人気ブログランキング |
ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

<   2019年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【最後のイベント!】9月4日15:30-参議院議員会館「

連投失礼します。
TICAD(アフリカ開発会議)にあわせて来日したモザンビーク小農たち。
登壇最後のイベントが、9月4日15時30分から参議院議員会館で開催されます。

国境を越える世界の小農運動が実現した「小農権利宣言」。
そして、「家族農業の10年」が今年5月に開始しました。
これを受けて、日本の開発援助や投資も、「変わらなきゃ!」。
しかし、変わらない…。
そこで、モザンビークから当事者である小農運動のリーダーが来日し、
外務省・JICAと直接議論するそうです!

ぜひ、この機会をお見逃しなく。


■□■□■□■拡散・転送歓迎■□■□■□■□■□■□■□■□
院内集会(2019年9月4日15:30-18:30@参議院議員会館)
国連「小農権利宣言」「家族農業10年」を受けて考える日本の開発援助とアフリ カ小農
 ~モザンビーク、プロサバンナの事例から

【案内サイト】https://ngo-jvc.info/30oekpT
【申込】https://ssl.form-mailer.jp/fms/cc3ed7cf633390
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

世界で小農や家族農業への注目が高まっています。昨年末に国連総会で「小農と
農村で働く人びとの権利に関する国連宣言(小農宣言)」が採択され、今年5月
からは「国連家族農業の10年」が始まりました。小農・農家が主体的にその営み
を継続させられるよう、これを守り促進していくための取り組みが国際約束とな
りました。この国際的な潮流には、家族で営む小さな農業の役割の再評価と期待
が込められています。

このことは、海外で行われる日本の農業分野への援助や投資にも影響を及ぼします。
アフリカ・モザンビーク北部(ナカラ回廊地域)における日本の援助(ODA)事
業「プロサバンナ」に、現地の小農運動組織UNAC(モザンビーク全国農民連合)
が反対を表明してから7年が経ちます。

この間、モザンビークの市民社会は、同事業の「大規模農業開発」という方向性
のみならず、その不透明性や人権侵害、市民社会への介入・分断などについて反
対と要請を続けてきました。しかし、状況が変わらぬまま、現在までに30億円以
上の日本の税金が費やされています。昨年には、同事業がモザンビークの人びと
の「知る権利を侵害」、「事業にかかる情報の全面開示」との判決が現地の裁判
所で確定しました。

今回来日する小農運動リーダーが所属するUNACは、小農宣言等の成立に多大な役
割を果たした国際的小農運動ビア・カンペシーナの構成団体です。これまでUNAC
は、地球環境・地域社会、そして人びとの食を支える小農を尊重し、ボトムアッ
プで政策や協力が創造されるべきだと主張してきました。

世界的にもアフリカの小農からも、日本の開発援助や投資のあり方の転換が求め
られている今、日本の援助関係者・機関、企業、そしてNGOや市民はどう変わっ
ていくべきか。小農運動リーダーとビア・カンペシーナ国際局の元スタッフをお
迎えし、活発に議論したいと思います。ぜひ、ご参加下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■日時:2019年9月4日(水)15時30分ー18時30分
(*参議院議員会館ロビー左手に、持ちもの検査を通った形で、15:00-15:20の
間に集合下さい。遅れる方は申込み時の備考欄に記入下さい)

■場所:参議院議員会館 101会議室
https://bb-building.net/tokyo/deta/457.html
■言語:日本語(ポルトガル語・英語からの逐次通訳あり)
■資料代:1000円(学生500円)
■参加申込み:以下のサイトで事前申し込み後、直接参議院議員会館ロビーまで お越し下さい。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/cc3ed7cf633390
■お問合せ:電話:03-3834-2388(渡辺)
■定員:100名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■当日のプログラム:
【1】背景「これまでのプロサバンナ事業をめぐる経緯」:
渡辺直子(日本国際ボランティアセンター)
【2】現状報告「現地で何が起きているのか」:コスタ・エステバオン(ナン プーラ州農民連合代表)
【3】現状報告「モザンビーク社会で何が起きているのか」:ボアヴェントゥー ラ・モンジャーネ(プロサバンナにノー!キャンペーン)
【4】政府代表との公開ディスカッション:
外務省、JICA、モザンビークゲスト、池上甲一、渡辺直子
【5】現状報告「ディスカッションを踏まえた世界潮流報告」
:池上甲一(近畿大学名誉教授)
【6】オープンディスカッション

