ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

タグ:アフリカ授業 ( 4 ) タグの人気記事

4月9日(土)に「最終講義」を行います。

第一弾広報が届いたので共有します。

卒業生たちの提案力・行動力・結束力の凄さを思い知る今日この頃です。一応日時・場所・プログラムぐらいはお伝えしておいた方が良いだろうということで、共有しておきます。ゼミ生同士のネタ出しの結果がとても楽しかったです。あくまでもゼミは彼ら主体なんで、私はお手伝いに徹っします。「東京鬼ごっこ」というアイディアもあったようで、実際はこれが一番やりたいかもですが、次回企画で…。

「拡大ゼミ」では、悩める若者同士の素晴らしい出会いになるといいですね。社会と自分・他者との関わりについて考えるワークになるようですよ〜。(元ゼミ生らで案を練ってます)

私は講演の方を主担当。
そこは、音楽・映像・写真を使いつつ、世界史的展開の中におけるちっぽけな自己の奮闘を数々の過ちを含め、赤裸々に語ろうかと思っています。世界と日本にこういう「アホ」がいたと思ってもらえるだけでも、皆の日々とこれからの奮闘に何か寄与できることがあれば…。なので、学術=活動=日常=空想が螺旋状にぐるぐる渦巻く話になっていくこと間違いないので、学術トークを期待される方はまた別の機会に。

(第一弾広報)
===================================
元東京外国語大学 舩田クラーセンさやか先生 最終講義

1.主催
東京外国語大学アフリカゼミナール&院生(2004年〜2014年)有志一同

2.日時 
2016年4月9日(土)
・一般向け最終講義:15時30分〜18時30分
・懇親会(どなたでも参加可能):19時〜21時

3.場所 Goblin. 代官山
東京都渋谷区恵比寿西1-33-18 コート代官山 B1F
(代官山駅から徒歩3分、中目黒駅から徒歩5分、恵比寿駅から徒歩7分)
URL http://goblinspace.jp/goblin-daikanyama/

4. タイムテーブル
13:00 拡大ゼミナール
     (若者向けの内容となります ※自分が若者と思う方はご参加いただけます)
15:00 一般向け講演会受付開始
15:30 一般向け講演会開始
18:30 一般向け講演会終了
19:00~ 懇親会

5.参加費
講演会・拡大ゼミ参加費 :2000円(学生:1000円)
懇親会参加費 :4000円(学生:2000円)
講演会+懇親会:5500円(学生:3000円)
※差し入れ・お酒持ち込み歓迎

6.参加申し込み
下記フォームよりお申し込みください
(4月8日まで受け付けておりますがお早めにお申し込みください)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/fe25f1fa418312

7.ご質問
下記アドレスまでご連絡お願いします
Mail: africa_seminar2016@yahoo.co.jp
========

(以下は更新なし)
2013年度の終わり、病気が悪化し、ゼミを途中で放り投さざるを得なくなってもうすぐ2年が経過しようとしています。病気休職したものの、ちっとも病状が良くならない苦しい1年間を経て、思い切って大学を辞めたのが2014年度の終わり。ゼミ第9期生、10期生、11期生には、本当に迷惑をかけ、最後まで論文指導のできなかった大学院生達には本当に申し訳ない思いで一杯でした。

でも、京大からお越しになった島田先生、坂井先生の素晴らしいご指導のもと、皆立派に成長し、巣立っていくこととなりました。一番しんどい時に、休むこと&辞めることを快く認めてくださった先生たち(これにはアフリカだけでなく、ポルトガル語教員の仲間達も含まれますが)、学生の皆さんに、心から感謝申し上げます。

そして、長い冬にもようやく春のような兆しが訪れ、日によってばらつきがあるものの、後一歩というところまできました。ふりかえってみると、とにかく全てが止まった・停滞の2年でしたが、家族と友人、仲間達に支えられ、なんとか苦境を乗り越えることができそうなところまできました。みんな、本当にありがとう。

2年前にも、1年前にも、とてもやろうと思わなかった「最終講義」。
でも、これから先、当面日本で教えることもないだろうと思った時に、やはりケジメをつけたいなあと思うようになりました。現在、2016年4月9日に開催の方向で、元ゼミ生たちが準備してくれています。

