人気ブログランキング |
ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

2011年 02月 18日 ( 1 )

「一般的な日本市民」@某国公使邸

ヨーロッパのとある国の公使が主催する昼食会に参加して
きた。極東局長が来日したため、ごくインフォーマルなランチ
をということで、新聞2社とテレビ1社と私がなぜか招待されて
お食事。今いち趣旨が分からなかったものの、お願いされると
断れない性質なので、行ってきた。
 どうやら、「一般的な日本市民」のざっくばらんで率直な意見
を聴きたい・・・ということだったらしい。確かに、朝から晩まで、
政治家や外務省などを回っているそうで、「表」の話しか耳に
しない。意見交換といってもうかつなことは言えないし・・・ふむ
ふむ。
 しかし、私、「市民」であることは間違いないけれど、「一般的」
かどうかはかなり疑問が・・・・。頷いているあなたは、きっとよく
分かっていますよね。連れのクラーセンもそうとう変わっている
けれど、別にそれは彼が外国人だからということではなく、彼自
身が「変わっている」から。そのクラーセンを父親にもっている
子どもが一番恐れているのが、「ママが日本人じゃないってこと
が皆にばれるってこと」だそうで。
 いえ、国籍は日本です。彼いわく、服装(特に、首に巻いたカラ
フルなスカーフやイヤリング)や言動が、まったくもって、「普通
のお母さん」に当てはまらないらしく・・・・「恥ずかしい」そうな。
参観日に父親が来るのばかりでなく、「えっ?来るの?」と引く
息子よ。諦めよう。ママはどうやっても国籍を超越してしまった存
在なのだから。
 いつからこうだったのか・・・は定かではないけれど、大学時代
の同級生にいわせれば、入学時すでにそうだった、そうな。しかし、
父と母がそんなに「変わっている」となると、子どもは「ふつう」に
なろう、なろうとするようで、周りから浮くことを極力嫌がる子に成
長・・・。難しいもんで。 
by africa_class | 2011-02-18 16:16 | 【徒然】深大寺日記