人気ブログランキング |
ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

2011年 06月 18日 ( 3 )

明日17日14時~菅総理が自然エネルギーを国民と討論(生中継)

経済産業省が焦るはず・・・ですね。是非聴いてみてください。
ツイット質問もできるそうです。私は、ゼミ一期生のヤマナカ氏
の結婚式に行ってきます。(そうヤマナカ氏<-100名近くの
歴代ゼミ生で「氏」がつくのは彼だけ、結婚してすぐ、チリの鉱
山に行くのです・・・)

Kantei_Saigai 首相官邸(災害情報)
【自然エネルギー】6/12の「自然エネルギーに関する総理・有識者オープン懇談会」で寄せられた視聴者からの質問に6/19 14:00~菅総理が回答。テレビ電話で視聴者と対話も。全編ネット中継、今回もツイッターで視聴者の質問受付。詳細⇒ http://twme.jp/pmo/001h
=========================
自然エネルギーに関する
「総理・国民オープン対話」のご案内
http://www.kantei.go.jp/live/20110619.html
=========================
1.開催趣旨
 6月12日(日)に官邸に5人の有識者をお招きして開催された「自然エネルギーに関する総理・有識者オープン懇談会」は、ネット動画中継を通じて延べ15万人を超える方々が視聴され、ツイッターを通じて1万5千を超えるコメントや質問を頂きました。この結果を踏まえ、今週末、6月19日(日)に、官邸にて「自然エネルギーに関する総理・国民オープン対話」を開催いたします。
 これは、前回の「オープン懇談会」の最中にツイッターで投げかけられた主な質問を取り上げ、総理が直接にコメントや回答を述べることを通じて、多くの国民の方々との対話を試みるものです。
 また、同時に、全国各地でグループで会場に集まり、この「オープン対話」に視聴参加される方々とは、動画中継を使って会場と官邸を結び、メッセージの交換をさせて頂きます。
 今回の「オープン対話」も、前回の「オープン懇談会」と同様、ネットを通じてすべての動画中継を行い、ツイッターを通じてコメントや質問をお受けいたします。
 6月12日に引き続き、多くの方々に参加して頂ければ、幸いです。
by africa_class | 2011-06-18 23:08 | 【311】自然エネルギー

経済産業大臣、突然の原発安全宣言+来週再稼働要請へ。何故?

庭の草むしりもひと段落。そして、5年前に書いた博士論文の英語
化のために、何年も前の先行研究をひっくり返しては確認中。しかし、
論文にはばっちり赤線や蛍光ペンで色がついているのに、何が書い
てあったのか記憶がない・・・。こんなに勉強してたんだ!と感心しつ
つ、それをなんにも覚えてない自分に愕然としているところです。
 「スポンジ脳」化が進む実感。しかし、一つ年上の伊達公子さんは、
一体どうしてあんなに元気なんだろう・・・。

 さて、仕事をしながらラジオニュースを聞いて耳を疑ってしまいまし
た。皆さんも?経済産業大臣が、原発はもう大丈夫、だから稼働して
というのですから。この唐突な動き。しかも、内閣で相談したようには
思えない。経産大臣の記者会見で披露された考えにすぎず、「ニオウ
(臭う)」。

■原発再稼働、経産相が来週にも要請 地元に直接安全対策説明
http://www.nikkei.com/news/headline
■原発:「安心は無視か」 海江田経産相発言に住民から怒り
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110619k0000m010075000c.html

 つい昨日(金曜日)の国会での議論でも、あれほど安全基準
のことが議論されていたのに、何故急に?ここからは推測です。
 それは、まず第一に、もうすぐ電力各社の総会が立て続けにある
からと思われます。原発を持た電力会社はいずれも金融市場から
はリスク会社と捉えられて融資を受けられなくなっています。唯一、
低金利でお金を借りれるのが沖縄電力!!原発を一基も持ってい
ないからです。そして、今年の電力会社の総会では、反原発決議が
ひょっとして採択されるかもしれないと言われています。
 というのも、政府や原発推進者たちが宣伝してきた原発の優位性
(クリーンで、コストが安く、資源サイクルに役立つ)は、すべて嘘で、
真逆のものだったと国民・納税者・利用者・投資家が気づいたから
です。経済的デメリット&リスクの多い原発を持つ意義を、投資家と
しては認められない・・・という投資会社も出てきました。
 さらには、 全国の原発所在地自治体や住民の不安が高まったり、
世論が脱原発にシフトしつつあるところに、菅総理が自然エネルギー
に傾斜して生き残りを計る事態になり、「急がなきゃ!」という事態に
陥っているものと思われます。

■参議院:東日本大震災復興特別委員会(6月17日)の映像
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?sin=955&mode=LIBRARY

