ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

<   2010年 05月 ( 37 )   > この月の画像一覧

父のことを想う。

 昨日、副代表をやっていたNGOのメーリングリストに腰痛のこと
(TICAD市民社会フォーラム http://www.ticad-csf.net)
書いたら、即座に84歳の元理事からメールが来て、「70歳を超えた
ら平気になるから」と「励まし」いただきました!んん?先は長いぞ。
 彼が某会社の役員を80歳で辞める際に、ボランティアの人が
コンピュータの使い方を教えたのだけれど、指一本でここまで上達
するとは・・・本当にすごい。人間、挑戦する意欲をもっていれば、ど
こまでも可能なんだと思わせてくれる。いつも笑顔だし。肌は赤ん
坊のようにツヤツヤだし。絶対、毎年若返ってる。おそるべし!!
 他方、71歳の父は、肺癌になった後うつ病になってしまって、もう
2年も引きこもり、寝たきり状態。しかし夜は眠れず睡眠薬を、胃が
おかしい(検査では何もなし)といって胃薬を、毎日服用。でも、カウン
セリングにもかからず、家族とも挨拶も会話もせず、一人暮らし。食
事だけは母がなんとかしてくれているものの、母は姉家族と暮らして
いるので、その家事と子どもたちの面倒で疲弊していて、月に1度私
が帰って、父の身の回りのことをして、話を聞いて、母を食事に連れ
出している。子どもの頃から、父ともっとも仲が悪かった私だというの
に。(いつも私だけ殴られていた)なぜか、私にだけ心を許してくれて
いる。姉は隣に住んでいるのにあいさつもせず、妹は近くに住んでい
るのに1年に1度顔を見せるかどうか・・・。そんなものなんだろうか。
かわいがられた彼女たちよりも、そうでなかった私には彼に何も期待
がないから、今の彼に素のまま接することができるのかも。
 さっき紹介した84歳の元理事、ドイツの義父(96歳!)の生命力
溢れる姿とは対照的な父の姿に、「日々の生活の営みを楽しむ」こ
と、「人に頼ること」がいかに重要か、今さらながら感じられる。「生き
ているのが苦痛」・・・といって一日中窓をしめて、カーテンを引いて、
ただただ家に籠る父の姿を見て、思うことがないわけではないけれ
ど、人と比べても仕方ない。
a0133563_16501355.jpg

<ドイツの家族・・・改めてみると見事に・・・ドイツ人だった・・・義父
は左から二番目のサングラスの人。皮膚癌のせいで左目を摘出
したので、室内でもサングラス。癌を取って、ますます元気!>
 思えば父はいつも「成功」と「失敗(挫折)」の話しかしない人だった。
そして、いつも「失敗」を「何かのせい」にしていた。結婚のせい、妻の
せい、祖父の借金のせい、子どもたちのせい、仕事のせい。そんな
ストレスでいつも吸っていた煙草のせいで肺癌になった。「せいx3倍」
といったところか。そして、今の自分の引きこもりも、「癌のせい」に
している。肺癌は切って、無事なくなったというのに。どんなに努力
しても、祈ってもなくならないで死んでしまう人もいるというのに。彼
の心の中にだけは生き続けているのだ。「癌」という責められるべき
ものが。
 父に殴られて育ったからといって(しかもお気に入りの人形で!)、
失敗を父のせいになどしようと思ったことは一度もなかった。むしろ、
だからこそ「成功」して、見返してやりたいと思っていたかもしれない。
でも、「人に見せるための成功」なんて、意味がないことに気づいた
とき、本当に肩の荷が下りた。特に、「父を見返す」程度の夢なんて、
あまりにちっぽけ。自分のための人生なんて、無駄~!!!と叫び
たい。
 父がこうなる前だったら話したかったこと。お父さんは成功しろって、
負けるなっていつもいってたけど、人生の素晴らしさは、一瞬の「成功
(ピーク)」にあるのではなく、お父さんが「失敗」といってるもののすぐ
上ぐらいにあるんじゃないかって。失敗を知らないと、喜びを知ることは
できないし、成功を知ってしまったら、それ以上いけない分、人生は終わ
ってしまう・・・って。己だけの成功を目指した悲劇を、父を通して見たお
もいがする。だって、そんなの早晩すぐ達成してしまえるわけで、時に
それは自分の心の持ちようなわけで、人生それを目標にしてしまったら
本当にやることなくなってしまう。だから、ビジョン(人生の目標)は、
「世界」を主語にするのがいい!一度きりの人生、それぐらいの心構え
でいこう。
 ビジョンをもたず、自分だけ、自分の家族だけよければ・・・の人生に、
本当の意味で幸せは宿らないのかもしれない。自分が生かされている
意味を、日々小さな営みの中に発見しては喜びたいと、切実に思う。
 その意味で、私にはやっぱり、「父のせい」どころか、「父に大感謝」。
そう思いながら、父の布団を干し、床を磨いていて、ぐっきりいった・・。
(が、これも父のせいではありません!私が感傷的になって力をいれ
すぎたせいです。マクロビ的には、「過ぎるものは、別の過ぎるものに
いく」んだそうな・・・。本当はマクロビのこと書こうと思っていたのに。)
 あまり間をおかず関西に帰ろう。お父さん、待っててね。
[PR]
by africa_class | 2010-05-04 17:10 | 【徒然】深大寺日記

