ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

タグ:自然農 ( 3 ) タグの人気記事

「楽園」から遠く離れてしまった私達として

畑仕事も終わり、翻訳もまずまずで、後数時間で空港に息子を迎えにいかなければならない。

この半年書こうと思って頭で書いていた文章が、なぜか突然溢れ出す。
乳飲み子だった彼を寝かしながら、毎晩頭で書いていた博士論文のときのように。

子が寝ると、そっと起きてPCに向かう。
暖房のない兵庫の山奥の部屋で、頭の中から溢れ出る情景と言葉をキーボードに落としていく。

あのときの情景は、モザンビークのミオンボ林の中を彷徨いながら解放戦争を生きる子どもたちの姿だったり、インド洋に浮かぶダウ船を自由に操る「海の民」の勇敢な姿だったり、ポルトガル人との混血の官使の下、素手で石や砂を集めさせられて鉄道を敷いていく男性たちの姿だったり、和平を祝い舞う女性たちの姿だったり、時空の彼方のものであった。

いま、言葉が頭から溢れ出る瞬間は、畑仕事から戻ってくる瞬間だったりする。
日々変化する何かとふれ合い、語らい合うと、感性の何かが刺激されるようで。でも、畑の中にいる間は「言葉」ではない。「感触」なのだけれど、家にはいった瞬間に、それが言葉になって空に舞い始める。

でも、それを目で見える文字に変換する時間などないほどに、色々なことに追われてきた。だから、一切「文字」にしてこなかった。自分のやりたいことを、自分のためにやることは、依然として得意ではない。これは、19歳のときに誰かと暮らし始め、母になってからずっと感じてきたことだった。

家族がいるということは何よりも代え難い幸せでありがたいことである一方で、自分の思考と言葉を一致させるには時間と空間の工夫がいる。他のことの忙しさもあって、自分のことは後回しが癖となり、どうにも上手くやりくりができなかった。

その上、病気になってから、一つ一つのことに、とても時間がかかる。
いや、やり始めるのに時間がかかるといったほうがよいいかもしれない。
残念に思うことは事実だが、それはそれでよかったのだと思う。

できないからだ・・・もう。
あれこれやりたいと思っても。
同時には。
その上、順番にしても、もう半分以上は確実に生きてしまったから。

そう思ったときに、一度だけの人生を、納得のいくように生きたいと思った。
いやあんた、自由に生きてたやん。
他人はそう思うかもしれない。
でも、私の実感は真逆だったのだ。
そこに人間の難しさと愚かさと闇があると思う。

私はもっともっと知りたいと思ってる。
学びたいことが山ほどあって、それについて語り合いたいと思ってる。

自然の中にいると、無知を自覚させられる。
しかし、この無知の自覚は、不思議なことに、大きな喜びをもたらしてくれる。
ああ、なんと私、人間、ヒト科動物は、本質が掴めないのだろう。
目で見て、耳で聴き、手で触るものでしか判断できないのだろう、と。

ここは楽園。

a0133563_21180733.jpeg
ずっと薪割りコーナーで、皆のいうところの「雑草」が生い茂っていた場所。
今年春にイーちゃんがモザンビークの帰りにきて、ナオミちゃんとマーサちゃんがルワンダから遊びに来てくれたときに、一緒に畑にしたところ。今年は、日本とアフリカから8名が手伝いにきてくれたのだけれど、彼女たちの活躍なしには、畑の面積は広げられなかった。

先日東京からきた古い友人が、この広い畑と森と庭の中を歩き回りながら、このスポットが「楽園」なのだといってくれた。日陰で少しじめじめしているところなのに、ここによい空気が漂っていると。

ただの草むらだった楽園には、皆の想いが詰まっている。
人間だけじゃない。

農業関係の仕事についている彼女たちが驚いたこと。
この元気な野菜たちは、去年タネが出た段階の茎をそのまま刈り取ったレタスと大根とアマランサスを段ボールにぶち込んで放置して乾燥させていたのを、1年経って穂ごとバンバン叩いて蒔いて、土を被せて踏んで、枯れた草をばらばら蒔いただけだったりするのだ。半信半疑の彼女達がやって行ってから1ヶ月後がこれ。