元ゼミ生たちが私のあれやこれやの我が侭に協力してくれているのですが、私の中では途中で立ち去らなくてはならなかったゼミ生たちと「最後のゼミ」を、先輩たちの助けを借りながらやりたいと思っています。そして、ゼミ生以外の若い人たちと語らい合う空間も、お願いしました。ただそれは、「私=>若者」ということではなく、「アフリカゼミファミリーpresents」という形でできないかな、とお願いしています。

ファミリーといえば、私が大学に着任した時4才だった息子は今年16才。すでに、185センチを超える、足のサイズ29センチの大男(おっさん)となりました。初期ゼミ生たちにはあまりに衝撃でしょう。小さな頃から息子と遊び戯れてくれていたゼミ生たちは、結婚も出産もとにかく早く、続々と「孫」が産まれています。先日も、三期生から産んだ翌日に喜びの声を届けてもらい、若い人と関わる仕事というのはなんと幸せな仕事だったのだろう、と実感しているところです。そして、今日は家族同然の四期生(が出たのは何期じゃ・・・)彼から、結婚のお報せが。

そんなファミリーにも同窓会として是非活用してほしいものです。
ただ、後半は一般向けの講演会を予定しています。

というのは、私あえて授業で一方的にしゃべるというスタイルを排除してきたもので、本当は伝えたいこと沢山あったのだけれど、まったく伝えないできたからです。このことは既に何度か書いたので、繰り返しませんが、「問い」を投げかけて、共に考える方式をとっていたので、「先生さぼってるー」感が否めませんでした。なんか、授業構成も内容もすでに押しつけである以上、中身の進行まで押し付けるのはなんか「アカン」という重しがありまして、1年に一度だけゼミ生対象に講義しただけで11年を終えてしまったのです。

なので、これまた我が侭なんですが、「一方的に話す機会」を勝手に設けてほしいとお願いして、一般公開部分は一方的に講義します!といっても、多分無理なんで、後ろの方はざっくばらんなオープンなやり取りができたら、あるいは懇親会を設けてもらえれば、とこれまた注文をつけてしまったところ。

まあ、学生時代から「企画もの」については、びしばし指導していたので、大丈夫だよね?
とこれまた勝手に押し付けてごめん。
でも、参加した皆が後悔しないような、なんか未だかつてない楽しいものにしたいと思っています。

詳細は、会場とりが難航しているらしいので、それが決まったらまた告知します。とりあえず、4月9日の午後から夕方は是非私たちと共にお過ごしくだされば嬉しいです。若者で関心がある人は、「拡大ゼミ」を午後の早い段階でやると思うので、楽しみに。(ゼミ生でなくとも、外大生でなくとも、もはや学生でなくても、「若者」と思えば大丈夫)。





[PR]
by africa_class | 2016-01-27 22:20 | 【記録】講演・研究会・原稿

卒論発表会2013年度(1月21日14時30分~)@外大

今年も素晴らしい卒業論文が揃いました。
年末は特に私も家族も卒論にうなされましたが、11名の力作です。
大半が多数の英語や原語の文献、そしていくつかは現地調査に基づくものです。
「問い→仮説→実証→結論」の手順を踏まえた、チャレンジ論文。
それぞれらしい、「魂」のある論文ばかりとなりました。

発表会を来週火曜日に行います。
ぜひ、起こし下さい。

==========================
アフリカ政治経済ゼミナール 卒業論文発表会2013
==========================

■2014年1月21日(火曜日)14時30分~17時30分
(*途中出入り自由です。延長が予想されます)
■東京外国語大学(府中キャンパス)研究講義棟1階100教室
■学内:参加自由、学外者:事前にご連絡下さい。
africa.semiar<@>gmail.com
■Peer education/reviewを採り入れているので、聴衆にも評価に加わって頂きます。

【農業】
○「構造調整後の小農支援政策の小農に対する影響―マラウイの事例から―」
○「日本の女性農業者の地位向上の歴史と残された課題」
○「サブ・サハラアフリカの農民組織形成の背景とその役割
―モザンビークの農民運動ネットワークの事例から―」