この事態を警戒して一番よい質疑をしたのが、社民党の福島瑞穂
さんでした。是非以上の映像みてみてください。みんなの党はわけ
のわからない質問+時間超過!共産党はいい演説だったものの、
一方的な演説で政権から何もコメントを取らず。ますぞえさんは、
「俺の方がよく知ってるから」という態度ばかりで、「俺こそ総理に
相応しい」ということを言いたいだけの質疑。
 どうして、原発安全委員長や、経済産業大臣や、原子力安全保
安院や、枝野さんや、菅総理を引っ張り出してきて、自分たちの言
葉で反省させ、今後について約束させないのか・・・と歯がゆい思い
で聴いてましたが、瑞穂さん、素晴らしかった。あの短い時間の中
での、迫り方はもう拍手もの。斑目委員長が、調査委員会の結論
を待たずに安全指針の改訂に着手するといったときには、一言。
 「駄目です。」
国会議員はこうあるべきです。最近の国会審議は、揚げ足取りに
何時間も何時間も費やされました。なんという無駄。結局、皆自分
のため。
 今声をあげられない、危機的な環境下にいる子どもたちのために、
誰が何をすべきべきなのか、誰が何をすべきでないのか(こっち
も重要!)、そしてその責任の所在と手順は何なのか・・・そんなこ
とも話し合えない哀しい国会。衆議院は480人、参議院は242人
の定員で、合計722人もいるのに、一体何をしてるんでしょうか??
 今、エネシフの皆さんが、自然エネルギーへのシフトへの議員の
署名を集めています。200名ぐらいの署名が集まっており、すごい
と思いましたが、まだ3分の1以下・・・。なんですね。
 ただし彼らは画期的なやり方をしていて、まだ署名していない議員
さんの事務所に地元に住んでいる有権者が電話攻撃をかけて、賛
同するか反対するか聞いています。そういう風に聞かれると賛同す
ると言わざるを得ない議員も多く、署名に回る議員さんが増えてい
るようです。以下に一覧を載せるので、皆さんの選挙区の議員事務
所に電話してみてください。まずは質問だけでも!(①賛同していま
すか?<②どうして賛同しないのですか?<=効果あるでしょう)

呼び掛けたエネシフのマエキタミヤコさん(ごめんなさい、まだ外大
で教えてくださってたのですね!!)がツイートした206名の名前は、
マエキタさんのツイッターか、以下のサイトでみることができます。
■http://togetter.com/li/150655

が、あまりに見づらいので、以下のブログ(203名ですが)もあわせ
てご参照を。民主党の友人・知人は全員賛同(政権関係者以外)。
社民党や共産党も、OK。しかし、自民党は・・・ダメですね、やはり。
自民党の賛同者を増やさないことには。

■再生可能エネルギー促進法早期成立を求める提言賛同議員
http://www.asyura2.com/11/senkyo115/msg/188.html
昨日、総理のもとに届けられた議員の署名。全文入手。以下、連投で全文記します。「再生可能エネルギー促進法」の早期成立を求める提言 総理への申し入れ報告 エネルギーシフト勉強会有志議員ほか
「再生可能エネルギー促進法」の早期成立を求める提言は、6月14日18時現在で202名の方にご賛同いただき、同日18時40分に、筒井信隆、阿部知 子、河野太郎、加藤修一、大河原雅子、小林興起、近藤昭一、首藤信彦、平岡秀夫各議員が官邸を訪れ、菅直人総理大臣に提出しました。
その後の賛同者もあり、現在は203名の賛同人になったことと合わせてご報告いたします。

