人気ブログランキング |
ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

外語祭(11月20日)講演「福島xアフリカ~生活者の視点で考える・・・」(西崎伸子氏:福島大学)

「福島xアフリカ」・・・どうして?とおもっているみなさんへ
講師の西崎さんから詳細がきました。小さなお子さんを持つ西崎さん
は当事者であり、かつこの間ずっと、我々「福島乳幼児妊産婦ニーズ
対応プロジェクト」のメンバーとして、一緒に活動をしてきてくれました。
この日は、福島から首都圏に避難中の十数世帯のみなさんも外語祭
にお越しになります。西崎さんを囲んでのランチも企画中。
http://fukushimaneeds.blog50.fc2.com/blog-entry-132.html

「福島(略)ニーズ対応プロジェクト」を立ち上げたとき、すぐに反応し
たのが、アフリカ研究の仲間たち、そしてアフリカゼミの学生たち。
それは、きっと、「権力」そして「常識」といわれていることに対する
反骨精神の敏感さがそうさせるのかもしれませんね。一人でも多く
の方に西崎さんの話を聞いてもらいたいと思います。
====================================
東京外国語大学 学園祭 「外語祭2011」
■アフリカゼミイベント■
「福島×アフリカ~生活者の視点で考えるリスクへの対応」
講師:西崎伸子さん(福島大学)
日時:11月20日(日) 一回目 11時~12時15分
           二回目 15時~16時15分
場所:東京外大 府中キャンパス 研究講義棟3階 331教室
参加費:300円 (直接会場にお越しください)
===================================
■東京外国語大学 府中キャンパス http://www.tufs.ac.jp
(JR中央線武蔵境駅で西武線乗り換え2駅目の多磨駅下車徒歩3分)
http://www.gaigosai.com/vis_index.shtml
■アフリカゼミの展示&イベント:
11月19日、20日、23日(10時~18時)
研究講義棟 3階 331教室
講師の西崎さんから~~~~~~~~~~~~~~~~~
「アフリカでは、世界の「共有財産」とされる貴重な野生動物を保護する理念を掲げる保護推進派が、そこで生活する人々の考え方や営みを等閑視しため、各地で多くの対立が起こりました。1990年代以降「住民参加型保全」理念にもとづく保護政策がすすめられますが、従来の構造は温存されたままです。講演ではわたしがエチオピアで野生動物保護に関するフィールドワークにもとづいて考えている「保護政策と地域住民の関係」に関するお話と、3.11東京電力福島第一原発事故以降の福島県の状況をお話します。
 「国家権力のもとで進められてきたエネルギー政策において、地域に住む人々の声を完全に無視する(あるいは操作する)構造」が、事故後「個々の人間の生活」にどのような問題を引き起こしているのか、その現状と課題を聴衆者の方々と共有できれば幸いです。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
by africa_class | 2011-11-15 22:10 | 【大学】アフリカゼミ(3・4年)
<< スーダンに「春」はやってくるの... 今週末から外語祭、今年もアフリ... >>