人気ブログランキング |
ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

押して駄目なら・・・6キロのカニ

昨日は一日中アポに追い立てられた。
そうこうしているうちに、車の運転にも慣れ、スタート時にアクセル
をふかさなければ良いことを思い出した。が、バックのギアを入れる
方法が思い出せず、路上駐車をしたまでは良かったが、出る段にな
って、「・・・・・」。
こういうときに一番役に立つ日本語は、「押して駄目なら引いてみろ」
アルゼンチンの友人のアパートのドアの前で、朝5時、パジャマのま
ま途方に暮れたときもそうだった。この一言で乗り切った。
焦れば焦るほど悪い方へいく・・・ちょっと気持ちをゆるりとするだけ
で途端に解決するもんだ、ということを人生において何度も経験した。
ので、バックもなんとかできました。(それぐらい出来るだろ!?て?)

しかし、到着翌日の5つのアポはハードだった。が、午後8時。まだ
ひとつアポが残っている。モザンビークのオフィスアワーは午前7時
半開始。だというのに、皆夜更かし大好き。しかも相手は75歳の教授。
建築家でもある。2002年に国連で働いているパートナーの方と知り
合って、以来家族ぐるみのお付き合いだ。
a0133563_17115556.jpg

自分で設計したコンドミニアムに暮らす。
日本をこよなく愛する二人は、谷崎潤一郎の『陰翳禮讚』を英語から
ポルトガル語に訳したほど。

世界には、他人に思えないほど身近に感じる人たちがいる。
ゼとギーダもそう。年齢を超え、性別を超え、ただただ一緒にいて気持ちい
い。そういう人たちの家は、大抵心地よいことが多い。
アフリカの村、小屋であっても、そう。そしてゼの家はすごい。
モザンビークのアーティスト・Reinata Sadimbaの彫刻がずらりだから。
土を捏ね、泥を捏ね、彫る、あの伝説の芸術家だ。
a0133563_180582.jpg

そして、アフリカのビーズが・・・。
a0133563_17222512.jpg


しかしお腹が減った・・・。そこに、ヨガからもどったギーダ登場!
すでに8時半。が、ここから娘と母に電話をかけまくる。さすがモザンビ
ーク。女たちは話がノンストップ・・・。で、今日の夜ご飯は?
「カニ!あなたのために、生きてるカニを6キロ買ったのよ!」
「6キロ・・・・・・・・・・・・・のカニ?3人で・・・・・・6キロ?」
「うん。鍋に入れたとき、まだ動いてたぐらい新鮮よ!」
「・・・・」
彼女の家政婦さんは、わさわさと動いているカニを見て逃げ出し、
ゼの事務所の料理人(男性)が駆り出されたそう。
a0133563_17253211.jpg

これは、6キロのごく一部・・・。
夜は長い。カニもいっぱい・・・・。
by africa_class | 2009-07-31 17:27 | 【徒然】毎日がアフリカ
<< モザンビーク彫刻家Reinat... アフリカは寒い・・・ >>