人は出会うべくして…、別れるべくして…の法則

おひるまで、モザンビーク人の友人リンドさんが家に泊まっていた。
モザンビーク北部ザンベジア州出身のお医者さん。
昨日到着し、夕方散歩に行くといったまま、帰って来ない・・・。
腰痛で、一緒に行かなかったのが災いしたか・・・心配が募る。
外はとっぷりと暮れ、どうしよう・・・と心配していたら、ひょいっと帰
ってきた。
 なんと、モザンビークで知り合った日本人の方と偶然調布駅で出く
わしたと!地球には何十億の人が住んでいて、日本にも一億人以
上がいて、そのうえ東京での滞在時間24時間のリンドさんが、なん
となく駅まで歩いていっただけで、どうして出くわすの!!???
あり得ない!??
 と皆さんは思うでしょう。しかし、この手のこと、私もよくあるんです。
あの人会いたいなあ…と思うと、十数年ぶりにメールが来たり、電
話が来たり。あの人どうしてるかな…と思うと、向こうから歩いて来
たり・・・。(エッ?ない?)
 きっと皆あると思うけど。ある人のこと考えていて、携帯が光った瞬
間、ああそれあの人だな、と思ったらその通りって。母とか、友人とか、
子どもとか???(連れはしょっちゅう電話してくるのでこの場合カウ
ントせず)
 モザンビーク北部に通うようになってから特にそんなことが多い。
(気のせいだろうけど!試してみたければ、是非モザンビークへ!)
筆不精な私は、自分から昔の知り合いにコンタクトすることはほとん
どないだけに、こういうことがないとなかなか旧友に会えない。でも、
最近思うのは、「会えない」ということは、それだけのことなのかも、と。
 だって、これほどたくさんの人が暮らす地球で、数限りない出会い
を日々経験しているのだから、「縁」がなければそれで終わりで、縁が
あればほっておいても続くもんだ(そうでなければ出会いを消化しき
れない!)・・・と。
 歳をとったせいかもしれないけど、結局のところ、人間の関係なんて
そんなもんかも、と思う今日この頃。縁のある人は、ほっておいても、
いつかまた会えるだろうし、縁のない人は仕方ないといって諦めるべし。
と、悩める乙女たちには、そうアドバイスしてるのだけど、あまり耳に
入れてもらえない。そりゃそうか。
 「去る者は追わず」・・・って難しいね。でも、それが一番自分にとって
重要なことだと思う。結局のところ、親子関係も、友人関係も、恋愛関
係も、どんな関係でも、人間同士の関係って、追い求めても独りよがり
になりがち。でも、二人の人間がいるわけだから、双方が歩み寄らない
限り成立しないわけで、無理強いしても仕方ない。どうやら若い頃は結
婚がゴールだと思ってるから、結婚に持ち込んでしまえばこっちのもの
ということが念頭にあるようで。一人相撲とっても仕方ないよ~。
 その意味では天から授かった「ご縁」に身をゆだねるというのは、あな
がち悪いアイディアではないかも!大体、自分で「創り出す縁」に拘る
と、本当にあったかもしれない「他の縁」に気づかないとか、気力体力が
割けないとか、多々あるもんだから。
 ご縁があれば、皆さんともどこかでお会いできれば!(縁がなけれ
ばお互いさまということで。はい。)なんの話だっけ?
[PR]
by africa_class | 2010-05-04 16:02 | 【徒然】毎日がアフリカ

