ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

現地で活動する日本医療NGOへの協力のお願い

先日流しましたが、オンラインで簡単に寄付できる方法もつけ加えました。
是非、寄付&メッセージ送信&転送にご協力ください。


(転送にご協力ください)
==========================
皆さま、こんにちは。
私たちは、東京外国語大学アフリカゼミ有志の学生団体、
Femme Café(ファムカフェ)です。

今回の震災とそれに続く災害により、被災された方、大切な方を
亡くされた方々に心よりお悔やみとお見舞い申し上げます。

私たちは、震災発生以来、テレビで大変な状況を目にする度に、
何ができるのか自問自答を繰り返してきました。現地への交通
手段やライフラインが制限されている中、ボランティアとして現地
に向かうことも、物資を送ることも難しい状況です。

何より、混乱を極める現状で今求められているのは、プロフェッ
ショナルな人たちによる迅速で適切な活動です。依然続く救援
活動にも復興にも莫大なお金が必要とされているとも聞きます。

そこで、私たちが辿りついた答えは、困難な現場に入り、活動す
る国内NGO、特に今回は(特活)AMDA(アムダ)をサポートする
ことでした。

私たちファムカフェは、人と人のつながりを、アフリカ・ルワンダで
女性たちが作ったコーヒーを通じて創り出そうとしてきました。今
回、私たちのように「何かしたいけれど、何をしたらいいかわから
ない」という人びとの想いをつなげ、アムダの活動を紹介し、募金
を通じて、その活動をサポートし、被災地でがんばるみなさんと
の間をつなげることができないかと考えました。

今、世界中から寄付が集まりつつありますが、その多くが、世界
的に知られている赤十字や国際NGOに向けたものとなっていま
す。しかし、日本には世界の災害救援で活躍してきた団体がいく
つかあり、今回もいち早く現地入りして、きめの細かい被災地支
援を行っています。

中でも、アムダは、25年の緊急医療救援活動経験があり、地震
発生2日目の3月12日に、医師と看護師が現地入りし、現在2チ
ームが、宮城県仙台市、岩手県釜石市・上閉伊郡大槌町でそ
れぞれ巡回診療を行っています。今回の震災では、避難中に亡
くなる人も出てきており、医療面での支援は非常に重要、かつ急
務となっております。

アムダ事務局からも、今回のアクションへの賛同と許可をいた
だいております。まだ救援段階から脱していない時期です。この
ような時期には、皆さまからの集中的なサポートが不可欠です。
どうか皆さまのご協力よろしくお願い申し上げます。

[アムダについて]
1984年に日本・アジア各国の医療関係者によって発足。その後、
スマトラ島沖地震、ハイチ地震、チリ地震など、世界各地で医療
救援を中心とした救援活動に従事。
http://amda.or.jp/
*以上のサイトに現地での活動の様子が掲載されています。

[寄付の方法]
・ゆうちょ銀行
 払い込み取扱書の通信欄に「東北地方太平洋沖地震」
 又は「131」とご記入ください。
 口座番号⇒01250-2-40709
 口座名⇒特定非営利活動法人アムダ
・楽天銀行
 ロック支店⇒202番 口座番号⇒7002547
 口座名⇒トクテイヒエイリカツドウホウジン アムダ
 *領収書等が必要な場合は、アムダまでご連絡ください。
・オンライン寄付サイト(GiveOne) 
 世界のどこからでも以下のサイトから簡単に寄付ができます。
http://www.giveone.net/cp/pg/CtrlPage.aspx?ctr=rm&rmk=10303
・その他の寄付の方法
 詳しくは、アムダのホームページをご参照ください。
 http://amda.or.jp/content/content0222.html

※皆様の連絡先(ご住所やお名前)の記載が可能で、貴重な
 ご寄付が全額アムダに入るためゆうちょ銀行の口座振替に
 よる募金をお勧めいたします。
※今回の活動によりファムカフェにお金入るということは一切
 ありません。

[アムダの連絡先]
〒700-0013 岡山市北区伊福町 3-31-1
特定非営利活動法人 アムダ   
http://amda.or.jp/
電話086-252-7700

[ファムカフェの連絡先]
ホームページ http://femmecafe.org/
ブログ http://ameblo.jp/femme-cafe/
ツイッター http://twitter.com/femmecafe
メール info(at)femmecafe.org

*アムダの現場での活動の様子をツイッターなどで紹介させ
ていただきます。是非、皆さまの想いもお伝えください。皆さま
からのメッセージは、一括アムダにお送りします。アムダから
は、アムダのホームページに「支援者の紹介」として掲載させ
ていただきたいとのことです。差し支えない範囲で、お名前、
在住地域、所属などを、メッセージと共にお寄せ下さい。

[東京外国語大学アフリカ・ゼミ]
〒183-8534 府中市朝日町3-11-1 東京外国語大学
担当教員:舩田クラーセンさやか(准教授)
*この度は、全部読んでいただき、ありがとうございました。学生た
ちの想いを是非受け止めていただき、一緒にアクションの輪に加わ
っていただければと思います。(舩田クラーセンさやか)
[PR]
by africa_class | 2011-03-20 00:40 | 【311】東日本大震災
<< 原発事故、今後の可能性 原発危機レベル5(スリーマイル... >>