いや、これが正しい方法だといってるんじゃない。
単に、忙しすぎて、きちんとタネを茎とか穂から分けて、叩いて干して・・・ができなかったからだけなのだけれど、これはある種私の中では実験的にやろうとしていたことでもあった。

その命に託してみればいいと。
命が応えようとすればこれに応えるだろうし、応えないとしても、別の命が応えるのだろうと。

そして見事にタネたちはこれに応え、いまとなっては、大根とアマランサスとレタスの草むらとなり、寒さの中で食卓に緑を添えている。(写真は8月頭)


a0133563_21404793.jpeg

カボチャはドイツの固定種。
これは今年は買ったもの。
奥は、モザンビークの農民ママにもらったトウモロコシ。
ササゲとともに、すごい成長ぶりだ。
この話はまた改めて。

でも、森の中で農的営みを試みるというトライアル&エラーは、徐々に私たちをも変えてくれている気がする。
ビオトープでオタマジャクシとなった何万ものカエルが、今は森の畑の中で一生懸命虫を食べてくれるまでに大きくなった。この「王様」は、もう目が合っても逃げたりしない。

a0133563_21443200.jpeg

命が命を支え、新たな命を生み出す。
そんな循環の中に、かつては私達ニンゲンもいたはずだった。

8月の情景と溢れた言葉を思い出しながら、あえて「楽園」から遠ざかろうとしているのは、私達自身なのかもしれないと思った土曜の午後のことだった。

いざ空港へ。




[PR]
by africa_class | 2017-11-04 21:49 | 【食・農・エネルギー】

最も脆弱な生き物ヒトが君臨する世界で、キャベツの黄色い葉っぱを拾い想う。

畑でキャベツの悪くなった外葉を拾って、ふと思った。
ヒトは病気になった部位を自ら枯らして落として、再生することはできない。
植物やカメレオンや魚や、その他の生き物みたいには、と。

育てるまで知らなかったのだが、キャベツは尋常ではないぐらいに強い。
去年の収穫後のカブをそのままにしたら、徐々にではあるが、順々に次のキャベツを生み続けている。それだけでも、見ててすごいなーと感動もの。

a0133563_05533625.jpg

だけど、キャベツが、今年大量にお出ましになったナメ様が元気な時期に喰い散らかしてた葉っぱを、黄色く干涸びさせて、ポローンと地面に落とし、本体を蘇らせていくのを目の当たりにさせられると、生命力というのはこういうことだなと実感せざるを得ない。

落ちた葉っぱが見事に黄色くしなびてて、それも凄い。

と思って見上げたら、そうだ。
落ち葉もそういうことだったね。

寒い冬の間、無駄な力を使わず、エネルギーをしっかり蓄えるために、葉っぱが自らの意志のように落ちて行く。
まるで、そのことによって母なる幹を守ろうとするかのように。

そして落ち葉は美しいのだけれど、見事に枯れている。
雨の多いこの地域では、枯れるというのもまた技術のいること。
毎日しとしと雨がふるのに、すべての落ち葉はやっぱり枯れている。

すべて当たり前のことなんだろうけれど、ただただ感心してしまう。
うまくできてることに。
自然の摂理に。

人間も自然と生き物の一部だというのに、そんな芸当はできない。
そんな風に制度設計されていない。
いや、皺がいくというのは、そういうことか。
それはそれで納得だ。
若い頃は瑞々しい細胞から、徐々に水分を取り去っていって、「枯らす」のだ。
やはり土に還っていくプロセスの一環として。
自分を見ながら、そんなことを考える。

でも、やはりキャベツを見ながら、それでも・・・キャベツや植物は別格だと思う。
とても追いつくことはできない。
生き物として。

悪くなったところを枯らして落とし、再生に力を集中させるような仕組みを、人間の細胞も日々・24時間、一瞬一秒やってはいるわけだけれど、目に見えるほどの力でではない。

そもそも、このヒトは、服や住居なしでは寒い冬を生き延びられない。
あらゆる意味で、自然の中で生き延びるには、悪い条件を抱えた生き物だ。

ただ一点を除き。
知性だ。

道具を生み出し、集団で助け合うことで、悪い条件を補うだけの知性を持っている動物。
もちろん、進化のプロセスでそうなったわけだけれど。
脳は「進化」した。
しかし、類人猿になって以降、身体はそれほど大きくは変わっていない。
つまり、依然として脆弱性を抱えて、生きざるを得ない生き物のままだ。
色々な生き物の皆さんの支えを得ながら。