アフリカ関連テレビ番組(今日)

今父の介護で関西に帰っているのですが、一足先に東京に
帰った子どもが熱を出しているので、これから飛行場へ。
しかし、子育てがひと段落したと思ったら、とたんに父の介護。
ボランティア活動がもっとも低調なのが30代後半から40代と
いいますが、実感中。
 さて、本日15時~皆さんに協力してもらったNHK-BSの新
番組WISDOMの再放送があります。是非、見てくださいね。
また、夜9時~は、連続番組「アフリカンドリーム」がNHKで
放送されます。是非、みてみてください。
[PR]
by africa_class | 2010-05-02 12:34 | 【紹介】アフリカ関連情報

マユちゃんの雑穀&ララソロモン!

元ゼミ生の活動の紹介が続きます。
マユちゃん、紹介遅くなってごめんね。
アースデイ東京に出店していたマユちゃんの働いているNGO、
「 特定非営利活動法人エーピーエスディ(APSD)-Asia
Pacific Sustainable Development-」の雑穀と新商品の
紹介です。
a0133563_10451914.jpg

「雑穀を通じて農村と都市の実践交流」ということで、ひとつぼ
雑穀プロジェクトで、オーナーが募集されています。このプロジェ
クトを通じて、
①遊休農地の再生、②消費で支える仕組みづくり、③食農育の
実践、④まちむら交流を目指したいということです。
詳しくは、http://www.hitonigiri.com/hitotsubo

もう一つは、ソロモンの人びとへの草の根協力が発展して、フェア
トレードからさらに「商品力」を高めたコスメ商品だそうです。熱帯
雨林からやってきた蜂蜜とアミノ酸を使ったフェイシャルケア用品。
パッケージもかなりカワイイね。
<L'ala Solomon ララ・ソロモン>
http://www.lala-solomon.jp/top.html
[PR]
by africa_class | 2010-05-02 10:52 | 【新設】ゼミ卒業生

卒業生のチエちゃんinセネガル

セネガルにいるゼミ卒業生のチエちゃんから、写真が届きました。
ゼミ生時代は、もっともアフリカの農村にいるのが想像できなかっ
た「乙女」が、大学院に進学し、現地調査に行き、ついにはJOCV
としてアフリカの田舎で頑張っているようです。
a0133563_0175792.jpg

友だちの結婚式に出ているチエちゃん!あまりににあってる!
(当分帰って来ないなあ~と思った一枚でした。)
a0133563_10361061.jpg

3日続いている結婚式の様子だそうです。
a0133563_10365533.jpg

現地で飲まれるお茶だそうです。
a0133563_1037381.jpg

楽しい写真ばかりでしたが、「仕事は?」というところ。
給水の様子だそうです。

チエちゃん、ウォロフ語うまくなった?
また現地からの楽しい報告送ってね!
そのほかの皆さんからの写真も待ってます!
[PR]
by africa_class | 2010-05-02 00:18 | 【新設】ゼミ生inアフリカ

先生だって勉強&試験:マクロビに挑む

そうなんです。皆さんの気持ち、ちょっぴり味わってます。
クシ・インターナショナル・マクロビオティックの資格「コンシェルジェ」
を獲得するために、早稲田のとある会社の会議室に一日中缶詰に
なること2日間。そして、久しぶりの「筆記試験!」すべてが新鮮。
a0133563_10294266.jpg

