人気ブログランキング |
ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

タグ:南アフリカ ( 5 ) タグの人気記事

ロンドン劇評家年間最優秀戯曲の南アフリカ劇『シズウェは死んだ!?』がやってくる(5月10日~31日)

日本の南アフリカ関係者から続々と推薦の声が届いている南アフリカ
の劇を紹介します。『シズウェは死んだ!?』です。
もうすぐ始まります~。ぜひ、お誘いあわせの上観に行ってください!
*チケット購入方法と場所の情報追加しました。

■南アフリカ政治の研究者・牧野久美子さんからの推薦メッセージ。
「私は数年前に、このお芝居をジョハネスバーグで観ました。
アパルトヘイト時代のパス法がお芝居の重要な背景。人種差別の
不条理を描きながらも、そのもとで生きるアフリカ人のたくましさ、人間
性を、暗くなりすぎず、というかむしろ笑いにあふれる形で、描いている
秀作です」

制作者の渡辺絵美さんから以下、メッセージをいただいています。
■「1974年、ロンドン劇評家の年間最優秀戯曲!」
「アパルトヘイト体制という厳しい状況下でも、人が人として尊厳を持って生きる、名前などに固執するのでなく、女房・子供のために他人に成りかわり生きていくその力強い精神と他者を思いやる気持ち。
 人間の確実に忘れてはならない優しさ・思いやりなど、人としてのあり方の原点が詰まった芝居を小さな空間でお客様に提供したいと思います(制作者:渡辺絵美)。」

■第一回公演『シズウェは死んだ!?』
南アフリカ共和国、ポートエリザベスにあるスタイルズという男の
写真館。そこにはいろいろな人生を背負った貧しい人々が、なけな
しのお金を握ってたった一枚の写真を撮りに来る。そのエピソード
をおもしろおかしく喋っている男のもとに、「女房に送る写真を撮って
ほしい」と大きな男が入ってくる。かなり意味ありげだ。
 シャッターが押された瞬間、大きな男のいじらしい程の過去が舞台
に広がる――。
【タイトル】 『シズウェは死んだ!?』
【作】アソル・フガード/ジョン・カニ/ウィンストン・ヌッショナ
【訳】木村光一
【演出】鵜山仁
【出演】川野太郎・嵐芳三郎
【上演期間】2012年5月10日(木)~5月31日(木) (26ステージ)
【劇場】 赤坂レッドシアター(赤坂見附徒歩2分)
港区赤坂3-10-9赤坂グランベルホテルB2F
http://www.red-theater.net/category/1310121.html
【制作】 地人会新社
【チケット】5000円(全席指定)
■ぷれいす 03-5468-8113 (平日11時-18時)
http://www.place-net.co.jp/sizwe.html
■e+(イープラス) http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002073266P0050001P006001P0030001
■チケットぴあ0570-02-9999(Pコード 417-337)
http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1152666
【後援】南アフリカ大使館
a0133563_19173053.jpg
a0133563_19175384.jpg

by africa_class | 2012-04-29 19:31 | 【紹介】アフリカ・イベント

アフリカン・ゴスペル&ジャズ

少し先ですが、1月30日のゴスペル&ジャズのコンサートを紹介します。
JVC(日本国際ボランティアセンター)の南アのスタッフで私もたいそう
お世話になったドゥドゥさんが歌います。南アのゴスペルのすごさは知る人
ぞ知る。そんな南アのゴスペルコンテストで優勝したグループのメンバー
でもあります。そして、HIV陽性者グループのリーダとして活動している
セリーナさんも一緒に歌われます。
 プロのJAZZピアニストの小川理子さんとのコラボ。ワイン付で3千円。
定員30名ということで、かなり近くでパワフルサウンドが聴けます。年明
け早々の景気づけによいと思います!
a0133563_14233720.jpg

by africa_class | 2010-12-21 14:25 | 【紹介】アフリカ・イベント

本学AA研の6月7日南アジェンダーセミナー

先日も紹介しましたが、日本語の案内が出来たので紹介しておきます。
---------------------------------------
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所では、今年度より
アフリカ研究の分野を研究所の基幹研究として重点的に推進してい
くことになりました。アフリカ文化基礎研究班(永原陽子〈代表〉、深澤
秀夫、河合香吏、椎野若菜、石川博樹)では、研究教育プロジェクト
「アフリカ文化研究に基づく多元的世界像の探求」(ILCAA Africa
Project)を実施いたします
 本プロジェクトでは、長期的視野に立った人類学・歴史学等の基礎
的な文化研究に基づいて、グローバル化が進行するなかでますます
その必要性が高まっている多元的世界像をアフリカの場から探求す
ることを目指し、様々なセミナー、講演会、教育プログラム等を実施し
ていく予定です。
 その第1弾として、来る6月7日(月)に、南アフリカのジェンダー研究者
Shireen Hassim さんをお招きして、「アパルトヘイト後:南アフリカの
公共圏における同意・対立・ジェンダー」と題するセミナーを実施いたしま
す。ふるってご参集ください。詳細は、添付資料をごらんください。