そう、このキャベツがそうしてくれているように。

キャベツ(ザワークラウト)はドイツでは人びとのソールフードだ。
だから、ドイツで手に入れた種子はすばらしい生命力で溢れている。

日本でザワークラウトもドキが流行っているという。
身体によいと。

そう、キャベツは身体にいい。
だから食べる。
私達ヒトの身体に取り込ませていただくのだ。
キャベツの生命力を。

そうやって、私達の身体はつくられ、維持されている。
キャベツだけではない。あれも、これも。
それぞれの生き物が、それぞれなりのレジリエンスを駆使しながら、生命を生み、育て、発展させている中で、ヒトはその一番いい時期にいい場所だけいただいているのである。

私達は、悪い条件を抱えて生きざるを得ない生物だ。
深刻な限界を抱えている。
でも、だからこそ他の生き物に頼らざるを得ない生き物でもある。
多種多様の。

それぞれが内に秘めたエネルギーや工夫や生命力を、ある瞬間に奪っている。
多くの場合暴力的に。
そして、今となっては、無駄に奪っている。あるいは、ヒト様の都合にあわせて改変し続けている。その土地の自然にあわせて自ら変わっていく力を本来もっているというのに。

自らの弱さを抱きしめることなく、他の生命からの恵みに感謝を忘れ、自己都合で、奪うことにしか余念がない。

量が足りないからと行われる自然への大規模介入は、あるものを生き延びさせる一方で、他の多くを犠牲にする。その結果、他との関係で生命力を維持していた生き物が、人間と瓜二つの脆弱性を内包していく。

弱々しく多くのヒトの都合(科学的なもの)が込められた「野菜」や肉を、私達の胃袋に入れ、身体の一部とし、満足しているわけだが、実のところ、私達の生命力をさらに脆弱化している現実には気づこうとしない。

結果、弱った私達が助けを求めるのは、もちつもたれつでやってきたはずの生き物の仲間たちではない。
その仲間たちの生命力の一部だけを刈り取って、応用した「医療」であった。
その「医療」もしかし、ヒトに永遠の命は授けられない。

そうやって、生物界最強の知性をもったヒトのお陰で、それが包含する脆弱性が他の生き物に転嫁されていっている。
そして、今、私達の惑星・地球は、もう後戻りできないところまできてしまった。
自分たちの脆弱性を理由に、しかし素晴らしい知性を授かったことを、自分を含む自然のすべてのために生かそうと思いもせず。

私達は強欲で傲慢だ。
そして、私達が創り出した世界は、止まらない脆弱性のサイクルに入っている。
このソリューションは、さらなる「科学」だという。
宇宙だというヒトもいる。


辺りはもうとっぷり暗い。
キャベツの黄色い葉っぱの束を、落ち葉とともに森の中に運びながら、ふと地面をみる。
薄く白い何かがあっちこっちに点のようにあって、1秒おきに光り輝く。
ホタルのメスだ。

ホタルのメスは飛べないそうだ。
もはや寒さのために生き残っていないオスに、ここにいるよと伝えているのだという。

暗がりの中で、森の土の芳醇なる香りを嗅ぎながら、先は長くはないであろうホタルのメスの命の輝きを見つめながら、ただどめどもなく流れる涙を、どうすることもできなかった。

私達は弱き生き物だ。
だから、他のいろいろな生き物の助けを借りずにはやっていけない。
そのことを、どこまで本当の意味で、理解してきただろうか?

