ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

2010年 06月 29日 ( 4 )

京都な週末はいいものの・・・。

あれから1週間。またしても、1週間のまとめ書きになってしまった。
「そうだ、京都に行こう」ということで、京都に行ってきたためでもある
けど。(といっても、そもそも研究会で行く予定だった)

■水曜日は、学内の会議に次ぐ会議で、計6時間近くの缶詰状態。家族
が飢えてしまう寸前の時間になったために、途中退室。しかし、身体に
悪い・・・。100人を超える人が参加する会議って、そもそも何だろう。
■そう、木曜日は早稲田大学で講演会だった。250人の受講生とともに、
「参加型講演会」を実施。担当の岩井先生をマイク係としてこき使って
しまった・・・。しかし、さすが上手かったです。そのため、スピーディに、
どんどん意見が出て、中身の濃い講演会になりました。
a0133563_2252332.jpg

このように色々な講演会で参加型を取り入れてみると、授業や講演会
が面白いものになるかどうかは、参加者が熱意をもって一緒に参加し
てくれるかどうか、そして短い時間で深く一緒に考えてくれるかどうかに
かかっている・・・ことがわかります。
 ということは、私の仕事は、参加者が関心と熱意を持ち続けるような
問いとか、問題設定とか、進め方を模索すること・・・という気がしてき
ました。
 こういうことに気づけるようになったのも、日々の外大での仕事のおか
げ。下手な参加型授業に、ついてきてくれてありがとう。
■金曜日も、会議の後、関西に移動。
■土曜日は、午前に父の介護をして、それから大好きな篠山に行って、
そこから本題の研究会へ。日本の対アフリカ援助を改善するために、
研究者は何ができるか・・・という問題意識をもって、「評価・調査・研究
・発表・出版」を行うことに。メンバーは、龍谷大・宇都宮大・早稲田大・
JICA研究所の面々。
a0133563_2324788.jpg

研究会の後が(失礼!)面白かった。名物「土下座像」をばっちり写真
に撮り、研究会の主査の先生とお食事へ。素敵なカフェで、やっぱり
玄米食を!(どこにいこうとこの手のメニューな私。)
a0133563_2343447.jpg

ここで京都の夜は終わらなかった。そこから、京町屋の再生をして、
外国や国内の旅行者に家ごとホテルとして貸している(株)庵の面々
のホームパーティへ。ありとあらゆる国の、ありとあらゆる不思議な
メンツが集って、和ろうそくの灯りの下、語り合いました。若い頃に通っ
た京都ならではのボヘミアン的な雰囲気が懐かしい。変わったメンツ
といえば、チェコから来て狂言をやっている人。BBCの映像担当をし
ていたのに、今は京町屋専門の大工をしている英国人・・・とか?
庵の方は、後期に開催予定の【連続講演会】社会的起業のススメに
お呼びします。http://kyoto-machiya.com/
a0133563_23101133.jpg

で翌朝は1時間だけ時間があったので雨の中自転車を借りて、南禅
寺へ。1時間だけのこととはいえ、充実した朝でした!が、そこからが
地獄のような学生のレポート・宿題との格闘の日々・・・です。
[PR]
by africa_class | 2010-06-29 23:13 | 【徒然】深大寺日記

第一回講演会終了!

第一回連続講演会:社会的起業のススメ「幸せのためにビジネスは何が
できるか?」が終わりました。生活の木の宇田川さんのパワフルな話に
皆、圧倒されっぱなし!
a0133563_1455298.jpg

ビジネスの基本やODAの課題なども、スピーディに、ばしばし話してくれ
ました。ビジュアルから考えるのではなく、ハートから考えるという点にみ
な目から鱗。
a0133563_1456492.jpg

最後は、ウダさん考案した男性向け新ブランド「男を香らせる」・・・そして
就職面接は「気」を出せばいいに皆爆笑。特に、どうやって「気」を出すの
かの説明・・・に・・・・、ここでは書けませんが・・・。
そのあと、有志8名とともに、特別食堂でご飯を食べました。
止まらないウダ節に、みなあっという間の2時間でした。
就職活動に悩む学生にもっと来てほしかったですが、また次回!
[PR]
by africa_class | 2010-06-29 15:00 | 【促進】社会的起業/企業

最近、毎日がコンゴ・・・

暑い!コンゴの集まりがつい先週だった・・・とは信じがたいほどあっという
間に毎日が過ぎていきます。コンゴの集まりについては、次をどうぞ。
http://afriqclass.exblog.jp/10856914/

米川正子さんのブログでも、この集まりの報告が掲載されているので、
是非どうぞ。お手伝いしてくれた学生の皆さんへの感謝の言葉もあり。
http://congonokongo.blog.shinobi.jp/Entry/19/

米川さんのおかげで、苦手なフランコフォン(フランス語圏アフリカ)への
関心も増し、昨日の授業でもコンゴ/ザイール/コンゴをフィーチャーしま
した。で、コンゴの特集がDays Japanでもされているので紹介します。
a0133563_13441212.jpg


また、今月の「国際開発ジャーナル」の76ページにも著書が紹介されて
いるそうです。
************
ここ10年間で540万人の犠牲者を出し、今も紛争の絶えないコンゴ民
主共和 国。UNHCRの職員として、東部の難民キャンプなどで人道支
援活動に携わった著者が、同国の現状 を報告する。一般市民への性的
暴力、徴兵や徴収などの人権侵害、避難民キャン プの襲撃など現地で
見た様々な現実を直視しながら、人道支援や平和構築への介 入方法に
ついて提言する。
===========
[PR]
by africa_class | 2010-06-29 13:46 | 【紹介】アフリカ関連情報

アフリカ研究最前線(京大の東京での講座)

京大の「すごい」先生方が東京でセミナーをされます。是非どうぞ。ゼミ
生は合宿ですが、他の方!
=========================================
2010年アフリカ地域研究資料センター
東京公開講座 「アフリカ研究最前線」~変貌するアフリカを問いなおす~
=========================================
日時:2010年7月4日(日曜日) 13時30分~17時00分
主催:京都大学アフリカ地域研究資料センター
*太田 至「家畜とともに暮らす知恵:アフリカの牧畜社会を考える」
牧畜をなりわいとする人びとの生活は危機に直面しているといわれ
ています。グローバルな変化とともに生きる牧畜社会から私たちは
何を学べるでしょうか。
*山越 言「自然とともに暮らす知恵:アフリカの野生動物保全を考
える」世界中で野生動物との共存が問題となる中、私たちはアフリ
カ各地の人々と野生動物の多様な関係から、たくさんのことを学ぶ
ことができます。
*重田 眞義「変貌するアフリカにむきあって:京都大学アフリカセン
ターの活動」1986年に設立した京都大学アフリカ地域研究センタ
ーの歩みを振り返り、実践的な地域研究をはじめとする現在の活動
について紹介します。

受講料:無料 定員:40名

More
[PR]
by africa_class | 2010-06-29 09:58 | 【紹介】アフリカ・イベント