 どうしてこんなことしているかというと、知っている人は知ってるので
すが、我が家の食事は、「玄米&一汁&豆&野菜&魚」で、肉は食
べません(子どもは給食があるのと好きなのでたまに肉は食べます)。
 外国人なら「洋食」というイメージとは異なり、去年1年間でパスタを
茹でたのは2度だけ。毎日、以上のパターンの食事(和食)を繰り返し
ています。こんな食生活を始めてもう15年。食べてるのは、オーガニ
ックのもので、地産地消にこだわるうちに、ついには庭が畑化しつつあ
るのはご存じのとおり。
 この食生活に至ったのは、色々な訳があったのはあったのですが、
自然な流れで、宗教でもなんでもなく、ただ気持ちのいい食生活を模
索していったら、こうなってしまっただけなのです。外食を続けたり、
実家に帰ると、どうしても体調が崩れてくるので、やっぱり「医食同源」
だなあ~としみじみ思っています。
 で、マクロビオティック。初めてであったのは、1991年。ブラジル留
学中に、ブラジル人の友人が「日本食が食べられるよ」と連れて行って
くれた店で。そこは日系人がまったく暮らしていない町だったので、まさ
かと思ってびっくり。「日本食」ではあるものの、見慣れない英語がやた
ら使われている日本食。でも、所謂定食がとっても美味しかった。その
上、店には、「チェ(ゲバラ)」のTシャツを着ている若者や知識人風の人
で溢れていて、異様な雰囲気が。そのときブラジルは長い軍事独裁から
民主化に移行しつつある時期だったとはいえ、こんなTシャツ着ていると
警察に呼び止められることしばしば。なんで「チェ」と「日本食」がくっつ
いてるのか分からない。
 友人に、「マクロビって何?」と聞いたところ、「食を通じて平和を愛す
ることさ」といわれて、余計訳が分からなくなったことを今でも覚えてい
ます。意味不明なのは自分のポルトガル語能力のなさだと諦め、その
後ずっと忘れていたところ、日本にマクロビブームが来て、ようやく意味
がわかりました。
 人が一日3度、365日、つきあわなければならない「食」。
 「食」とは人の生活の真ん中にあって、「どう生きるか」の実践の最前
線。「生きる道」を自分の身体・感覚の一番近いところで営む行為であ
り、自分がコントロールできる部分。
 どんな政治体制であっても、そこだけは「自分の自由」になる。
 一人ひとりが「食」に向き合い、自分の身体に向き合い、それらを通じ
て食べ物、環境、社会、世界に向き合っていくことで、平和を実現しよう
という試み。(・・・と私は理解していますが・・・我流かも。)
 平和や環境保全を声高に叫ぶことに終始したり、暴力で平和を勝ち取
ろうとするのではなく、一人ひとりが己を平和化する実践を営むことで、
平和を実現しようという運動です。<=宗教ではありません。念のため。
 とはいえ、ブラジルの文脈では、まさに暴力(革命)によってよりよい
社会を目指していた「チェ」とミックスで考えられている点が、皮肉という
か、面白いですが。
 一番重要なのは、玄米!!!!なので、多くの人は「玄米=マクロビ」
と思っているようです。平和の話は、おそらく聞いたことないでしょう。
 でも、基本的に学ぶのは、「平和」の部分ではなく、「一物全体」や
「身土不二」、「陰陽」の概念で、また標準食の考え方などでした。
今まで我が家の畑や炊事場、食卓でやってきたこととほとんど同じで
はあったのですが、それらのことに「なるほど」という解説があって、
面白かったです。 
 例えば、我が家では、人参も大根も皮をむかないし、頭の部分や葉っ
ぱは絶対捨てずに食べます。これは、その方がおいしいし、栄養価が
高いからなんですが、「一物全体」という言葉でそれが説明されると、
なんだか目から鱗。我が家では、根っこ類も、乾かして、炒って、お茶
にします。今干しているのは、大根、人参、ルッコラの根っこ。
a0133563_032485.jpg