公開セミナー
「アパルトヘイト後:南アフリカの公共圏における同意・対立・ジェンダー」
講演者:Dr. Shireen Hassim (Univ.of the Witswatersrand,
     South Africa)
日時:2010年6月7日(月)18:15~20:15
場所:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階(301)
お問い合わせ:aaa(あっと)aa.tufs.ac.jp
by africa_class | 2010-05-20 14:26 | 【紹介】アフリカ・イベント

南アフリカを知るための60章

いい天気ですね。お蔭で畑仕事が捗りました。今日のミッションは、
コーヒーの袋の下の部分を縫って、土を入れて、ジャガイモの種イ
モを植え付ける!(詳しくは深大寺ブログへ)
http://jindaiji1.exblog.jp/

お伝えするのを忘れていましたが、先月明石書店から『南アフリカ
を知るための60章』が発売されました。その中の6部57章を担当
したので、お知らせしておきます。峯さんの「はじめに」もとっても
面白いです。詳しい目次は、Moreをクリックのこと。今、同じシリー
ズから『モザンビークを知るための○○章』を監修中・・・。忙しすぎて
手が回っていませんが・・・がんばります!!
===================================
峯陽一(編)『南アフリカを知るための60章』 明石書店
===================================
6 日本と南アフリカ、アフリカのなかの南アフリカ
第52章 21世紀の草の根交流――長野での「実験」【城島徹】
第53章  日本の反アパルトヘイト運動の歴史―JAACの運動を
中心に【楠原彰】
【コラム11】反アパルトヘイト運動を支えた出版人【城島徹】
第54章  マンデラ歓迎西日本集会に2万8000人――関西の反
アパ市民運動が原動力で開催【下垣桂二】
【コラム12】アパルトヘイト否!国際美術展【前田礼】
第55章 「名誉白人」とよばれた人びと―日本人コミュニティの歴
      史【山本めゆ】
第56章 移民―南アフリカと南部アフリカ・世界を結ぶ人の流れ
      【峯陽一】
第57章  モザンビークから見た南アフリカ―関係の歴史
      【舩田クラーセンさやか】
第58章  ジンバブエから見た南アフリカ―大規模農業とガーデニ
      ング【壽賀一仁】
第59章 「サウス・アフリカ」へ続く道―ボツワナのブッシュマンと南
       アフリカ【丸山淳子】
第60章 「虹の国」とゼノフォビア―アフリカ人としてのアイデンティ
       ティ【佐藤誠】

More
by africa_class | 2010-05-13 12:54 | 【記録】原稿・論文

W杯記念 南アフリカとフットサル!

以下の通り、学生たちの企画が届いています。是非、チームを作って
参加してみてください。また、一人でも二人でも参加可能らしいです。
★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  W杯記念 南アフリカ交流イベント Siyadlala! South Africa
        『南アフリカとフットサル!!in Tokyo』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆
2010年南アフリカでサッカーワールドカップが開催されます!
初めてのアフリカ大陸での開催。
世界から今注目されている南アフリカ。
勝敗を競うだけでない、他とは一味違うフットサル大会を開催します!
 フットサルを通して、南ア人をはじめとする様々な国籍の人々と触れ
合いませんか?南アフリカに少しでも興味がある人、国際交流に関
心がある人、いろんな人と関わりたい人、とにかく楽しいことがしたい
人、もちろんフットサルが好きな人も…
 南アフリカワールドカップを前に、プチ・ワールドカップを行いましょう!
また、参加したいけど、5人集まらない…
そんな方々も大歓迎!1人から参加可能です。
料金等は下記の大会概要をご覧ください。
※個人・4人以下のグループで応募の方は、他の参加者の方と混合
チームとなります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
W杯記念 南アフリカ交流イベントSiyadlala! South Africa とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イベントは東京・名古屋・大阪の三都市で開催する予定で、より多く
の人に参加してもらうことを目指しています。
詳しくは、Siyadlala! HP http://siyadlala.jimdo.com/
━━━━━━━━━━━━━
Viva! South Africa Team とは
━━━━━━━━━━━━━
当団体は、南アフリカで開催されるワールドカップを機に、日本人に
南アフリカに関心をもってもらうためのイベントを行うことを目的に発
足した、非営利の市民団体です。アフリカ研究を専門とする大学院
生、大学生、一般企業社員、ラジオDJ等のメンバーで構成されてい
ます。
━━━━━━━━━━
フットサル大会概要
━━━━━━━━━━
・ 日時:2010年5月30日(日)13:00~17:00
  【受付:12:45~】
・ 場所:フットサルクラブ東京 豊洲テントドーム
  施設URL:http://www.futsal-tokyo.co.jp/
・ 対象者:フットサルの試合を楽しむことのできる方(フットサルのレ
  ベルは問いません) 
  日本人、在日外国人、在日南ア・アフリカ人フットサルが好きな人、
  アフリカが好きな人、フットサルしたことない人、いろんな国の人と
  触れ合ってみたい人・・・(性別・年齢・国籍等は問いません!)
・ 参加費:チーム参加、または個人グループ(1~4人単位)の応募
  の2種類があります。

More
by africa_class | 2010-05-01 12:30 | 【紹介】アフリカ・イベント