

「孫にも衣装」で、アフリカ大使たちに囲まれる学生の皆さん
セネガル、ガボン、ジブチ大使。
[PR]
# by africa_class | 2009-06-26 17:03 | 【大学】中級ポルトガル語