 子どものときから人生を通じて平和を色々な角度から考えてきまし
た。特にここ十数年は、学問的な面や教育的側面から考えてきたの
ですが、自分の課題を放り出したまま平和を語るのがなんとも欺瞞
に思えて来て、自分を実験台に色々試しています。
 そんな旅も、「食」に行きついて、なんだか腑に落ちています。
 その意味では、日本のマクロビブームがマドンナの料理人がクシ・
マクロビの継承者の帰国とメディアでの露出によってもたらされたと
しても、OKなんじゃないか・・・と思ったりする今日この頃です。だって
そのおかげで、20年ぶりに「マクロビ」に再会できたから。今度は、
「チェ」なしで。
 しかし、マクロビの食事。そんな特別なものではなく、そもそも日本で
所謂「粗食」と呼ばれるようなもの。試行錯誤を経て、NYにたどり着いて、
そこから全米に広がり(四百万人が実践)、世界に広がり、マドンナに行
きつき、そして日本にファッションとして逆輸入される・・・・ところに、現代
のグローバル化をみる思いです。
http://www.macrobiotic-academy.jp/macro/
http://www.kushiinstitute.org/
[PR]
by africa_class | 2010-05-02 00:13 | 【徒然】深大寺日記

W杯記念 南アフリカとフットサル!

以下の通り、学生たちの企画が届いています。是非、チームを作って
参加してみてください。また、一人でも二人でも参加可能らしいです。
★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  W杯記念 南アフリカ交流イベント Siyadlala! South Africa
        『南アフリカとフットサル!!in Tokyo』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆
2010年南アフリカでサッカーワールドカップが開催されます!
初めてのアフリカ大陸での開催。
世界から今注目されている南アフリカ。
勝敗を競うだけでない、他とは一味違うフットサル大会を開催します!
 フットサルを通して、南ア人をはじめとする様々な国籍の人々と触れ
合いませんか?南アフリカに少しでも興味がある人、国際交流に関
心がある人、いろんな人と関わりたい人、とにかく楽しいことがしたい
人、もちろんフットサルが好きな人も…
 南アフリカワールドカップを前に、プチ・ワールドカップを行いましょう!
また、参加したいけど、5人集まらない…
そんな方々も大歓迎!1人から参加可能です。
料金等は下記の大会概要をご覧ください。
※個人・4人以下のグループで応募の方は、他の参加者の方と混合
チームとなります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
W杯記念 南アフリカ交流イベントSiyadlala! South Africa とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イベントは東京・名古屋・大阪の三都市で開催する予定で、より多く
の人に参加してもらうことを目指しています。
詳しくは、Siyadlala! HP http://siyadlala.jimdo.com/
━━━━━━━━━━━━━
Viva! South Africa Team とは
━━━━━━━━━━━━━
当団体は、南アフリカで開催されるワールドカップを機に、日本人に
南アフリカに関心をもってもらうためのイベントを行うことを目的に発
足した、非営利の市民団体です。アフリカ研究を専門とする大学院
生、大学生、一般企業社員、ラジオDJ等のメンバーで構成されてい
ます。
━━━━━━━━━━
フットサル大会概要
━━━━━━━━━━
・ 日時:2010年5月30日(日)13:00~17:00
  【受付:12:45~】
・ 場所:フットサルクラブ東京 豊洲テントドーム
  施設URL:http://www.futsal-tokyo.co.jp/
・ 対象者:フットサルの試合を楽しむことのできる方(フットサルのレ
  ベルは問いません) 
  日本人、在日外国人、在日南ア・アフリカ人フットサルが好きな人、
  アフリカが好きな人、フットサルしたことない人、いろんな国の人と
  触れ合ってみたい人・・・(性別・年齢・国籍等は問いません!)
・ 参加費:チーム参加、または個人グループ(1~4人単位)の応募
  の2種類があります。

More
[PR]
by africa_class | 2010-05-01 12:30 | 【紹介】アフリカ・イベント