【経済】
○「ナイジェリア映画産業の課題―ノリウッドの事例から―」
○「南アフリカにおける中国製品流入の影響―繊維・衣料産業の事例から―」

【政策】
○「ジェノサイド後のルワンダにおける経済政策の有効性―コーヒー産業の事例から―」
○「ルワンダにおける健康保険の拡大ー政府の貧困削減政策に注目して」

【紛争】
○「コートディヴォワール共和国で2002年に内戦が起こった原因―市民社会を中心に考える―」

【教育】
○「カメルーンにおける二言語公用語政策の役割ーバイリンガル教育を切り口に」
○「レソトにおける高学歴失業ー外部依存の雇用と教育のミスマッチ」
○「アフリカにおける中等教育の課題―ガーナ共和国を事例に―」
[PR]
by africa_class | 2014-01-16 02:57 | 【大学】アフリカゼミ(3・4年)

2012年度、東京外大で7つの経済・社会・政治・国際協力・文化の専門(ドリーム)授業が履修可能に

本年4月、東京外大でアフリカコースが立ち上がったのに伴い、
旧カリキュラムの学生にもアフリカの授業を準備しました。
いずれも、アフリカ研究の第一人者ばかりです。
ドリーム授業をお楽しみください。
 そして、この先生たちの凄いところは「アフリカ地域研究者」
に留まらない点。世界を見るためアフリカを見てる。アフリカを
見るから見えてくる世界、日本・・・を研究のターゲットにしてい
ます。そして人びとの側に徹底的に立とうと試みて、研究され
てこられました。皆さん、語り口が非常に穏やかでかつ専門的
なので、学部生にはその凄さがなかなか分からないかも。
 でも、分からなくても分かる時がきます。どうぞ、深く刺激さ
れてください。
 ちなみに・・・小倉充夫先生は私の指導教官だった先生で、
本当のほんと~に小倉先生が学外でこういう講義をされるの
は珍しいことなのです。珍しいだけでなく、今年度で津田を退
官されるので、おそらく外大が最後の機会になるかもしれま
せん。話は多分、難しい・・・と思いますが、噛みしめるように
聞くと本当に有難いお話ばかりなんで・・・。(私と見かけも、
話ぶりも、教え方も、すべて正反対なので戸惑うかも。でも
魂は同じだと私は勝手に思っています。先生に内緒ね。)
 なお、いずれの先生も学問的には非常に厳しい先生方なの
で、一生懸命勉強するとともに、居眠り・携帯など本当に注意
してください。忙しい時間を皆さんのために無理して割いてくだ
さっていることをどうぞ忘れずに。

■2012年度開講 東京外国語大学専修専門科目■
<<なお授業案内では*がついていませんが、2年生も全授業
の履修ができます>>

■前期:
小倉充夫「アフリカ研究と国際社会学」(金2限224教室)
島田周平「アフリカ学入門:農業問題」(木2限543教室)
坂井真紀子「アフリカ国際協力論」(金3限209教室)
舩田クラーセン「国際関係とアフリカ」(月4限115教室)
■後期:
北川勝彦「アフリカ社会経済論」(集中)
鈴木裕之「アフリカ文化論Ⅱ」(金2限115教室)
島田周平「アフリカ学入門:民族問題」(木2限543教室)
坂井真紀子「アフリカ国際協力論」(金3限209教室)
舩田クラーセン「現代アフリカ平和・紛争論」(月4限115教室)
[PR]
by africa_class | 2012-04-11 19:05 | 【紹介】アフリカ関連情報

PARCで「アフリカ人びとのチカラ]

