ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

タグ:リズムの力 ( 1 ) タグの人気記事

世界の中の「抵抗の音楽/音楽の抵抗」、日本の反原発運動の今(その1)

この後いくつかシリーズで書いています
●世界の中の「抵抗の音楽/音楽の抵抗」、日本の反原発運動の今(その2)
http://afriqclass.exblog.jp/15724514/
●抵抗の音楽【ミュージック・ボックス1~4】:ボブマーレー、マリア・ベッターニャ、シコ・ブアルキ
http://afriqclass.exblog.jp/16338523/
●おんなたちへ【抵抗の音楽】(A rose is still a rose by Aretha Franklin)
http://afriqclass.exblog.jp/16339368/

反原発デモに参加して以来、ずっと書きたいと思っていたテーマです。
「抵抗の音楽」についての話は、3・11後に急に言い出したことではなく、
私の授業で毎年必ず取り上げるテーマだったのです。(ブログの右側
の紹介CDやDVDをみてもらえれば分かるかも)
 今週日曜日の夜、大飯原発前で身体をはって抗議活動をしていた市
民の皆さん、それを24時間タイコを叩いて応援し続けた皆さんをみて、
居ても経ってもいられず、ツイットでは少しだけ書きました。
 これをまとめる形で書きたいのですが、今日も各種締切があり、とて
も満足いく形で書けそうにないので、出だしだけ書いておきます。

●ラブソングや弔いのアカペラを「抵抗の音楽」として流し続けた南アの
反アパルトヘイト運動のミュージシャン。
●アメリカ合衆国南部のアフリカ系アメリカ人に親しまれたゴスペル。
●奴隷としてアフリカ大陸から連れてこられた南アメリカ各地で脱走し
てコミュニティを創った人たちのアフリカンドラム。
●世界構造のオカシサを批判し、連帯の重要性を歌ったレゲエ。
●ヨーロッパで、世界で、社会問題に迫ったロックやパンク。
●独立後のアフリカ政府の腐敗と独裁と闘ったフェラクティ(ナイジ
ェリア)やアルファ・ブロンディ(コートジボワール)。
●ブラジルの軍事独裁と闘ったMPB、カエターノ・ベローゾ等の
ミュージシャンたち。

 思い付いた順番なので、脈絡がありませんが、以上に共通してい
る特徴は、非暴力抵抗と連帯を呼びかけただけではありません。そこ
には、アフリカ由来のリズムとビートが刻み込まれていた・・・という
ことです。そして、繰り返しのメッセージ・・・これもアフリカをはじめと
して世界中の人びとが連帯のために行ってきたチャントChantに由
来するもので、アフリカ音楽では極めて重要です。
 つまり、タイコ&チャントは人びとの集まりと、抵抗運動において
極めて重要な役割を、世界中で果たしてきたのです!
 中学生の時に、ブラジルのアフロ系音楽に触れて以来、このこと
に魅了されてきた私としては、21世紀を迎えたこの日本で、鑑賞音
楽としてではなく、抵抗のための音楽としてこれを耳にし、体感する
時代が来るとは全く予想していませんでした。
 まずはそのことを、皆さんに伝えたい・・・そう思ったのです。
つまり、日本の市民の運動が、自らの内なるビートやチャントのオリ
ジンに立ち戻りながら、世界的な抵抗運動に連なる新しい「トラディ
ッション(伝統)」を、今、絶望の中から、生み出している・・・というこ
とに、それを誰かの号令ではなく、一人一人の創意工夫によって、
各地での試みによって、なされている・・・・という点に、驚き、感激し、
希望を見ているのです。

 もう仕事に戻らねば:・・・。
一応、日曜日夜に興奮してツイッとした内容をコピペしておきます。
原始的なやり方でコピペしたので、読みづらいと思いますがすみま
せん。
 同じくNYから抗議運動をUstでみていた坂本龍一さんが、すぐ
さま大飯前の人びとのコールに音を載せて曲を創られました。
http://soundcloud.com/gunonayuta/oi-protest-rs
世界レベルで音楽をやっている人、活動をやっている人にとって、今
日本各地で行われている抗議運動、大飯前の24時間の市民が奏で
続けた声・音は、人類の長いスパンの歴史と世界に連なっていくもの
であると同時に、人間の中にある創造力の発現とリアルに結び付いて
いて、そこのことに「共鳴、感謝」しているのだということを、伝えたい。