キャベツの葉っぱに教えられたある秋の日のことであった。

(2週間前に書こうと思ったこと)







[PR]
by africa_class | 2017-11-04 06:09 | 【徒然】ドイツでの暮らし

桜島噴火の一報に接し、ドイツでブラックベリーのソースを煮ながら考えたこと:人間の傲慢さと自然への畏敬の念について

祖父は幼少の頃、桜島の大噴火によって故郷を追われた。
突然の火砕流が屋敷を襲い、お手伝いの方におぶわれて小舟に乗って、父母の安否も知らぬまま逃げたという。丁度100年前の出来事。その後も灰はつもり続け、屋敷の門構え、敷地にあった神社の柱のてっぺんが10センチほどにょきっと出ているだけだ。一家はすべてを失い、桜島に戻ることなく、曾祖父が教師をやって食いつないだ。

曾祖母の一家に婿養子として入った曾祖父は、薩摩武士の家系の人で、当然ながらもはや武士では食べていけず、教養をかわれて海を渡って桜島に婿に行った。地域あっての暮らしだった曾祖母の一家。曾祖父のようなどこでも使える技能を持った人が家族にいなければ、鹿児島市での避難生活でもっと苦しんだろう。
(なお、薩摩による奄美大島を含む琉球の支配の問題については、いつか書きたい。サトウキビのプランテーションを薩摩藩が強いた結果、多くの人々が餓えで亡くなった。このことは、凄く多重にも深い問題を含んでいる)

生前、祖父と一度だけ桜島に行った。
なかなか行きたがらなかったので、皆で説得して。
子どもたちははしゃいで噴火跡をみたがったのに、祖父は黙って遠くを見つめるばかりだった。祖父にとっては、素晴らしい故郷、我が家。それが一瞬にして火砕流に呑み込まれ、のんびりとした自然豊かな暮らしが、避難一家となっての生活に切り替わった。祖父が口癖のように、「噴火さえなければ…」をいっていた。

最後に桜島に行ったのは、祖父の妹、大おばちゃんが未だ元気だった5年前のことだ。東日本大震災が起こる1年前に、なぜか息子を連れて桜島に行こう、そう思った。祖父の言葉を一番聞いてきた大おばさんが元気なうちに…そう思って。屋敷跡の前にはお墓が広がっていた。しかし、墓石は倒れたり、傾いたりで、避難が地域にもたらしたインパクトは暮らしだけでなく、歴史の継承であるのだとつくづく感じた。

あの海に面した素晴らしい温泉宿だった古里は廃業したらしい。噴火の影響もあるが、日本どこでも田舎が消滅しつつあることが、本当に気がかりだ。急速に廃れて行く日本の田舎と、相次ぐ火山の噴火、そして地震。突発的な大雨の影響も大きい。そしてこれは日本だけの現象ではない。今迄以上に人災と天災の間を生きて行く私たちとして、どのように自分たちの今迄「当たり前」にしてきたことを問い直し、新しい「当たり前」の価値を紡いでいくべきか、そんなことを考える毎日だ。

いつか日本の田舎に戻る。
その時まで精進しなければ。

とはいえ、肝心な自分の体調が思わしくなく、低空飛行ならではの視点で。でも、これはこれで、とても残念なことであるが、同時にすごくよいことだと思っている。なにしろ人間は過度に活動しすぎる。特に私は…。農でもそうだ。ついがんばってしまう。自然に任せるべきところまで踏み込んで、もっと早く、もっと大きく、もっと多く、もっと人様にとって美味しく、奇麗であれ、と自然に要求する。そのことがより加速度を増し要求度を上げた商品としての食を消費者に求めさせ、それが生産者を追いつめ、やりきれなくなって担い手を失っている。結局、工場のような生産方式が、このような「お客様」の要求を満たすには効率がよい、となる。かくして、私たちは自分たちの命を育む食のすべてを、ビジネスに委ねようとしているのだった。

(この全体をFood Regime論が明らかにしているが、これもまたいつか紹介する。)

だから、今の日本や世界の状況に疑問を持つのであれば、自分の「食」(そしてエネルギー源)からなんとかしなければならないのだが、そう書いた瞬間に、ある種の「しんどさ」を感じる人もいるかもしれない。なにせ日本の人たちは、頑張り屋だから、溢れる情報のいずれもが、「がんばろう!」のねじり鉢巻をしない限り手がでないような…そんな圧倒的な様子を醸し出している。

でも、私がいってるのは、たった一つのパセリの鉢から始まる物語なのだ。

そこから窓辺にプランターを置いて葉もの野菜を育てるのはどうだろう?苗のまま買って来たプチトマトでもいい。調子にのって、ベランダにゴーヤを這わせてもいい。さらに調子にのって、玄米を水につけて数日後出た芽を使ってバケツ稲を育ててもいい。

