人気ブログランキング |
ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

コンゴについてのプレゼンatペチャクチャナイト東京

さる28日(水)の9時05分(!なんとプレサイス!)に、六本木で開かれた
ペチャクチャナイト東京で、米川正子さんのプレゼンが行われました。
a0133563_183012100.jpg

11月の国際会議プロジェクト「AfricaxJapanxWorld:Spaces for
Transforming Violence to Peace」(国際交流基金助成)の仲間
たちも一緒に参加してきました。米川さんもメンバーなんで。
http://spacepeace.exblog.jp/
六本木の地下クラブには、300人を超える日本や外国からの参加者た
ちが、ひしめき合って、地酒を飲みながら色々な発表を聞きました。
IPADを使った手品を披露する人、大学でパーティのオーガナイズの仕
方を教えている教授、自分のデザインの仕事の紹介・・・と続いたのです
が、米川さんは、コンゴで何が起きていて、その背景に何があるのかを、
20枚のスライドを使って、テキパキとお話されていました。さすが、本番
に強い正子ちゃん。よどみない英語で、時間配分もばっちりでした。
a0133563_18364716.jpg

人が多すぎて、フラッシュをたいてもこの程度の写真しか撮れず、ごめ
ん。これらの爆弾に、コンゴのウランなどの資源が使われていたという
話に、皆一瞬しーんとしていました。右側の写真は広島の原爆です。
a0133563_18385259.jpg

終わった後の、司会者(主催者)のコメントに、私としてはカチンときまし
た。それは、彼女が、米川さんのプレゼンを、「Out spoken」「Assu
mption(推測)」と表現したからです。
 多分、ルムンバ初代首相を暗殺したのが、CIAとベルギー政府だとい
ったのが、そのようなコメントにつながったのでしょうが、これは「推測」
ではなく、すでに、アメリカとベルギー政府文書などの史料で明らかに
なっている歴史的事実です。このことに興味を持った人は、授業でも紹
介したルムンバ最期の手紙(獄中からの)が掲載されていた次の本をど
うぞ。英語だけど・・・。
Ludo De Witte (2002) The Assassination of Lumumba,
Verso: NY (原典はフランス語で、De moord op Lumumbaです。
 長い間、動乱後のコンゴで起こったルムンバの暗殺は、闇に包まれて
いました。多くの人が、冷戦のあおりを受けてCIAが暗殺を主導したと
推測していたのですが、実際はベルギー政府自らが、東部の資源の
利権を守るために、暗殺を主導したことが明らかになっています。そうだ。
この本に基づいて制作された映画が日本語で出ているので、そちらをぜ
ひご覧ください。『ルムンバの叫び』です。
 しかし、改めて感じたのは、根拠に基づく事実でも、一般に知られない
限り、「推測」として片付けられるのだなあ・・・ということです。逆に、根拠
に基づかない一般言説は真実としてとらえられる傾向にある・・・ことを、
改めて感じさせられました。その意味で、研究者たちの一般社会への
発信と、メディアの調査報道と継続報道の重要性、受け取り手の情報の
出所への批判的な目線・・・の重要性をつくづく感じます。
 もちろん、de Witteさんの著作も、まったく問題がないわけではない
でしょう。真実の追求というのは、永遠に続いていくものであって、終わり
なき闘いです。その前提で、なるべく「生」に近い史料・資料に接近するこ
とが、何より重要だと思います。
 根拠、根拠、根拠・・・・。今日も、授業で口を酸っぱくしていいましたが、
人を説得するためには、何より根拠の提示が不可欠です。そして、根拠
なるものはネットから入手できるものではなく、「足で稼ぐ」ものです。
是非、夏休みの間、足で稼いでくださいね。ちなみに、私の最初の本『モ
ザンビーク解放闘争史』が、700頁を超え、注が1000を超えているの
は、以上の理由によります。
 が、大きすぎて・・・重すぎて(1.5キロ)、さらに高すぎる(9000円を
越える)・・・ので、一般に読んでもらうこともなく、その意味で、同じ罠に
はまってしまっていますが・・・。今後の課題にしたいと思います!
by africa_class | 2010-07-30 18:59 | 【徒然】毎日がアフリカ
<< 暑い、そして「先生の宿題」 『アフリカ学入門』重版決定! >>