●大飯原発前抗議活動。すごい太鼓音。リズムです。ブラジルでのデモを想い出します。非暴力、文化的アクション。皆さんを誇りに思います。
●大飯原発再稼働反対。坂本龍一による大飯プロテストのコールをサンプリングして急ぎ作ったトラックをアップ→ http://soundcloud.com/gunonayuta/oi-protest-rs #skmtnews 大飯原発最前線でガンバッテくださる皆さんに声援と感謝をこめて。
●今、機動隊が非暴力で両手を上にあげて、暴力反対と歌い続ける市民たちを「排除」しようと迫っています。この状況でも暴力反対を歌い続けてる。両手をあげているのは冤罪をかけられないため。→http://www.ustwrap.info/multi/iwakamiyasumi3::iwakamiyasumi 皆、国家権力が何をしているか目に焼き付けて下さい。
●リアルタイムで今、大飯原発前で起こっていることを目に焼き付けよう。人びとを守ることを放棄し、人びとを抑圧することに血道をあげる国家権力。それを報道しない日本のテレビ。押し寄せる警察に非暴力を貫きコールし続ける人びと、叩き続けられるドラム
●タイコの力に感謝。この「リズム」の応援がなければ、この長時間は無理だったろう。世界中で「抵抗の象徴」であり、権力を持たない庶民の「力の源泉」であり「仲間」なのだ。タイコがあることで、アクションをお祭り騒ぎと勘違いする人は世界を知らなすぎる
●音楽と抵抗の歴史については、南アフリカの反アパルトヘイト運動と音楽の役割をドキュメンタリータッチの映画としたAMANDLA!←http://afriqclass.exblog.jp/(ブログのライブログに掲載)抵抗の歌は現在の南アフリカの国歌Nkosi Sikelel' iAfrikaとなった。
●↓反アパルトヘイト歌で現南ア国歌Nkosi Sikelel' http://www.youtube.com/watch?v=tTtINHRja4k&feature=topics サッカーワールドカップ南ア大会時も繰り返し流れた。
●Nkosi Sikeleli歌詞「皆を呼ぶ叫びが響く。やがて我らは団結して立ち上がる。自由のために力を尽くし、共に生きていこう」http://www.youtube.com/watch?v=qXKur2FAN7g&feature=related 今、大飯で起きてること
●アフリカは「抵抗のための音楽、音楽による抵抗」の宝庫。それがディアスポラによってアメリカに伝播。それが世界に普及←現在の世界音楽の基層はこれ。世界に知られるアフリカの抵抗音楽にはさっきのNkosi Sikeleli..やFELAKuti→http://www.youtube.com/watch?v=9P2WsyTT7-A 
●世界の抵抗音楽についての番組→Music of Resistance シリーズ。モザンビークの貧困や水問題と闘う古くからの友人バンド・マスコス(Massukos)→http://www.youtube.com/watch?v=7a0a6Pxola4&feature=relmfu(ポルトガルのアフリカ移民と音楽→http://www.youtube.com/watch?v=cmUSH99xQw0&feature=relmfu
●そうですね。絶望ではなく希望を。憎しみではなく愛を。悔しさを強さに。痛みを共感に。悲しみを洞察に。分断ではなく繋がりを。だいじょうぶ。今日が終わりじゃない。今日を活かすために明日を見つめよう。明日を活かすために今日を諦めない。いっしょに。
●タイコを叩き続けることを可能にしているのは、警察の前の最前列に腕を組んで守っている非暴力の市民がいるから。タイコ周りの人が踊ってるのを変と思う人は、「タイコと踊り」が兄弟・恋人同士ぐらいに結びつきの深いものであることを知らないから。大飯前
●そして、タイコも踊りも、人を解放し、強くし、何より人同士を結び付ける。それが恐ろしくて、タイコを禁止した宗教指導者も。そしてアパルトヘイト下南アではミュージシャンこそが、真っ先に逮捕、拷問、暗殺された。http://www.youtube.com/watch?v=9rD6LxhZuuc ←映画Amandla!
●大飯原発前。凄い。機動隊前で抵抗音楽(Resistance Music)としてもグレードアップ→http://www.ustream.tv/channel/iwj-oita1#utm_campaign=t.co&utm_source=8481195&utm_medium=social私たちは、人間の力、Creation現場に立ち会ってる。独立メディア2chで延べ40万人以上がこれを視聴http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi#utm_campaign=t.co&utm_source=3532343&utm_medium=social
●私のモットー「今、中心にいる人たちの目に見えるものではなく、彼らの見えてないものこそを見る」において、①日本の中山間地で起きていること、②アフリカの農村で起きていること、③大飯原発前や日本の各地で起きている抗議行動、④若者のつぶやき…は等しく重要な重みがあります。
●↓抵抗の音楽について、多くのリツイート、ありがとうございます。運動における音楽(タイコやリズム)と踊りの重要性・普遍性に、皆さんも興味を持たれたのですね。今日はブログでも紹介した「ことばの力」について。コンゴ初代大統領の獄中の最後の手紙
●[exblog] コンゴ(民)初代大統領ルムンバの獄中からの最後の手紙「息子よ http://bit.ly/Mo7WH4

民衆の抵抗と音楽(その2)は→http://afriqclass.exblog.jp/15724514/
[PR]
by africa_class | 2012-07-06 12:24 | 【知る】抵抗の音楽