家に花や観葉植物を飾るように、食べ物を育て、愛で、食せばよいのだ。

ただし、自然の中にいない植物は当然弱い。
ここをクリアーするには、ある程度の頑張りが必要。
ただ、レタス系、ゴーヤパセリも虫に強い。
そういうものを選ぶということも重要。

実は、私のハーブの暮らしは東京でのアパート暮らしから始まり(関西に帰省の度に鉢を持ち帰った)、ついに小さいものの土地のある家を持った時にどんどんエスカレートした。あれもこれも試したくてうずうずして、草木灰と竹灰を作るために子どもたちに穴掘り競争してもらい深く掘った穴で燃やして煙が出過ぎたり、あんな猫の額のような土地でようやったわ…というぐらいあれもこれもした。有機農業の色々な手法を試して、その度に手応えがあって、結構な満足感があった。

土地が狭いとどうしても、それぐらいやらないとロスが大きいので、過干渉になる。これは、子どもの数が少なくなった現在の日本のご家庭と同じか?我が家も子ども独りなので、かなり気をつけたつもりだが過干渉になっていたかもしれない。

努力はそれなりの結果を出す。
しかし、前にも書いたが、そら豆を育てていて、アブラムシとの闘いを繰り広げ(牛乳、コーヒーの出がらし、ニンニク、灰)、ある時一切合切を止めた時に、自然と大丈夫になった時に、ある種の境地に達したのであった。もしかして…私やりすぎてた?

もちろん、自然農法も知っていた。
でも、本当の意味で、それを心の真ん中で理解したのは、病気になったことが大きかったと思う。また、自然農法のためには、ある程度の土地の広さと、環境(木々たち)が必要なことも、あったと思う。東京の真ん中で、やはり自然農法を実践するには、なかなか難しいものがある。やれることはやってみた。粘土団子、藁を活用すること、前の作物が咲いている最中に次の種を撒く事。でも、言葉で学び、一部取り入れながらも、本当の意味では心の中でストーンと落ちるところまでは至らなかった。

福岡正信さんの「わら一本の革命」は、世界中に影響を与えた本だ。
http://i-yo.jp/
福岡さんの軌跡
https://www.youtube.com/watch?v=aBtaRJvvsK0
世界に大きな影響を与え、何言語にもなっている
https://www.youtube.com/watch?v=XSKSxLHMv9k
木村さんの「奇跡のリンゴ」の方が、今の人たちには知られているかもしれない。
https://www.youtube.com/watch?v=avFe15j_Gv8

去年の春にこの家に来て、田舎故にとんでもなく広い敷地を前に、「がんばって家族の食料を生産しなければ」という想いに駆られたものの、今より症状が悪く、思えば思うほど畑に出られない毎日だった。とりあえずコンパニオンプランツ同士を撒いて、藁をかぶせておいて、後は水やりも含め天に任せた日々。

でも、自然は勝手に循環を導いていった。
つい先日までトレーラーハウスがあった場所に撒かれた森の土、藁、刈り取った草、種…いつの間にか、苗を攻撃しようときた虫達を食べるてんとう虫やありがきて、その虫達を食べるカマキリやカエルがきて、そのうち花が咲いたら鉢達がきて、そして毎日少しずつ美味しい収穫物を食卓に提供し、そして種になって、でも種採りをして春に撒くつもりが、あまりに体調悪く、そのままにしながら、冬がきた。ことのほか寒い冬で、何度も雪がつもり、霜がおり、凍結した…のに、春がきたら勝手に芽吹いた。芽吹いたものを収穫しながら放置して日本に戻って帰国したら、今度は次の収穫を準備してくれていた。