今週から、PARC自由学校で、「アフリカ―人びとのチカラ」クラスがはじまります。錚々たるメンバーです。映画監督自身の声もきけますし、是非受講してみてください。有料ではありますが、社会人の人たちも多数参加しますし、勉強になること間違いなし。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アジア太平洋資料センター自由学校 
Pacific Asia Resource Center(PARC) Freedom School
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL:03-5209-3450 FAX:03-5209-3453
☆2010年度PARC自由学校受講絶賛受付中!☆
http://www.parc-jp.org/freeschool/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【スケジュール:敬称略】
★5/14 テーマ:方法としてのアフリカ
■講師:勝俣 誠(明治学院大学国際学部教員)
「日本から何百万の兵隊が行っていますが、この人たちは何を見たかというと、何も見ていない。(中略)なぜ見えないかというと、自分に問題がないからです」(竹内好)を考えます。
★6/4 アフリカの伝えられ方―日本における報道
ウィリー・トコ(東京大学大学院学際情報学府博士課程 学際情報学専攻)
私達はメディアの「かわいそうなアフリカ」と向き合い続けるのか、あるいは別の目線から「別のアフリカ」に向き合い創めるのかを明確にする
時が来ていると私は思います。
★6/18 誰のための開発援助?―人びとの視点での協力とは
舩田クラーセンさやか(東京外国語大学総合国際学研究院准教授)
日本を含む国際社会は「アフリカ援助の倍増」を宣言している。しかし、これまでのアフリカ支援は人びとのエンパワーメントにつながってきたのであろうか?本講義では、政府批判に終わるのではなく、アフリカの人び
との力になれる協力について考える。
★7/3(土)つくって食べてアフリカを感じよう!
この回では、在日アフリカ人の講師をゲストに招き、皆でアフリカ料理をつくって食べます。文化や生活などのお話を伺いながら、五感を使ってアフリカをたっぷり感じます。
★7/23 「われわれ」の物語としてのアフリカ文学
砂野幸稔(熊本県立大学教授)
「物語る」ことによってある共同性の空間を立ち上げようとするプロジェクトとして、20世紀のアフリカ文学をとらえ直してみたいと思います。
★9/14(火) バイオ燃料と『途上国』―アフリカ農民の暮らしから
稲泉博己(東京農業大学准教授)
バイオ燃料は最近の世界情勢の中でも極端な浮沈を見せている事例の一つです。この動きがアフリカの農民にどのような影響を与えているのでしょうか。皆さんと一緒に考えたいと思います。
★10/1 アビジャンのストリートと音楽
鈴木裕之(国士舘大学教授)
コート・ジボワールの大都市アビジャンで生きるストリート・ボーイたち。彼らがどのように生きているか、なにを考えているか、どんな音楽やダンスをつくりだしているか、映像を交えながら紹介します。
★10/15 女が男を選ぶ?―ケニア・ルオ社会の結婚とセクシュアリ
ティ椎野若菜(東京外国語大学アジアアフリカ言語文化研究所)
アフリカには人間が生きていくための、社会を営んでいくための、とても豊かな人間の知恵があつまっています。ケニア・ルオ社会の事例をもとに性と社会、男女関係のありようを考えてみましょう。
★11/6(土)14:00~17:00 巨樹バオバブと共に生きる人びと
◆上映作品:『バオバブの記憶』(監督:本橋成一/日本/102分/2009
/配給:ポレポレタイムス社) 本橋成一(写真家/映画監督)
「バオバブの記憶」は、セネガルのある村でバオバブの樹とともに暮らす少年とその家族を描いたドキュメンタリーです。この映画を通して、本来の豊かさとは何かについて考えてほしいと思います。
★11/20(土)14:00~16:00 映画にはえるアフリカ―アフリカ映画
のチカラ 分藤大翼(信州大学全学教育機構准教授)
もはやアフリカは外から覗かれてばかりはいません。アフリカの人々がアフリカのことをどのように見据えているのか。「アフリカの見方」をアフリカ映画から学びましょう。
★12/3 「内戦」を生きるキプシギスの共同体
小馬 徹(神奈川大学人間科学部教授)
2007年末の大統領選挙の直後、ケニアは内戦状態に陥った。キプシギス人は四囲の多民族ばかりか行政府とも戦った。混乱の中で共同体はいかに生き延びて社会を再生したか。
★1/7 アフリカの人びとによる社会運動
津山直子(JVC南アフリカ事務所前代表)
自らの生活を向上させ、地域社会、国、世界を変革していこうとするさまざまな社会運動の視点から、アフリカを理解し、そのエネルギーを感じたいと思います。
★1/21 人びとのチカラ―政府を当てにせず、自立する
松本仁一(ジャーナリスト)
多くの国で政府は腐敗し、貧困は放置されている。もう政府になど頼っていられない、という草の根の動きが各地で生まれている。



[PR]
by africa_class | 2010-05-10 13:59 | 【記録】講演・研究会・原稿