ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

人は出会うべくして…、別れるべくして…の法則

おひるまで、モザンビーク人の友人リンドさんが家に泊まっていた。
モザンビーク北部ザンベジア州出身のお医者さん。
昨日到着し、夕方散歩に行くといったまま、帰って来ない・・・。
腰痛で、一緒に行かなかったのが災いしたか・・・心配が募る。
外はとっぷりと暮れ、どうしよう・・・と心配していたら、ひょいっと帰
ってきた。
 なんと、モザンビークで知り合った日本人の方と偶然調布駅で出く
わしたと!地球には何十億の人が住んでいて、日本にも一億人以
上がいて、そのうえ東京での滞在時間24時間のリンドさんが、なん
となく駅まで歩いていっただけで、どうして出くわすの!!???
あり得ない!??
 と皆さんは思うでしょう。しかし、この手のこと、私もよくあるんです。
あの人会いたいなあ…と思うと、十数年ぶりにメールが来たり、電
話が来たり。あの人どうしてるかな…と思うと、向こうから歩いて来
たり・・・。(エッ?ない?)
 きっと皆あると思うけど。ある人のこと考えていて、携帯が光った瞬
間、ああそれあの人だな、と思ったらその通りって。母とか、友人とか、
子どもとか???(連れはしょっちゅう電話してくるのでこの場合カウ
ントせず)
 モザンビーク北部に通うようになってから特にそんなことが多い。
(気のせいだろうけど!試してみたければ、是非モザンビークへ!)
筆不精な私は、自分から昔の知り合いにコンタクトすることはほとん
どないだけに、こういうことがないとなかなか旧友に会えない。でも、
最近思うのは、「会えない」ということは、それだけのことなのかも、と。
 だって、これほどたくさんの人が暮らす地球で、数限りない出会い
を日々経験しているのだから、「縁」がなければそれで終わりで、縁が
あればほっておいても続くもんだ(そうでなければ出会いを消化しき
れない!)・・・と。
 歳をとったせいかもしれないけど、結局のところ、人間の関係なんて
そんなもんかも、と思う今日この頃。縁のある人は、ほっておいても、
いつかまた会えるだろうし、縁のない人は仕方ないといって諦めるべし。
と、悩める乙女たちには、そうアドバイスしてるのだけど、あまり耳に
入れてもらえない。そりゃそうか。
 「去る者は追わず」・・・って難しいね。でも、それが一番自分にとって
重要なことだと思う。結局のところ、親子関係も、友人関係も、恋愛関
係も、どんな関係でも、人間同士の関係って、追い求めても独りよがり
になりがち。でも、二人の人間がいるわけだから、双方が歩み寄らない
限り成立しないわけで、無理強いしても仕方ない。どうやら若い頃は結
婚がゴールだと思ってるから、結婚に持ち込んでしまえばこっちのもの
ということが念頭にあるようで。一人相撲とっても仕方ないよ~。
 その意味では天から授かった「ご縁」に身をゆだねるというのは、あな
がち悪いアイディアではないかも!大体、自分で「創り出す縁」に拘る
と、本当にあったかもしれない「他の縁」に気づかないとか、気力体力が
割けないとか、多々あるもんだから。
 ご縁があれば、皆さんともどこかでお会いできれば!(縁がなけれ
ばお互いさまということで。はい。)なんの話だっけ?
[PR]
by africa_class | 2010-05-04 16:02 | 【徒然】毎日がアフリカ
<< 父のことを想う。 アフリカ関連テレビ番組(今日) >>