【賛同人】(五十音順・敬称略 6月14日18時30分現在、合計203名)
衆議院議員147名
民主党126名 青木愛、赤松広隆、網屋信介、荒井聰、池田元久、
石井登志郎、石毛えい子、石田三示、石津政雄、石森久嗣、泉健太、磯谷香代子、井戸まさえ、稲見哲男、今井雅人、打越あかし、大泉ひろこ、大串博志、逢 坂誠二、太田和美、大谷信盛、大谷啓、大西健介、大西孝典、小川淳也、奥田建、奥野総一郎、奥村展三、柿沼正明、加藤学、金森正、金子健一、川内博史、川越孝洋、京野公子、櫛渕万里、工藤仁美、熊谷貞俊、桑原功、黒田雄、郡和子、後藤祐一、小林興起、小室寿明、近藤昭一、近藤洋 介、斉藤進、齋藤勁、斎藤やすのり、阪口直人、佐々木隆博、篠原孝、柴橋正直、杉本かずみ、首藤信彦、端慶覧長敏、園田康博、高井崇志、高橋英行、高松和夫、高邑勉、竹田光明、田島一成、玉木朝子、玉置公良、玉木雄一郎、中後淳、津島恭一、辻恵、筒井信隆、寺田学、道休誠一郎、中川治、 長島昭久、中津川博郷、中根康浩、中野譲、仲野博子、中屋大介、仁木博文、西村智奈美、野田国義、橋本勉、鉢呂吉雄、初鹿明博、花咲宏基、浜本宏、樋口俊一、樋高剛、平岡秀夫、平山泰朗、福島伸享、福田昭夫、福田衣里子、藤田一枝、藤田憲彦、古川元久、本多平直、松崎公昭、松原 仁、松本龍、水野智彦、皆吉稲生、三宅雪子、宮崎岳志、向山好一、村越祐民、森岡洋一郎、森本哲生、森山浩行、矢崎公二、
谷田川元、山尾志桜里、山岡達丸、山口和之、山崎誠、山崎摩耶、山田正彦、柚木道義、横光克彦、吉川政重、吉田統彦、若泉征三、和嶋未希
自民党 あべ俊子、加藤紘一、北村誠吾、河野太郎、塩崎恭久、谷公一、中川秀直、宮越光寛  公明党 遠藤乙彦
社民党 阿部知子、重野安正、照屋寛徳、中島隆利、服部良一、吉泉秀男  
みんなの党 柿澤未途  
国民新党 下地幹郎  
新党日本 田中康夫  
たちあがれ日本 園田博之  
無所属 佐藤ゆうこ、松木けんこう

参議院議員56名 民主党44名 相原久美子、有田芳生、石井一、石橋通宏、一川保夫、梅村聡、江崎孝、大河原雅子、大久保潔重、大島九州男、大野元 裕、岡崎トミ子、小川敏夫、尾立源幸、風間直樹、金子恵美、金子洋一、神本美恵子、川崎稔、郡司彰、今野東、斉藤嘉隆、武内則男、田城郁、谷博之、谷岡郁子、ツルネン・マルテイ、徳永エリ、徳永久志、那谷屋正義、西村まさみ、白眞勲、姫井由美子、平山誠、藤田幸久、藤谷光信、舟山康江、前田武志、牧山ひろえ、松浦大悟、松野信夫、安井美沙子、横峯良郎、米長晴信
自民党 川口順子、山田俊男  公明党 荒木清寛、加藤修一  
みんなの党 小野次郎、川田龍平、寺田典城  
社民党 福島みずほ、又市征治、山内徳信、吉田忠智  
国民新党 亀井亜紀子
by africa_class | 2011-06-18 23:05 | 【311】原発事故と問題

政府は初めて「妊婦や子どものいる家庭」の避難を優先(ただし、高線量地域のみ)

今朝の朝刊に一斉に載った情報です。ようやく、妊婦と子どものいる家庭
に政府も目を向け始めました。しかし、原発事故から3カ月・・・。我々が活
動を始めたのは3月の下旬。明らかに遅い(!!)ですが、これまでの状
態を考えると、半歩前進。
 逃げたい人が逃げられるよう、ちょっとの間一休みしたい人たちがそうで
きるよう、当事者の決断をサポートできるよう、引き続きがんばります。

■高放射線地点を指定、政府が避難支援へ 避難区域外でも
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201106160566.html
 福島県内の計画的避難区域の外で、局所的に年間の積算放射線量が20ミリシーベルトを超えそうな地点について、政府の原子力災害対策本部は16日、「特定避難勧奨地点」に指定して避難を支援していくことを決めた。妊婦や子どものいる家庭などには避難を促していく考えだ。
 候補地は、南相馬市原町区の1地点、伊達市霊山(りょうぜん)町の3地点。文部科学省によると、4地点の来年3月11日までの推計積算線量は、20.0~23.8ミリシーベルト。来週にも世帯単位で指定し、1地点あたり数十世帯規模になるという。(後略)
■「やっと目を向けてもらえた」
 局所的に高い放射線量が確認され、地元などで「ホットスポット」と呼ばれている地点。政府は16日、こうした場所からの避難を支援、促進する対応策を明らかにした。ホットスポットはどこまで広がるのか。福島県の住民は日々の放射線量への不安を抱えながら、政府の対応を見守っている。
 「やっと目を向けてもらえた」。福島第一原発から約32キロ離れた南相馬市原町区近くの山あいに住む小林綾子さん(50)は、疲れた様子で話した。
 自宅は計画的避難区域から約2キロ。市が独自に実施した線量調査で、国の基準を超える数値が連日計測されていた。自主避難を考えたが、「何の補償も支援もない」と断念。外出を控える毎日だった。「避難先を確保してもらえれば、まず娘2人を先に避難させたい」と話す。(後略)
by africa_class | 2011-06-18 01:55 | 【311】子ども・福島乳幼児妊産