だんごと一緒。
種は芽吹きたいところで芽吹くものだ。
芽吹きたいときに。

a0133563_22461953.jpg
去年、道ばたにこぼれたルッコラの種が、勝手に芽吹いた様子。
a0133563_23304905.jpg
まったく別の場所で去年収穫したザーサイが、芝生のど真ん中に作ったハーブガーデンの中に出現した様子。

a0133563_23282021.jpg
で、これらを収穫した。
a0133563_23343078.jpg
コンポストの土が十分熟してなかったので、そこらにあった穴に放り込んでおいたら、どうやらジャガイモの芽が勝手にジャガイモの苗に…。それに薪ストーブの灰をかけている。右横はあきのげし。これぐらいの状態は、そのままサラダにしたり、みそ汁の具材にする。タンポポの葉と比べ、癖がなくて食べやすい。

a0133563_23225842.jpg
a0133563_23382086.jpg
ここは、去年からまったく種まきしなかった一角。ここ1週間の雨で、ネギに、ルッコラ、わさび菜、タンポポ、おそらくラディッシュが芽吹いている様子。

a0133563_23440400.jpg
ちょっと写真が悪いが、ネギ・ルッコラニンジン・タマゴ・キノコイワシの缶詰で作ったサラダ。ネギとルッコライワシの缶詰は相性がすごぶるよい。で、このネギも今年はまったく植えてないので、冬を越したもの。それだからか、みじん切りにするにはあまりに涙が止まらないほどの刺激で、タマネギを超えるほど・・・なので、みじん切りにできなかった状態。

でも、これらが可能だったのは、種が固定種・在来種だから。
F1ではこういうわけにいかない。
一番重要な命の源である「たね」。
これが、今遺伝子組み換えやなにゃらによって、規制されようとしている。(けど、今日は未だ復調してないので<だからブログなんか書いてる>いずれ・・・元気になった時に。いつかわらかんけど)私たちは、土のこと、水のことばかり気にしてるけど、本当は種がすごく重要ということ…をいつか書きたい。そして、今グローバルなビジネス戦略によって、それが脅かされて、決定的なところまできていることも。

自然に畏敬の念を感じるのは、これだけではなかった。
あまりにトゲだらけの蔦に覆われた敷地の果ての森に、沢山の倒れた木があって、薪にするために家族総出で斧を持って森を切り開きにいった。茨の道というのだろうか…。が、この「厄介なトゲの蔦」の正体がやっと分かった。
a0133563_00005110.jpg
なんと、ブラックベリーの一種、ブロンベリ(「棘の灌木」)だった…。去年、これが「邪魔」でとにかく見つけては刈ってしまったので、畑にも庭にも実はならなかったのだ。なんと愚かな!!!私の魔の手を逃れた森の奥で、とんでもなく大量に実を付けていた…。
a0133563_23502326.jpg
a0133563_00101277.jpg
ざっと2キロは収穫できた。125グラムで2.99ユーロなので、すごい!
a0133563_00143975.jpg
豆乳アイススムージーを。添えたのはローズゼラニウムの葉っぱ。香りが素晴らしく、気持ちを盛り上げてくれる。
a0133563_00244615.jpg
ベリーを摘んだ後は、枝を収穫。この枝を薪ストーブで燃やし、ベリージャムを作る。薪ストーブは間接的に温めるのでジャム作りには本当にうってつけ。焦げないし、忘れても、薪を入れなければ勝手にストーブが止まる。じわじわ煮出すので、本当に相性がいい。
a0133563_00291266.jpg
で、出来上がり。
a0133563_00195342.jpg
あ、横だがまあいっか。ヨハネスベリーブラックベリーのソース。それぞれ黒砂糖と去年のビオオレンジの皮を干したものを煮出したもの。バラは、いま旬だけれど、体調が悪くて蒸留できないので、もう少し元気になったらローズウォーターを作る為に乾燥させている。

ということで、家族全員、あちこち傷だらけだけれど、自然の恵みに感謝感激の毎日。
本当は池に大量の魚が育っており、これを食べるのであればさらにエンゲル係数が減らせるが、ついでに大量の草が出るのでヤギを飼ってチーズでも作れば…そこまでは、やめておこう。

人間の(私の)無知なる介入が、いかに多くの可能性を閉ざしてきたのか…反省しきりの今日この頃。


草一本、人間が作ってるのではない。
自然が作っているのだ。

(by 福岡正信)


追伸:
私の自然農やその他の試行錯誤は個人的なものであって、援助どうこうの「あるべき姿」だとまったく思っておらず、それぞれの農民が考え自らの方向性を決めていくものだと思っていますので、あしからず。とはいえ、アフリカの農民らの営みから学んだことはあまりに多いことは、またの機会。







[PR]
by africa_class | 2015-08-28 00:36 | 【徒然】ドイツでの暮らし