■主催:日本国際ボランティアセンター、アフリカ日本協議会、ATTAC Japan、
No! to landgrab, Japan、モザンビーク開発を考える市民の会、その他募集中
■助成:庭野平和財団、大竹財団
==============================

a0133563_18154631.jpg
a0133563_18161826.jpg


by africa_class | 2019-08-30 18:20 | 【考】土地争奪・プロサバンナ/マトピバ

【TICAD(アフリカ開発会議)】モザンビークゲスト>明日TV放映・記事紹介・ネット配信番組

しばらくご無沙汰してしまいました。
畑はようやく夏野菜の収穫を迎えつつあります。
そんな中ですが、TICAD7(第7回アフリカ開発会議)が今横浜で開催されていることをご存知でしたか?今日が最終日となりました。私が関わったTICAD4(2008年)から10年以上も経っていることに、驚きます。その時、アフリカは日本では今以上に「遠いところ」で、人の交流も関心も低調で、これをなんとかしようと、TICAD市民社会フォーラムを設立し、「アフリカ2008キャンペーン」などを使って、盛り上げたのを思い出します。これについては、『アフリカ学入門』(明石書店)にまとめているので、是非ご一読下さい。

その後、日本の開発援助と投資はアフリカに流入していったのですが、各地で問題を生じさせるようになってしまいました。特に、私の故郷モザンビークは、日本の官民の最重点国となり、プロサバンナ、ナカラ経済回廊開発、天然ガスをはじめとして、地域の小農の暮らしを犠牲にする上からの開発が進められています。

しかし、2008年のTICADとの大きな違いは、それに抗う住民・小農の当事者運動が、今アフリカや世界で盛り上がりを見せていることです。前は都会にいるエリート層であるNGOや市民社会の団体とだけやり取りしていたのですが、今は小農の生の声が政策に届けられるようになりました。その最たるものが、このブログでも紹介している、「小農と農村で働く人びとの権利に関する国連宣言(国連小農宣言)」です。国境を超える小農運動がこれを実現しました。これにはモザンビークの小農運動(UNAC)も寄与しています。そのUNACに所属する小農が、今回も来日しています。
■国連小農宣言→

私がモタモタしているうちに、来日イベントの半分(TICADサイドイベント)が終ってしまいました…。すみません。8月31日は京都のキャンパスプラザで13-30-イベント、最後のイベントが9月4日15:30-@参議院議員会館にて開催されます!これについては、別の投稿で紹介します。

以下は、すでに番組や記事になっているものです。特に明日の番組は明日だけの放映ですので、ぜひぜひご覧下さい!


(以下、転載・転送歓迎!)
■□■□■□■□■□■□
TICAD(アフリカ開発会議)を受けたモザンビーク小農運動リーダー
コスタさん、元ビアカンペシーナのボアさんのイベント登壇・TV番組
・記事・ネット番組の一括紹介


*最後のイベント(9月4日15:30-)の申込み受付中!
国連「小農権利宣言」「家族農業の10年」を受けて考える
日本の開発援助とアフリカ小農:
https://www.ngo-jvc.net/jp/event/event2019/09/20190904-peasant.html

■□■□■□■□■□■□


【NHKワールド(8月31日)】
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/globalagenda/20190831/2047047/
Unleashing Africa's Potential
August 31, 2019
10:10 - 11:00 / 16:10 - 17:00 / 22:10 - 23:00 / 4:10 - 5:00
プロサバンナにノー!キャンペーン」の代表として来日したボアヴェントゥーラ・モンジャーネさん(元モザンビーク農民連合・ビアカンペシーナ)がシエラレオネなどと議論。
【新聞記事】
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー日本の農業支援、弊害も=モザンビーク農民が訴えーTICAD8/30(金) 6:22配信https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000006-jij-int ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーカメルーン農民、大企業の農地収奪批判=まず人権尊重を8/29(木) 13:34配信https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00000059-jij-intーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー日本の農業支援、弊害も=モザンビーク農民が訴え-TICAD2019年08月30日06時20分https://www.jiji.com/jc/article?k=2019083000223&g=intーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【インターネット録画配信】20190829UPLAN【TICADサイドイベント】(SDGsとアフリカ開発?ー私たちの暮らしから考える〜)https://www.youtube.com/watch?v=7tJ8NAFvKKY【インターネット中継予定】8/31(土)13:30-16:30京都でのイベント「今、アフリカで起きていること〜私たちの食や暮らし、税金から考える」https://www.ngo-jvc.net/jp/event/event2019/08/20190831-africa-kyoto.html中継チャンネルhttps://iwj.co.jp/channels/main/*現在、チャンネルを確認中です。<本件についてのお問い合わせ先>モザンビーク開発を考える市民の会 事務局http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/office<@>mozambiquekaihatsu.net

a0133563_18101448.jpg


by africa_class | 2019-08-30 18:11 | 【考】土地争奪・プロサバンナ/マトピバ