ブログトップ

Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

afriqclass.exblog.jp

タグ:阪口直人議員 ( 1 ) タグの人気記事

Twitterから一巡、8年ぶり再会へ

ときどき、むかし~の友人や知人が世界のどこかからスカイプや
メールをくれることがあった。どうやって探すのかはわからないも
のの・・・。人違いというのもあるけど。
 スカイプ・・・知ってるよね?Skypeです。NGO時代は、もっぱ
らこれで会議・研究会やってました。日本国内在住者同士でも。
理事が世界と日本各地に散らばってたんで。我々の会議といえば
、ほぼすべてがスカイプで参加可能な会議だったんです。しかも
タダ!映像も見れるし、資料もリアルタイムで送れるし。また、本
職のある私は事務局のみなさんとの意思疎通やミーティングのた
め、定期的にスカイプ会議を行ってました。スカイプなしには、活
動できなかったと確信してます。あるいは、電話代がすごかった
ろうなあ・・・しかも同時に何人も聞いたり話したりできないし。
http://www.skype.com <=無料ですが、固定電話にかけ
る場合はおかねがかかります。といっても果てしなく安いけど。
 と、また話が脇道に。それたついでに、NGO時代の通信・発信
の話を。 あとは、大きな会議は、ほとんど必ずインターネットの同
時中継をしてもらってました。事業仕訳でも話題になったアレです
ね、だって、会場に来た人だけが話の内容を知る、意見がいえると
いうのでは、もったいないから。会場に入れるのは30人~200人、
あるいは500人。後の議事録公開とかは早くても数週間後。でも、
インターネット同時中継なら、ネットにさえつなげれば、希望する
人なら世界中どこでも見れる。(言語の問題はあるけど)しかも、
これは大抵無料で可能だった。インターネットTV側もコンテンツ
(中身)を探していたので。
 TICAD IV(アフリカ開発会議)をインターネット中継するように
働きかけたのも私たち。外務省から内閣府にかけあって、一部実
現。2年前のことでした!(これ代表の大林先生のアイディア。今
でこそ、事業仕訳で普通になりましたね。)
 さらには、国際会議については、ほぼすべてテレビと新聞の取材
に入ってもらいました。というのも、インターネット経由となると、一
般の人たちに届かないため。そして、何より政府への圧力のため。
テレビや新聞が報道すると、政府はなぜか急に動き始めるので。
これを「問題化(issue化)」といいます。
 でも・・・ブログ、ツイッターなるものには、なかなか進めなかった。
時間なかったし。ブログはさておき、ツイッター本当にやる気なかっ
たし、今もあまりない。だって、国会議員や著名人ならまだしも、私
の一挙一動なんて、知りたくないでしょうに。私も他の人の動き、フ
ォローしきれないし。携帯メール打てないし・・・。そうなんです。数
文字しか・・・。
 という基本は変わっていないものの、さぼりにさぼっているツイッタ
ーのメールボックスにメール発見。というか、そういう仕組みがある
ことすら知らなかった・・・。どうせイタズラメールだろうと思っていた
ら、国連時代(@モザンビーク)の同僚で、今は国会議員となってい
る古い友人(実に17年!)からのメールだった。

More
[PR]
by africa_class | 2010-05-27 23:43 | 【徒然】毎日がアフリカ