人気ブログランキング |
ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

タグ:農村開発 ( 1 ) タグの人気記事

もう終った講演会ですが記録のためにアップさせて下さい(SDGs時代における食と農の最前線ー環境・開発・人々の権利)

自分がどこで何を話したかリストにしないといけないのですが、その余裕がないので、本来事前に告知をかねてこのブログで紹介するはずだったんですが、なかなかそれも叶わない1年間だったので、過去の講演やパネルなどもここにアップさせて下さいませ。

つまり、以下のイベントはもう終りましたので、よろしくお願いします!

このイベントは、私を含むICAS日本語シリーズ監修チームで明石書店から出版しているシリーズ『グローバル時代の食と農』https://www.akashi.co.jp/author/a182359.html の第一巻『持続可能な暮らしと農村開発〜アプローチの展開と新たな挑戦』(西川芳昭監訳、西川早百合訳)の著者であるイアン・スクーンズを招いて行われたものです。

本の表紙は末尾に紹介しておきます。
https://www.akashi.co.jp/book/b420384.html
とくに、Livelihoods(ライブリフッド)アプローチに関するものでした。

イアンは、英国サセックス大学の国際開発研究所(IDS)、STEPセンターの所長を務めており、最近Ester Boserup開発調査賞を受賞しました。詳細は以下の記事をご覧下さい。

STEPS co-director Ian Scoones awarded Ester Boserup prize for research on development

https://steps-centre.org/news/steps-co-director-ian-scoones-awarded-ester-boserup-prize-for-research-on-development/


******
以下、アジア経済研究所のサイトからの転載
https://www.ide.go.jp/Japanese/Event/Seminar/181126.html

特別講演会

「SDGs時代における食と農の最前線――環境・開発・人々の権利――」

募集は締め切りました


21世紀に入り、人口増加・「途上国」の爆発的消費・気候変動による異常気象などによって「資源の枯渇」への危機感が高まり、これをめぐる国家間・多国籍企業間の競争も激しくなりつつあります。このなかで「食料」もまた「資源」として位置づけられ、「食と農」の分野への投資も増加しています。この流れは、2007年から2008年にかけての国際穀物価格の急騰を生み出す一因ともなりましたが、先進国・新興国を中心に自国優先主義的な資源確保戦略、自国企業の生き残り戦略としての海外進出支援の流れは強まっています。


他方世界各地(とくに「途上国」の周辺地域)で、多国籍企業のサプライチェーン上の環境破壊・人権侵害、「農地収奪/ランドグラブ」とも呼ばれる現象に対する批判の眼も厳しくなっており、「開発と環境」「ビジネスと人権」などをテーマに様々なステークホルダー(先住民族や小規模農民を含む)が見解を表明し、国連、国際機関、市民団体を巻き込んだグローバルなガバナンスの在り方を模索しています。


我が国においても『食と農』をめぐる安全保障の議論は高まっていますが、本邦企業の海外展開、海外農業投資にあたっては、上記のような世界の趨勢を的確に把握しておくことが不可欠であり、こうした認識を欠いた進出は食料安全保障の効果を達成できないばかりではなく、環境並びに社会の持続可能性を損ない、結果としてSDGs達成に向けた我が国の貢献を阻害する可能性もあります。そこで、食と農の動向に関する世界的な第一人者を招聘し、その見解を学ぶ機会とします。

皆様のご参加をお待ちしています。


開催日時

2018年11月26日(月曜)13時30分~17時00分(開場:13時00分)

会場

ジェトロ本部5階展示場
(東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル5階)
最寄り駅:東京メトロ 南北線六本木一丁目駅・銀座線溜池山王駅・日比谷線神谷町駅

プログラム

13:30~13:35 開会挨拶
平野 克己(ジェトロ・アジア経済研究所理事)

基調講演

13:35~14:35

1.「持続可能性と開発の政治学~グローバルな時代の食と農の未来を見据えて」

イアン・スクーンズ 氏 (サセックス大学 国際開発学研究所)

14:35~15:00 2.「事業マネジメントおよびサプライチェーンマネジメントにおける品質評価:環境品質と倫理品質」
池上 甲一 氏(近畿大学名誉教授)

ディスカッサント

15:00~15:15

荒神 衣美(ジェトロ・アジア経済研究所地域研究センター東南アジアⅡ研究グループ)

15:15~15:30

児玉 由佳(ジェトロ・アジア経済研究所新領域研究センタージェンダー・社会開発研究グループ)

15:30~15:45

休憩

話題提供

15:45~16:00

「JICAの農業開発アプローチ(SHEP)」
伊藤 圭介 氏(JICA農村開発部農業・農村開発第二グループ課長)

パネルディスカッション

16:00~17:00 モデレーター

佐藤 寛(ジェトロ・アジア経済研究所新領域研究センター上席主任調査研究員)


パネリスト

イアン・スクーンズ 氏
池上 甲一 氏
舩田 クラーセン さやか 氏(明治学院大学 国際平和研究所研究員)
伊藤 圭介 氏
児玉 由佳

使用言語

日本語、英語(日英同時通訳あり)

主催

ジェトロ・アジア経済研究所

定員

200名(締め切り日を過ぎたため、お申し込みを締め切りました)



a0133563_15222333.jpeg

by africa_class | 2019-05-12 15:31 | 【記録】講演・研究会・原稿